2010年06月30日

サッカーW杯は精神力で負けてしまった

サッカーW杯は、PK戦にまでもつれ込んだのだが、

結局、パラグアイに5−3で敗れてしまった。

このPK戦に限っていえば、パラグアイの選手たちのほうが

精神力で日本選手に勝っていたようだ。

日本の駒野選手は、練習でのPK成功率は高く、

オシム前監督時代もPK戦のキッカーに指名されていたのだ。

しかし、W杯という大舞台でその技術を見せられなかった。

それと同じように、プロ野球のピッチャーもブルペンでの

ピッチング練習ではほれぼれするような球を投げるのに、

いざ、本番ではメロメロなピッチングしかできない

マイナーな選手もいます。

やはり、イチローや松井秀喜などのメジャーな選手は

マイナーな選手に欠ける技術プラス強い精神力が備わって

いるから成功しているのでしょう。

今後の駒野選手のプレイに注視していきたい。


posted by toshi at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

「貧乏人の金持ち」とはどういう意味

金持ちにもいろいろなタイプがあるようです。

一、お金をたくさん持ち、心も豊かで金にとらわれないタイプ。

お金もよく使うし、人に施すことも忘れない。

いつも「おかげさまで」という感謝の念をもって

暮している人は「金持ちの中の金持ち」である。



二、いくら金を持っていても満足する心がないタイプ。

使うべきところでケチって、義理や人情を欠き、

おまけに恥までかいて、それでも「もっと、もっと」

と欲張る人は「金持ちの中の貧乏人」タイプである。



三、金はあまり持ってなく、どちらかといえば貧乏の部類である。

ただし、世間並みの生活で十分に満足し、家庭は円満、

人との交際もうまくでき、慎ましくも毎日を楽しく

生きている人を「貧乏人の金持ち」と呼ぶ。


四、貧乏な自分の身の上を嘆き、社会を批判し、人を恨み、

いつも頭の中は不平不満でいっぱい、せれでいて怠けぐせ

だけはたっぷり持っている人は「貧乏人の中の貧乏人」である。


さて、あなたはどのタイプに当てはまりますか。

女性にモテるとすれば、「金持ちの中の金持ち」と

「貧乏人の金持ち」であろう。

反対に女性にモテないタイプは、「金持ちの中の貧乏人」と

「貧乏人の中の貧乏人」ではないでしょうか。

特にダメなタイプは、「貧乏人の中の貧乏人」であり、

おそらく一生かかってもどのタイプの金持ちにもなれない

と断言できます。


posted by toshi at 21:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」

梅雨といえば雨です。

雨といえば、すぐに思い浮かべるのが、

宮沢賢治の詩、「雨ニモマケズ」です。

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク

決シテ瞋ラズ  ※(瞋ラズ=いからず) 

イツモシヅカニワラッテヰル

一日ニ玄米四合ト

味噌ト少シノ野菜ヲタベ

アラユルコトヲ

ジブンヲカンジョウニ入レズニ

ヨクミキキシワカリ

ソシテワスレズ
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・省略。

ミンナニデクノボートヨバレ

ホメラレモセズ

クニモサレズ

サウイフモノニ   ※そういうものに

ワタシハナリタイ。


これは詩というよりも、宮沢賢治が自分自身を戒めるための

自己啓発の心得と言っていいでしょう。

暑さや寒さに負けない身体をつくり、

欲をもたない、すぐに怒ったりしない、食事は腹八分、

そして、他人がどう思おうが気に留めないという意味に

受け取れます。

あなたも、ぜひ、声をだして読んでみることを

おすすめします。


  51F7XqKwADL__SL500_AA300_.jpg
  サライ 2010年 07月号 [雑誌]

posted by toshi at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

人生に挫折はつきもの

人生に挫折はつきものである。

しかし、挫折した時に自分をしっかり見つめ直す冷静な

思考力が大事であると思います。

自分のマイナスをすべて、他人のせいにする。

たとえば、親が悪い、友人が悪い、学校の先生が悪い、会社が悪い、

社長が悪い、はたまた政治が悪いなど、すべて他人のせいに

してしまう困った人間が存在します。

そうした精神をもつ人間は他人をうらやみ、そしてねたむ姿勢が

強いのでしょう。

しかもまったく競争心がなく、努力もしない。

挫折したからといって、その状態から一歩も踏み出せない人は、

人にも運にも恵まれないようです。
ラベル:人生 挫折 能力 努力
posted by toshi at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

