2011年05月31日

スッキリ楽しむ人生の整理術

部屋が散らかっている方、

障子やふすまが敗れっぱなしになっている方はいませんか?

そのような生活の乱れは心の乱れ。

物を整理し、心を整理することで、

仕事や勉強に向かう意欲も

スッキリ見通しがよくなり、

晴れやかに1日を過ごすことができますよ。

明日から6月です。

じめじめした梅雨に入っているところや

これから梅雨に入るところもあるだろう。

しかし、気持ちは前向きに明るく上を向いて歩きましょう!



posted by toshi at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

ゲームセンターの景品も様変わりしている

ゲームセンターで人気なのがクレーンゲームである。

クレーンゲームの景品といえばぬいぐるみが定番である。

しかし、最近はユニークな景品が登場し話題を呼んでいる。

そのユニークな景品とは、携帯音楽プレイヤーやスマートフォン

の周辺機器をはじめ、USBポートに接続して使用する

「おにぎり温め機」などのミニ家電、鍋や加湿器、マッサージグッズ

などとバラエティに富んでいる。

今、アミューズメント各社が顧客層の拡大を狙い、

ゲームセンターならではの独自の製品、コンテンツの充実に

力を入れているという。

何事においても、マンネリ化というものを常に打破していかなければ

存続は難しい時代である。

posted by toshi at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

100円商店街が全国に広がる

今、町の商店街のあちこちにシャッターが降りている。

それを賑わっていたころの商店街に取り戻そうという狙いから

「100円商店街」を立ち上げている。

商店街の各店が単価100円のさまざまな商品を用意し、

日時を決めて販売するというもの。

それは2004年に山形県新庄市で始まったが

今では全国62の市町村に拡大しているという。

例えば「キャベツ1玉」や「鶏肉100グラム」などの

食料品を100円で販売する。

食料品以外では「マッサージ」「くじ引き」などのサービス、

「メガネレンズ1枚」100円などユニークな商品も並び、

集客に役立っているようです。

posted by toshi at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

お坊さんが運転をしながらタバコを吸っている

お坊さんが運転をしながらタバコを吸っている光景を見た。

お坊さんも人間だからタバコを吸っても構わないと思う。

しかし、マナーの面から見るとあまり格好がよいと言えない。

お坊さんというからには、お経のみならずいろいろな修行を通して

道徳や倫理というものを一般人よりも身につけているものと思っている。

すなわち、教養があって崇高な人物像を一般人がイメージしている。

大体、現代のお坊さんは社会においてどういう存在なのだろう

と考える。

世間ではお坊さんは葬式でお経を唱えるためにだけ必要とされる

と言われて久しい。

それではあまりにも虚しいばかりである。

先ずは、お坊さんたる人は常日頃から立ち居振る舞いというものを

もう少し気にかけてほしいと願うは私だけだろうか。

人間は小さな心配りや配慮の積み重ねにより、

やがて尊敬の念を抱かせることに繋がるのである。

posted by toshi at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

端午の節句は男の子を祝う日ですよ!

55.jpg

今日、5月5日は端午の節句(子どもの日)である。

端午の節句は、鯉のぼりを立てて男の子の成長や

立身出世を願ってお祝いをする日である。

また、厄を祓う菖蒲やよもぎを軒につるしたり、

菖蒲湯に入ることで無病息災を願うため、

「菖蒲の節句」とも言われています。

ではなぜ、5月5日なのか?

奈良時代の頃は月の端(はじめ)の午(うま)の日

という意味で、5月に限ったものではありませんでした。

たまたま端午の「午」と五月の「五」の音が同じことから、

毎月5日を指すようになり、

やがて5月5日が端午の節句になってしまったようです。

江戸以降は男子の節句とされ、身を守る「鎧」や「兜」が

飾られるようになったのです。

また、3月3日の女の子の節句を「桃の節句」といい、

男女ともに、生まれて初めての節句を迎えることを、

「初節句」といいます。

posted by toshi at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。