2010年12月15日

小沢征爾ニューヨークでブラームスを振る

ニューヨークのカーネギーホールで小沢征爾が本格的に

ブラームスの 交響曲第1番ハ短調のタクトを振った。

それも気心の知れたサイトウ・キネン・オーケストラ

を率いての気迫のこもった指揮であったようだ。

ブラームスの交響曲は1番から4番まであるが、

私はこの1番と4番が好きである。

それにしても、小沢征爾が病気になってからは

急に老いてしまった感がしてならない。

今後はご活躍を祈るとともにくれぐれもご自愛していただきたい。


posted by toshi at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。