2009年01月27日

お金が貯まる人の財布の共通点

大富豪の財布に共通する特徴は、

硬い材質の長財布が圧倒的に多いという。

そして、必ずお札を金額順に並べている。

カード類は、使用頻度順に並んでいる。

お札とレシートを分けており、

しかもレシートが溜まっていない。

現金は、管理できる範囲の金額(数万円)しか

入れていないのです。

反対に、お金が貯まらない人の財布は、

まず、型くずれが激しい。

これは、扱いが粗雑だけでなく、

もともとの材質が柔らかいことが原因である。

そういう財布を選んでしまった時点で、

すでに、持ち主にはお金を慈しむ気持ちが希薄だという。

さらに、お札とレシートを混在させている。

しかも、大量のレシートが財布をこんもりと

膨張させている。

財布からレシートを定期的に取り出さない

ということは、持ち主が支出を記録していない

ことを意味する。

こういう財布を持っている人は、

家計簿を絶対につけたりはしないらしい。

同時に、レシートにお札が紛れている状態では、

現在、財布にいくらお金が入っているかを把握

することも不可能であり、万事、アバウトなのである。

こういう財布の持ち主は、お金を愛しておらず、

お金の管理もまったくできないという。

これでお金が貯まったら、奇跡である。

あなたの財布は、どういう状態ですか。

お金は、愛情を注いでくれるところに集まる。

そして財布とは、

お金への愛情を測るバロメータなのである。


posted by toshi at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。