2011年01月31日

青春はうるわし されど去りゆく

今日で1月が終わり、明日から2月です。

あたりまえとはいえ、過ぎ去った日を

つい振り返ってしまう。

そして漠然と月日を過ごしているという

ことも自戒して生きている。

「青春はうるわし されど去りゆく

楽しみてあれ  明日は定めなきゆえ」

イタリア・フィレンツェのルネッサンス期における

メディチ家最盛時の当主ロレンツォ・デ・メディチの

詩をあなたに贈りましょう!

 Lorenzo.jpg



posted by toshi at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

ドケチ経営の未来工業は全員正社員である

1月20(木)のカンブリヤ宮殿のゲストは

電設資材メーカー「未来工業」の創業者

山田昭男(やまだ・あきお)氏であった。

1931年中国・上海生まれで学歴は旧制中学卒業である。

この未来工業の山田昭雄氏は、

ドケチ経営で名を馳せているものの、

創業以来赤字を出したことがない

というからすごい。

年間休日は140日で日本一、ノルマなし、

会議なし、残業もタイムカードもなしという

ないないずくしであるからおどろきだ。

社員の平均年収は岐阜県の片田舎という中で

600万円位であるらしい。

この年収は地元岐阜県庁と同等の水準である。

そして、派遣社員もパートもおらず全員が正社員である

ところがすばらしい。

詳しくはカンブリヤ宮殿のホームページで
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20110120.html

  

posted by toshi at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

適切な努力なくして結果はでない

適切な努力なくして結果はでない。

それは至極当たり前のことである。

しかし、努力は継続しなければならず、

多くの人は途中で挫折してしまう。

そこで適切な努力とはどういうことなのか。

適切な努力とは、やはり自分が好きなことを

徹底してやることだと思う。

先ず、自分の好きなことをノートに書き出してみる。

その中から、自分にとっての強みや有用と思われる

ものを一つだけ選択し実行してみる。

自分の好きなことであれば、途中で挫折するということは

確率的に少なく続けられると考えます。

しかし、これも絶対的ではなく

あくまでも一つの考え方であります。
posted by toshi at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

恋愛とは寝ていた神経が起き上がる感じ?

