2010年07月31日

野菜を売って年商7億円のすごい女性

野菜を売って年商7億円というからすごい!

昨日のTBSテレビ「中居正広の金曜日のスマたちへ」に

出演していた「マツちゃん」こと合瀬マツヨ(61)さん

その人である。

九州で人口が一番少ない佐賀県にある三瀬村で野菜直売所

「マツちゃん」を立ち上げた農家の女性である。

今では、人口7000人余りの三瀬村に年間30万人もの

買い物客が野菜直売所「マツちゃん」へ訪れている。

しかし、最初の1年間はまったく売れずに苦心したそうです。

それは商売にかかわらず、何事においても最初からうまくは

いかないことを物語っている。

やはり成功するには、人の何倍もの試行錯誤や努力を要します。

そして、チャンスを見逃さずにすばやく行動することが一番です。

過疎の村に転機が訪れたのは、1986年7月に三瀬トンネルが開通し、

福岡都市圏との距離がぐっと縮まった。

目の前の国道に車の往来が増えたことに目をつけ、

両親や夫を説き伏せ、野菜の直売所を開いたのだ。

最初は口コミで「新鮮で安い」と評判が広がる。

最初は冷ややかだった周りの農家からも、

「マッちゃん、うちの野菜も置いてくれんね」と、

持ち込む農家が徐々に増えていったのだ。

今では佐賀、福岡県内600戸の農家と契約しているという。

成功の秘訣はお金目線ではなく、常にお客様目線で見ている事が

売り上げ増に繋がっていると専門家は分析している。



posted by toshi at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

グリーンバードという清掃活動

あなたは、「グリーンバード」を知っていますか。

グリーンバードとは「NPO法人グリーンバード」が運営しており、

「街がきれいになれば、人のこころもきれいになる」を信念に、

毎週2回朝7時半と毎月1回土曜日の14時に集合してあなたが住んでいる

地域の清掃活動を行う団体である。

グリーンバードには業種も年代もまったく異なる10代の学生から

50代の会社員まで、様々な人が集まっているそうです。

グリーンバードに参加している会社員の若い女性によると、

清掃活動を通じて交友関係が広がっているという。

年齢や性別、職業が異なり、時には外国人も参加しており、

とても刺激があるし、その交流によってプライベートでも

親しくしてもらうような出会いも生まれてきます。

また、清掃という活動を通して人との輪がどんどん広がります。

初対面の人とも、一緒に掃除をしながら歩いていると、

いつの間にか仲良くなれます。

あなたも、新しい出会いを求めているのでしたら、

ぜひ、グリーンバードに参加してみてはいかがですか。

posted by toshi at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

海水浴に行かない若者が増えている

毎日、30度を超える暑い日が続いています。

あなたは海水浴に行かれましたか。

最近の若い人は、海水浴に行かない人が多いと言う。

特に顕著なのが女性である。

理由は、子供のころから泥遊びや海水浴にまったく行ったことがない、

というより親が連れて行かないらしい。

コンクリートで作られたプールで泳いだり遊んだりはしているのだが、

海で砂遊びをしたり泳いだりという経験がまったくない。

そのため、大人になって初めて海水浴に行ったときに、

砂が気持ち悪いとか、日焼けをするので嫌だという若者が増えて

いるという。

また、潔癖症の女性も多く、相棒の男性が手をつなごうとした

ところ、手を洗ってからでないとダメと言うから大変である。

子供たちは、昨日から夏休みに入りました。

お父さんやお母さんは、できるだけ子供たちと海水浴や川遊び、

キャンプなどの自然にふれあう遊びを一緒に楽しみましょう!

