2010年07月06日

バングラデシュで起業した山口絵理子さん

23歳で起業した山口絵理子さんを知っていますか。

過去、情熱大陸にも出演された人物です。

私は今日、NHKラジオビタミンという番組の中の

「ときめきインタビュー」で山口絵理子さんという女性起業家を

初めて知る由となりました。

山口絵理子さんは、世界最貧国のバングラデシュでジュートと呼ばれる

麻の一種で高品質なバッグを現地でデザイン、生産している。

現在、日本で直営店5店舗を展開し、年商3億円の(株)マザーハウスの

代表兼デザイナーであります。

ちなみに、株式会社マザーハウスは発展途上国におけるアパレル製品

及び雑貨の企画・生産・品質指導、同商品の先進国における販売

とうたっています。

しかし、それまでの道のりは決して楽なものではなく、

困難きわまりない日々を乗り越えてのものであります。

山口絵理子さんはバングラデシュで泥水を飲んで生活している

人たちなど、人間の底流の生活水準を見てきている。

そのため、たとえ自分の苦労や失敗などは、

あのバングラデシュの人たちに比べれば些細なことであると

考えるがんばりやの女性です。

仕事の関係で番組の冒頭でしか聞けなかったので残念であった。

ラジオビタミン・ホームページ
http://www.nhk.or.jp/vitamin/interview/index.html

このラジオビタミンという番組は結構おもしろくて元気をもらえますよ!

放送が平日の午前中なので、サラリーマンや学生の方は録音して

聴くことお薦めします。

山口絵理子さんに関する記事
http://www.goodfind.jp/2011/obog/keio-mother-house1.html
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)



posted by toshi at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。