2011年04月19日

吉田松陰の座右の銘は「知行合一」?

吉田松陰の座右の銘なのかどうかは分からないが、

松下村塾に「知行合一」という掛け軸があります。

知行合一(ちこうごういつ)は、

中国明代の儒学者王陽明が起こした学問で、

陽明学とも呼ばれています。

王陽明は、「知って行わないのは、未(いま)だ知らないことと同じ

である」と主張し実践重視の教えを確立した人物である。

上記の教えをもっと分かりやすく説明すると、

知識をつけることは行動することの始まりであり、

行動することはつけた知識を完成させることである。

行わなければ知っているとは言えない。

知っていても行わないのは、まだ知らないのと同じである。

知って行ってこそ、本当の英知、真知(しんち)である。

といった内容である。

(株)パソナグループ代表の南部靖之(なんぶ・やすゆき)さんが

「知行合一」を自分なりに解釈した言葉が、

「迷ったらやる」ということだった。

南部靖之さんは起業を考えていた時に、

父親の勧めで山口県萩市にある松下村塾を訪れて、

初めて「知行合一」という言葉に出会って衝撃をうけたという。

それまでは遊び好きだった青年が、「知行合一」という言葉を知って

心を入れ替えて会社を作る決心をしたそうです。

あなたも生きていくうえでいろいろな迷いや

心に決めかねているものがあれば、

一度「松下村塾」に訪れてみてはどうですか。
引用 asahi.com 2011/04/03「仕事力」より


posted by toshi at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

「雨ニモマケズ風ニモマケズ」にがんばれ日本!

今日、ある病院の談話室の壁に宮沢賢治の詩

「雨ニモマケズ」を大きな掲示板に貼って、

「がんばれ日本!」と記してあった。

あなたもご存知だと思いますが、宮沢賢治は東北

岩手県出身の詩人・童話作家である。

3.11の東日本大震災よって甚大なる被害が出て、

東北の方たちは悲しみに打ちひしがれている。

しかし、いつまでも悲しんでいては前には進みません。

そうした時に、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を読んで

すこしでも元気を出してがんばろうというメッセージ

を贈っているものと考えます。


 雨ニモマケズ   風ニモマケズ

 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ  丈夫ナカラダヲモチ

 慾ハナク  決シテ瞋ラズ(いからず)

 イツモシヅカニワラッテヰル  一日ニ玄米四合ト

 味噌ト少シノ野菜ヲタベ  アラユルコトヲ

 ジブンヲカンジョウニ入レズニ  ヨクミキキシワカリ

 ソシテワスレズ  野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

 小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ  東ニ病気ノコドモアレバ

 行ッテ看病シテヤリ  西ニツカレタ母アレバ

 行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ  南ニ死ニサウナ人アレバ

 行ッテコハガラナクテモイヽト  北ニケンクヮヤソショウガアレバ

 ツマラナイカラヤメロトイヒ  ヒドリノトキハナミダヲナガシ

 サムサノナツハオロオロアルキ  ミンナニデクノボートヨバレ

 ホメラレモセズ  クニモサレズ

 サウイフモノニ  ワタシハナリタイ
posted by toshi at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

政党政治を真剣に見直すべきである

今日は都知事選をはじめとする統一地方選挙の結果が発表された。

その結果、都知事選は石原さんの4選となった。

今回の選挙は東京都知事選のみならず地方においても

民主党は選挙に独自候補を立てなかったところが多い。

というよりも立てられなかったというのが本音であろう。

もっとも、民主党をはじめ野党の自民党にしても相乗り選挙が多く、

いったい政党政治というものを今の政治家はどのように

考えているのだろうか。

まったく不可解でならない。

なにしろ、国民の血税である政党助成金だけでも

年間に300億円強も使っている。

法案も衆議院で可決されても、参議院で否決される。

現代はIT革命やグローバル経済のもとで市民の価値観は多様化し、

産業、経済、さらには教育までもがスピードある変革を強く

求められている時代である。

もはや政治家の方たちは、この際に政党政治を真剣に見直す

べきであると切に願っている次第です。

ラベル:政治家 政党政治
posted by toshi at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

ソフトバンクの孫社長が個人で100億円の寄付

桜がようやく咲きほころびてきた。

しかし、東日本大震災に見舞われた被災者にとっては

春遠しといった思いにちがいない。

今日、ラジオのニュースでソフトバンクの孫正義社長が

個人で100億円の寄付をすると聞いた。

はじめは聞き間違いかなと思ったが本当だったので

驚いた。

また、2011年度から社長を引退するまでの役員報酬

(09年度実績1億800万円)も全額寄付するというから

すごい。

その寄付に関連するニュースで、

香港の映画俳優ジャッキーチェンも全財産(約260億円)を

東日本大震災などに寄付するらしい。

それも長男で俳優のジェイシー・チャン(28)には

遺産を残さないということだから偉い。

いわゆる、「子孫に美田を残さない」ということ

なのだろう。


posted by toshi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。