2010年07月20日

2010年の転職ランキング1位はグーグル

あなたは、グーグルが2010年の転職ランキング1位である

ことを知っていました。

トヨタ自動車は、米国でのリーコール問題が影響し、

2年連続1位の座から3位に順位を下げてしまった。

2位は昨年と同じくソニーで、世界に通用する技術力の高さを

評価されているらしい。

4位・任天堂、5位・パナソニック、6位・資生堂、7位・ANA

8位・オリエンタルランド(東京デイズニーランド)、9位・フジテレビ、

10位・本田の順となっている。

順位の変動は若干あるが、トップ10の顔ぶれは昨年と変わらず、

上位10社中6社がメーカーであることが特筆されます。

学生を対象とした就職人気企業調査では、

不況などの影響でメーカー企業が順位を落としているが、

社会人のメーカー人気は依然衰えていないようです。

やはり、社会人は学生と違って多くの体験があり、

企業本来の持つ力や方向性などをトータルで見て

判断しているためと思われます。

詳しくはこちらでどうぞ!
http://doda.jp/guide/popular/



posted by toshi at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。