2009年01月28日

豪華客船で恋の駆け引きが始まる

豪華客船というと、映画で有名な「タイタニック」か

「クィーンエリザベスU世」を連想しますよね。

私を含め、ほとんどの人は豪華客船に乗ったことがありません。

イメージとしては、ハッピーリタイアをした

老夫婦がのんびりと、世界一周の旅を楽しんでいる

という感じがします。

ところが、現実はまったく違うらしい。

乗客のほとんどが、シングル(独身)であるという。

外国の場合、50歳でハッピーリタイアする人が多く、

アンチエイジングにお金をかけ、一歩間違うと30代後半で

通るような、きれいな50代の女性と、

お金持ちの男性が乗っているのである。

夫婦で乗っているのは、東洋人が多く、

西洋人は、死別や離婚の人もいるが

ほとんどがシングルで、この豪華客船で恋の駆け引きが

始まるのです。

しかも、女性10に対して男性1で、圧倒的に男性が少なく、

女性がいかに、1人の男性をアタックするかという戦いに

なるそうです。

このように、豪華客船は老夫婦という枯れた世界では

ありません。

手を変え、品を変え、いかに口説き落とし、口説き落とされるか

という、男と女のドラマが船のなかで展開しているのです。

何せ映画の「タイタニック」よりも、激しい世界なのです。

富裕層はアグレッシブで、実態は決して枯れてなく、

現実で生々しく、ある意味において若々しいのです。

また、自分が若く美しくなるためには、

いくらでもお金を使う人たちなのです。


posted by toshi at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。