2010年12月16日

冬の夜長はこたつやベッドで本を読みましょう!

多くの人が実感していると思うが、

読書はすばらしい。

それは知識が増えたなどという

表面的なものではない。

読書は自分の人生の指針や、行動そのものを

変えてくれたり、人生の転機へのきっかけを

掴んだりすることの要素をたくさん秘めている。

気ぜわしい師走の時であるが、静かな冬の夜長は

温かいこたつやベッドの中で本を読みましょう!

そして、眠くなったときはぐっすり眠りたまえ。

それも一つの読書の効用である。


posted by toshi at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。