2010年07月18日

龍馬は無一文から商売を始める

坂本龍馬という人間は、

ご存知のようにリーダーシップと行動力があり、

さらに機転の優れた男であったようである。

龍馬は勝海舟が創設した海軍操練所が閉鎖された

にもかかわらず、長崎まで足を運んで商売を始める。

それも無一文からである。

よく聞く言葉で、「金がないから何もできない」という人

がおられます。

しかし、阪急グループの創始者小林一三(こばやしいちぞう)は、

「金がないから何もできないという人間は、

金があっても何もできない人間である」と言い放っています。

まさに、その通りであると感嘆するばかりです。

人間は足りるよりも、足りないときのほうが、

創意工夫をするものです。

「お金がない、時間がないからできない」と言ってしまったら、

そこから先へは何事においても進めません。



posted by toshi at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。