2013年01月14日

「武士の家計簿」も大変だったのだろう

テレビ放映でダビングしていた映画、「武士の家計簿」を鑑賞した。

この映画は会計係として加賀藩に仕えた下級武士の猪山直之によって

残された日記、手紙、家計簿をもとに再構成された武家家族の物語である。

江戸時代の武士においては、読み書きそろばんは必須である

ことは紛れもない事実である。

しかし、映画でそろばんをはじくシーンが何度も出てくるが、

そろばんをはじくスピードはあんなものなのかと思ってしまった。

そろばんが他者よりずば抜けて速く、正確で収支計算が完璧であった

からこそ出世できたのだろうと推測します。

いずれにしても、下級武士であるがゆえに婚葬祭などの費用の捻出に

苦労していたが、これは現代のサラリーマン生活と合い通じるものがあり

同感せざるを得ません。

そして、一時の恥や困窮などで見栄を張るな、人のうわさも七十五日。

質素倹約は決して恥ではないことを「武士の家計簿」で再認識いたしました。





posted by toshi at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.title %>
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。