誰でも一度や二度、恋愛をした経験はあるでしょう。

恋愛とは、

今まで寝ていた神経が起き上がる感じ。

それが、恋愛をしたときの実感ではないでしょうか。

と述べているのは吉本隆明氏である。

恋愛の感覚は、他のことでは代えられない。

恋愛なんか、してもしなくてもいいという考え方もある。

しかし、恋愛の感覚というものは大事であり、

これがある限り、恋愛は人生に不可欠なもの

と言えるのだろう。

ところで、あなたが恋愛をしたときの実感は

どういう感じでしたか。


posted by toshi at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

自分のやっている仕事に自信をもてない人が多い

自分のやっている仕事が自分に合っているかどうか

自信を持てない人が多いのではないでしょうか、

と作家の吉本隆明氏が語っている。

たとえば、作家に向いているのに編集者になりたいとか、

逆に、編集者に向いているのに作家になりたいという人がいる。

このように自分がなりたい仕事と、他人から見た向き不向きが

違うことがよくあるという。

そういうときには両方やって、両方の修錬をすればよい。

そうすれば、どちらになるにしろ必ず役に立つはずですと

投げかけている。

これは、とても考えさせられる一文である。

posted by toshi at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

偉人や天才の共通法則は圧倒的な努力である

エジソンやキュリー夫人、アインシュタインといった偉人や天才の

共通法則は、みんな圧倒的な努力をしていたという事実である。

例えば、エジソンが電球の材質について、何百種類もの

素材を試して、やっとのことで見つけたのが竹であったという

有名な話がある。

将棋の天才、羽生善治棋士がいまもって第一線で活躍

し続けられるのも、勉強時間がほかの棋士よりも圧倒的に

長いそうだ。

それに比べB級C級の棋士は、ギャンブルや遊びに忙しく

勉強量が極端に少ないと言われ強くなるはずもない。

posted by toshi at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

自分のレベルを上げるには読書が一番

勉強というと誰しもが抵抗感を持ってしまう。

しかし、昨日よりも自分のレベルを少しでも上げようと

とすれば、やはり勉強は必要不可欠である。

勉強といっても、もっとも身近なものは読書である。

やはりインプットの量が少ないと自分のレベルがなかなか

上がっていきません。

つまり、インプットをしていないと自分の発する

アウトプットも少ないといえます。

そのためには読書による勉強が一番手っとり早い。

また、本を読む習慣のない人は、毎月1冊でも

少しずつ読む習慣を身につけることをおすすめします。

posted by toshi at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

御神酒(おみき)には3つの「き」がある

御神酒(おみき)には3つの「き」がある

と言われます。

その3つの「き」とは、

うれしき、

たのしき、

ありがたき、


という「き」である。

うれしいときは、うれしい。

たのしいときは、たのしい。

ありがたきは、ありがとうと感謝の意を表す。

これすなわち、素直に徹するということである。

しかし、これがなかなかできそうで

できないのである。

あなたは何事においても素直に徹していますか。

posted by toshi at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

まるいお月さんは出てこなかった

今日20日は大寒であると同時に満月である。

残念ながら月あかりは雲間からもれているものの、

まるいお月さんは出てこなかった。

それにしても、今年の冬は寒いですね。

テレビで北陸や東北、山陰地方の雪おろしや

雪かきの模様を見ていると危険で大変な作業である。

特に雪の多い地域は高齢化がすすんでいる状況で

あるからなおさら深刻である。
posted by toshi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

自分の能力は外部環境で8割決まる

能力を発揮できるかどうかは、

外部環境で8割決まってしまうらしい。

それは、どんな仕事をしているか、

どのような上司と一緒にいるか、

どんな組織に勤めているかなどで

自分の能力が決まるという。

一般的に天才は努力至上主義でつくられる

といわれているが、実際は素質や外部環境の影響力が

大きいという。

それは自分の才能を磨く以前に、

外部環境を整えることを最優先しなければ

いけないと勝間和代さんが指摘しています。

posted by toshi at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

斉藤祐樹は人気で押しつぶされるな!

今年のプロ野球は日ハム斉藤祐樹の動向に

一喜一憂である。

今のところ、一軍でプレーできる器(うつわ)なのか

どうかはまったくの未知数である。

夏の甲子園で、ハンカチ王子として騒がれ、

その人気を早大に進学してからも維持してきた

スーパールーキーである。

外見は爽やかな優等生タイプで日本人がもっとも好むタイプである。

しかし、日本人は熱しやすく冷めやすいという性格が強い。

松阪大輔や田中将大のように1年目で活躍できればよいのだが。

もし活躍できなければ、今のフィーバーぶりは一体何だったのだろうか

と揶揄されることまちがいない。

だから、今は斉藤祐樹の活躍を祈るばかりである。
posted by toshi at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

どんな時も微笑みを絶やさずに歩いていこう

  moon.jpg

今、窓を開けて冷たい夜空を見上げた。

雲が流れ、そして明るく輝く月とキラリと光る星がきれいだ。

ラジオから今井美樹の「プライド」が流れてきた。

 私は今 南の一つ星を見上げて誓った

どんな時も 微笑みを絶やさずに 歩いていこう

星に願いを 月に祈りを 捧げるために生きてきた

・・・・・・・

この「プライド」は曲も歌詞もよい歌ですね。

私もあなたも誇りを持って

南の一つ星を見上げて誓ってみよう。

「どんな時も 微笑みを絶やさずに 歩いていこう!」

因みに今月の満月は20日です。

posted by toshi at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

センター試験の行方はどうなるのだろう

昨日も今日も全国的に雪が降り冷えこんだ。

2日目のセンター試験も終わりホットした人や

試験の出来に満足しなかった人もいたでしょう。

ところで、センター試験も変化の兆しがあるようで、

来年のセンター試験から慶大が脱退するようである。

脱退の理由は定かではないが、

センター試験のレベルでは難関大を目指す層において

差がつきにくいとの指摘が出ている。

その影響で他の有力大学にも撤退の動きが波及する

可能性もあるようだ。

今後、センター試験の行方はどうなるのだろう。


posted by toshi at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

子育ては親子の信頼関係が一番である

今日はセンター試験であった。

さぞかし受験生を持つ親御さんは期待と不安で

いっぱいだっただろう。

それにしても子どもを育てるのは大変である。

特に思春期の子育てがむずかしい。

小学生のときとは違い、

接し方にも気を使わなければならない。

でも、日頃から親子の信頼関係がきちんと

できていれば思春期の壁は乗り越えられます。

そのためには、小学生の時にしっかりと

子どもと向き合うことです。

そして、お父さんとお母さんが

いつも「〇〇ちゃんのことが一番好きだよ」

とか「〇〇ちゃんのことが一番大切だよ」

ということを日々伝えてください。

時には抱きしめながら言ってください。

そうすると、中学生の反抗期になっても

むやみに暴力的になったりはしない。

せいぜい口をきかなる程度で済むであろう。

お父さんはパチンコなどのギャンブルに

興じるよりも子どもとしっかり遊んでくださいね!