   
posted by toshi at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

2010年の転職ランキング1位はグーグル

あなたは、グーグルが2010年の転職ランキング1位である

ことを知っていました。

トヨタ自動車は、米国でのリーコール問題が影響し、

2年連続1位の座から3位に順位を下げてしまった。

2位は昨年と同じくソニーで、世界に通用する技術力の高さを

評価されているらしい。

4位・任天堂、5位・パナソニック、6位・資生堂、7位・ANA

8位・オリエンタルランド(東京デイズニーランド)、9位・フジテレビ、

10位・本田の順となっている。

順位の変動は若干あるが、トップ10の顔ぶれは昨年と変わらず、

上位10社中6社がメーカーであることが特筆されます。

学生を対象とした就職人気企業調査では、

不況などの影響でメーカー企業が順位を落としているが、

社会人のメーカー人気は依然衰えていないようです。

やはり、社会人は学生と違って多くの体験があり、

企業本来の持つ力や方向性などをトータルで見て

判断しているためと思われます。

詳しくはこちらでどうぞ!
http://doda.jp/guide/popular/

posted by toshi at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

龍馬は無一文から商売を始める

坂本龍馬という人間は、

ご存知のようにリーダーシップと行動力があり、

さらに機転の優れた男であったようである。

龍馬は勝海舟が創設した海軍操練所が閉鎖された

にもかかわらず、長崎まで足を運んで商売を始める。

それも無一文からである。

よく聞く言葉で、「金がないから何もできない」という人

がおられます。

しかし、阪急グループの創始者小林一三(こばやしいちぞう)は、

「金がないから何もできないという人間は、

金があっても何もできない人間である」と言い放っています。

まさに、その通りであると感嘆するばかりです。

人間は足りるよりも、足りないときのほうが、

創意工夫をするものです。

「お金がない、時間がないからできない」と言ってしまったら、

そこから先へは何事においても進めません。

posted by toshi at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

難しい問題ほど単純に考えたほうがうまくいく

人間の考え方のセオリーは、

簡単な問題は簡単に考え、

複雑で込み入った問題は複雑に考えようとします。

これって、あなたも納得できることでしょう。

たとえば、昼食に何を食べるかは、

財布の中身を少し気にするだけで、気楽に考える。

しかし、別れる別れないといった男女の関係については、

結構深刻に、あるいはあれやこれやと複雑に考えることでしょう。

そうした、経験則から得たものは、

あまりうまくいった試しがないのではありませんか。

むしろ、物事を逆に考えたほうがうまくいくという考え方が

あるようです。

もし、あなたが「難しいな」と思う問題にぶつかったら、

あれこれ思い悩まず、できるだけ単純に考え、対処してみることを

おすすめします。

posted by toshi at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

ゲーム、パソコン、携帯電話の普及が子供の「脳力」を低下させている

「脳力」低下社会の著者であり脳神経科学者の森昭雄氏は、

ゲーム、パソコン、携帯電話の普及が日本人、特に子供たちの「脳力」を

急速に低下させていると指摘しています。

理由は、映像からの一方的かつ受動的な情報の洪水が子供たちの

コミュニケーション能力と考える力を次第に奪ってきているという。

そうした潜在的な問題をはらんでいるにもかかわらず、

親たちは、近頃の子供はゲーム機器や携帯電話の扱いをいとも簡単に

操作することができるのですごいと勘違いしている。

そうした情報通信革命が子供をはじめ人々の脳力を弱めている

というのはまことに皮肉な話である。

また、日本の多くの若者は地道な努力を厭う(いとう)ようになっているが、

中国やインドの若者たちが目を輝かせて勉学にいそしんでる姿に比べると

あまりにも落差を感じざるを得ません。

posted by toshi at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

菅さんは深謀遠慮が足りなかった

今回の参院選挙は、民主党の大敗で終わってしまった。

菅さんは、丸坊主して四国四十四カ所の遍路めぐりをした割には

物事を性急にしすぎるきらいがあります。

民主党の敗因は、菅さんが選挙を目前に消費税を

ぶち上げたことが挙げられています。

果たしてそうだろうか。

消費税は若干、影響したと思われるが、鳩山前首相と小沢前幹事長、

北教組のお金の問題や普天間問題の迷走、高速道路の無料化、ガソリン税の

暫定税率廃止などのマニフェストがことごとく実行されなかったことが

大きな敗因であろう。

さらに、選挙に消費税は鬼門であると歴史が物語っているのに、

菅さんはセオリーを無視してしまった。

消費税の議論を持ち出すのであれば、選挙後にじっくり持ち出せばよかった。

そうしておけば、たとえ、負けたとしても親小沢グループから突きあげられる

ことはなかった。

さすが、菅さんは瞬間湯沸かし器と揶揄される性格の持ち主が災いしたのか、

深謀遠慮が足りなかったと言わざるを得ません。

posted by toshi at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

iPadはスティーブ・ジョブズの哲学だ!

米アップルのiPad(アイパッド)は、

私たちのライフスタイルを大きく塗りかえる力を秘めている。

洗練されたデザインだけでなく、内部設計もこだわり、

スティーブ・ジョブズの哲学が隅々までiPadに生かされている。

アップルは製品を自社で生産はしません。

ほとんどと言っていいほど、EMS(電子機器の受注製造サービス)

メーカーに外部委託している。

一般的には、メーカーが最適な部品の採用をアップルに提案し、

設計にもかかわることが多い。

製品によってはEMSメーカーに設計を丸投げすることもあるという。

その方が、コストが下がるらしい。

しかし、iPadについてはソフト開発や外部デザイン、採用する部品の

選定や内部構造のすべてをアップルがこなしたようだ。

部品については、半導体は日本メーカーから韓国や台湾メーカーに

取って代わられ、水晶発振器、コンデンサーも追いつかれている状況である。

このようにiPadの部品からは、

日本の部品メーカーの地位の低下が読み取れるようです。

ただし、端子と端子を接続する高精度なコネクターは、

まだ、日本メーカーに強みがあると言われているようです。

それにしても、アップルのスティーブ・ジョブズCEOはすごい人である。

posted by toshi at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

南の天空を見上げたが天の川は見えず

7月7日といえば七夕です。

昨年の七夕は満月でしたので、天の川を見ることはできませんでした。

今日は雨も降らず、満月でもないので家から南の天空を見上げたが、

やはり、見ることができませんでした。

やはり田舎のほうへ行かなければだめですね。

では「星に願いを」でも聴いて、眠ることにしまーす。

Good Night!


