2010年12月13日

社内で英語を使うことは必然的である

最近は、武田薬品や楽天、ファーストリテーリングなどの

大手企業が外国人を積極的に採用している。

それによって日本語を母国語としない社員の割合が

増加しているのが実情です。

このようにグローバルな動きが加速している中で

社内で英語を使うことは必然的になりつつある。

たとえば、日本語がわからない外国人社員が1人でも

いるのであれば、グローバルな英語を使って

会話をするのは国際的な常識であると言われる。

また、IT業界でも英語が分からなければ今後、

勝ち残れないとも言われています。



posted by toshi at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。