2012年12月01日

伊能忠敬はスーパー隠居である

伊能忠敬はスーパー隠居である。

お年寄りの大好きな「水戸黄門」さまよりも、すごい人物である。

家業の造り酒屋を成功させ、その蓄えたお金で自分の好きな天文学

に打ち込むのである。

そして、ひょんなきっかけで56歳という年齢で日本全国を17年間も

歩いて回り精密な日本地図を完成させた偉大な日本人である。

世の中、不景気だの高齢化だのと騒いでいるが、

56歳のスーパー隠居と呼ぶのにぴったりの伊能忠敬を

少しでもいいから見習ってほしいものだ。

特にお金持ちの鳩山由紀夫さんや日本の政治家にである。

そして「水戸黄門」さまのテレビの前に座っているお年寄りの

皆さんや若者も伊能忠敬に負けないようなパワーをもっていただきたい。






posted by toshi at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

山中伸弥教授ノーベル賞授賞おめでとう!

京大の山中教授がノーベル医学・生理学賞を授賞したという

速報が入りました。

昨年は日本人の授賞者が出なかったので今年のノーベル賞は

心より期待していたので本当に喜ばしい限りです。

今の日本は政治や外交、経済面などで閉塞感が漂っています。

そのようなときに、山中教授のノーベル医学・生理学賞授賞の

ニュースは私たち日本人を心から元気にさせてくれるカンフル剤

となることでしょう。

本当におめでとうございます!



posted by toshi at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

明確な目的もなく造られた美術館が危ない

日本国に公立の美術館はいくつあるのかご存知ですか。

日経ビジネス5・21の「旗手たちのアリア」の記事のなかで、

その数は約250館もあるそうです。

県単位ですと一県あたり5〜6館になります。

その多くがバブル期に何の明確な目的もなく造られた箱モノ

だったのであいた口がふさがらない。

その結果、1日に20〜30人しか入らない美術館がざらにあって、

赤字を垂れ流しているというからやっかいである。

そして、黒字経営の美術館は全体の1%にも満たないという

から深刻である。

このように、多くの放漫な箱モノ行政でつくられた美術館に

厳しい目が向けられているというから遅きに失したと

という感じがしてならない。

こうした実態がいくつも積み重なって

日本国の財政赤字が莫大なものになってしまった

一因であることを知っていただきたい。

posted by toshi at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。