ラベル:天の川 七夕
posted by toshi at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

バングラデシュで起業した山口絵理子さん

23歳で起業した山口絵理子さんを知っていますか。

過去、情熱大陸にも出演された人物です。

私は今日、NHKラジオビタミンという番組の中の

「ときめきインタビュー」で山口絵理子さんという女性起業家を

初めて知る由となりました。

山口絵理子さんは、世界最貧国のバングラデシュでジュートと呼ばれる

麻の一種で高品質なバッグを現地でデザイン、生産している。

現在、日本で直営店5店舗を展開し、年商3億円の(株)マザーハウスの

代表兼デザイナーであります。

ちなみに、株式会社マザーハウスは発展途上国におけるアパレル製品

及び雑貨の企画・生産・品質指導、同商品の先進国における販売

とうたっています。

しかし、それまでの道のりは決して楽なものではなく、

困難きわまりない日々を乗り越えてのものであります。

山口絵理子さんはバングラデシュで泥水を飲んで生活している

人たちなど、人間の底流の生活水準を見てきている。

そのため、たとえ自分の苦労や失敗などは、

あのバングラデシュの人たちに比べれば些細なことであると

考えるがんばりやの女性です。

仕事の関係で番組の冒頭でしか聞けなかったので残念であった。

ラジオビタミン・ホームページ
http://www.nhk.or.jp/vitamin/interview/index.html

このラジオビタミンという番組は結構おもしろくて元気をもらえますよ!

放送が平日の午前中なので、サラリーマンや学生の方は録音して

聴くことお薦めします。

山口絵理子さんに関する記事
http://www.goodfind.jp/2011/obog/keio-mother-house1.html
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

posted by toshi at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

ついてる人は意外とギャンブルに弱い

ついてるというと、

すぐに連想しがちなのが

パチンコや競馬、競輪、競艇などの

ギャンブルである。

しかし、ついてる人は

意外とギャンブルに弱いそうです。

ギャンブルに没頭してしまって、本業に身が入らず、

このため、大成する人はほとんどいないか、

稀の稀であるというのが現実というもの。

よく、ギャンブルで家を建てたり、ビルを建てたり

できる人は、あまり聞いたことがありませんね。

もし、自分がギャンブルに弱い、

と感じているのであれば、

逆に、「自分はついている人間だと思って喜んで下さい」

と、斉藤一人さんが指南していますよ。

posted by toshi at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

雨の中を傘さして歩く

梅雨は、雨が降っても降らなくてもムシムシして

不快である。

今日も朝から雨がしとしと降っています。

でも、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」ではないが、

雨の中を傘さして歩くのも悪くないですね。

何といっても、樹木の緑が雨に濡れてしっとりし、

美しさを堪能できます。

また、雨の中を歩くということは、

マイナスイオンも多いと言われる。

あなたも、パソコンの前に座ってばかりでは、

体が鈍ってしまいますよ。

posted by toshi at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

将来が安心で先行き透明な時代が今まであったか

「いつでも、逆に考えるとうまくいく」の

著者川北義則さんが、

「将来の不安とか、先行き不透明とか、

とかく評論家はそんなことを口にしがちだが、

将来が安心で、先行き透明な時代が今まであったかと問いたい」

と著書で書いていますが、これについて疑問を呈したい。

この方は1935年生まれというから、日本の高度成長時代を

しっかり経験されています。

その高度成長時代には、今の不透明な時代と違って夢も希望もあり、

100%とは言わないが、ある程度、安心で先行き透明な時代が

あったと認識しています。

安心で先行き透明な時代が一時期にあったからこそ、

世界第2位の経済大国にもなったし、個人金融資産が1400兆円

規模にものぼっているのである。

ですから、高度成長時代にがんばった、今のお年寄りの方はお金を

持っている人が多いのです。

それと、社会が安定していたからこそ、今では悪者扱いの

年功序列制度というものが長く幅をきかせていたのです。

そいう歴史的な事実があったにもかかわらず、

将来が安心で、先行き透明な時代が今まであったか

というような間違ったことを言ってほしくはありません。

因みに川北義則さんは、出版プロデューサーおよび生活経済評論家

という肩書で活躍している御仁です。

  

posted by toshi at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。