posted by toshi at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

喫煙者は採用しない企業が増えている

今日、NHKニュースで

喫煙者は採用しない企業が増えている

という報道があっていた。

その理由としては、

業務効率に悪影響を与える。

周囲に迷惑をかける可能性が高い。

タバコで仕事を離れる時間が多い。

IT関連ではコンピュータ機器への悪影響が

あるなどをあげていた。

今後、企業が面接時に喫煙の有無を問いただす

ケースが増えていくことは確実である。

特に接客業や医薬品、精密機器などへ志望している

学生さんは禁煙に努めることをお勧めします。

posted by toshi at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

神頼みだけでは幸運はやってこない

不景気を反映してか、

年明け三が日の社寺はたいへん賑わった

ようです。

私も家の近くの神社と実家にほど近い

神社に参ってきました。

そして先祖のお墓参りにも行きました。

さて、昨今はパワースポットブームだということを

知っていますか。

それを裏付けるかのように、

昨年のお伊勢さん(伊勢神宮)には

年間で過去最高の860万人もの参拝者が訪れた

というからすごいものだ。

ただし、神頼みも決して悪くはないが

自分自身の考え方や行動を変えなければ

幸運はやってきませんよ!

posted by toshi at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

定職に就かなくても何とかなる?

定職に就かなくても何とかなる

と考えている学生がいるようです。

しかし、今の世の中そんなに甘いもの

ではありません。

ある私立大学の正面玄関に

1万円札の札束を模した置物が二つ

置かれている。

正社員 2億9000千万円。

フリーター 9120万円。

札束の置物はそれぞれの生涯賃金を札束のかさ

で比較しており、正社員はフリーターの3倍を

越えている。

なぜそこまでやるかといえば、

学生に札束で現実を直視させるためである。

やはり、フリーターでは未来が厳しく

定職に就かないことには生涯賃金の差があまりにも

大きすぎることをしっかり認識させたいのである。

参考 朝日新聞 2011・1・5
posted by toshi at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

お金を貯めたければ家計簿は必須アイテム

節約をしているのにお金が貯まりません

と言う人は結構多い。

しかし、そういう傾向の人たちは案外と

家計簿をつけていないのである。

それは1ヶ月のお金の流れを把握していないからです。

冒頭の節約をしているという言葉の意味は、

節約をしているつもりであるから

お金が貯まらないのである。

つもりはあくまでも仮定であり何の具体性もありません。

あなたが節約してお金を貯めたいのであれば、

家計簿は必須アイテムと言ってよい。

家計簿を毎月つけているとお金の流れが把握できます。

そして無駄な項目が見えてくるので、それを節約していけば

必ずお金を貯めることができます。

または、給与から一定の金額を天引きしてもらい、

その残りの金額で生活できれば確実に貯めることができます。

先ずは考えるよりも実行してみましょう。

posted by toshi at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

成人式は若者に希望をもたせ励ますためにある

明日が「成人の日」であるが、

前日に成人式を行うところが多い。

今日(こんにち)の成人式の形態は、

戦後、埼玉県北安達郡蕨町(わらびまち=現蕨市)の

青年祭がはじまりと言われている。

当時、敗戦により虚脱の状態にあったことから、

次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますために

企画されたそうです。

その影響を受けた国は、

1948年に1月15日を成人の日として制定した。

成人の日の趣旨は、「おとなになったことを自覚し、

みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」というもの。

2000年からは1月の第2月曜日を成人の日としている。

今回、成人式をお迎えになられた若者のみなさんには、

大人として、あるいは社会人としての自覚と

確固たる信念をもって行動していただきたい。

日本の未来はあなたたちの双肩にかかっているからです。

posted by toshi at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

春の七草粥を食べて健康を維持しょう

あなたは春の七草粥を食べましたか。

大晦日から正月三が日において、

暴飲暴食を続けていたならば、

消化のよいお粥(かゆ)を食べることは

体にとてもやさしくてよいことだ。

何はともあれ、人間は健康が一番である。

特に腹八分を実践しておれば

何の問題もないが、人間どうしても

誘惑に負けてしまい、つい飲み過ぎたり

食べ過ぎたりしてしまうもの。

ですから、一週間に一度くらいは、お粥などの

消化のよい食事をおすすめします!
posted by toshi at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。