南アフリカは5人に一人がエイズに感染

南アフリカでW杯サッカーが開催され、

連日、熱戦が繰り広げられている。

日本はカメルーンに勝利したが、オランダに惜しくも

負けてしまった。

ところで、南アフリカという国は、治安が相当に悪い

ということはよく知られています。

そして、知られていないのが5人に一人がエイズに

感染しているという現状が悲惨である。

そのため、南アフリカはエイズによる孤児が140万人

と推定されている。

その孤児は食事も教育もまともに受け入れられず、

結果的に多くの子どもたちが犯罪に走り、

社会不安を増大させるという悪循環になっている。

この負の連鎖を一刻も止めなければ、この国に未来はないと

言われています。

posted by toshi at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

子どもは勉強が嫌いでゲームばかりしている

今月から子ども手当が支給されました。

その子ども手当の使い方について、

大学進学のために貯金をしておくとか、

塾に行かせるといった考えの親が多いようだ。

中には、家族で東京ディズニーランドの旅行代にあてる

という親もいます。

よく親が、「うちの子は勉強が嫌いで、

ゲームばかりしている」と言うのを耳にしますが、

それって当り前のことです。

だいたい、生まれつき勉強が好きな子どもなんて

ほとんどいないと思います。

しかし、「できる子」と「できない子」がいる

ということは否定できません。

では、その差はどうして生まれるのか

世の親御さんたちは考えたことがありますか。

posted by toshi at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

週末は活字の洪水に身をさらしましょう

いったんつけると、ついつい見てしまうのはテレビです。

あなたがテレビを見る時間を減らせることができれば

貴重な読書タイムが作れます。

特に週末は、まとまった時間の取れる絶好の機会です。

金曜日には書店や図書館を訪れ、活字の洪水に

身をさらしてみてはどうでしょう。

なおざりにしがちな、日常と丁寧に向き合えば、

心も体も少しづつ、しかし確実に変わっていきますよ。
posted by toshi at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

W杯サッカーは本田のシュートで念願の1勝

昨日のW杯サッカーは、本田選手の落ち着いたシュートで

先制ゴールを決め、その後は守りきってカメルーンを下した。

この1勝で岡田監督は胸をなでおろしたと思われる。

もし、カメルーンに負けたならば、日本はW杯で1勝もできなかった

かもしれない。

そうなれば、岡田監督ならびに日本サッカー協会への批判は

相当厳しいものになっていたでしょう。

そういう意味で岡田監督は、とりあえず一勝できてよかったですね。

これもひとえに本田選手がツキを運んできたおかげです。

posted by toshi at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

小惑星探査機「はやぶさ」奇跡の帰還

小惑星探査機「はやぶさ」が故障しながらも奇跡の帰還を果たした。

何しろ、小惑星「イトカワ」から3億キロという気の遠く

なるほどの距離から帰還したのです。

ただし、「はやぶさ」の本体は大気圏に突入したと同時に

燃えてしまったので残念である。

地球を発ってから7年にも及ぶ長き旅から帰ってきたことを

心から「お疲れさま」と労(ねぎら)いたい。

posted by toshi at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

村上隆がベルサイユ宮殿で現代美術展

何と、現代美術家の村上隆(むらかみ・たかし)が

ベルサイユ宮殿で作品展を開くというから驚きである。

私が村上隆という人物を初めて知ったのは、

日テレの「カンブリヤ宮殿」である。

東京芸大を卒業後、アニメやフィギュアを取り入れた作品で

旋風を巻き起こし、今や世界が注目するアーチストである。

村上隆は芸術とマネーを結びつけることをタブー視する

日本の美術界に対して、「絵を売って生活するのが芸術家の仕事」、

「売れなければ芸術ではない」と大胆不敵に言い放っている。



posted by toshi at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

嫌なことはノートに書き出してみよう

今、何か嫌なことがあり、やる気がまったく起こらない

ということはありませんか。

そういう時は、ノートに嫌なことを全て書き出して

みましょう!

なんだ、嫌なことをノートに書いたところで、

悩みが消えるわけでも、解決するわけでもないだろう。

というように、疑問を持つ人が大多数だと思う。

しかし、嫌な出来事があった日の夜寝る前に、

その嫌なことについて全部書き出してみると、

不思議にそのことを忘れグッスリ眠れてしまう

という心理実験があります。

人間の脳は、紙に書かれたことは、

「記録に残った」と認識し、

そして「嫌なことを頭の中に置いておく必要はない」と判断して

グッスリ眠ることができるようです。

このようにペンとノートさえあれば簡単にできるので

一度ためしてみてください。

posted by toshi at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

山形新幹線のカリスマ車内販売員

昨日のNHKラジオビタミンのときめきインタビューに

山形弁(東北弁)でしゃべるおもしろい女性がゲストであった。

この女性は山形新幹線のカリスマ車内販売員の

茂木久美子さんである。

ふつう、販売員の1日の売り上げは平均で14〜15万円ですが、

茂木さんはその倍を売り上げるそうです。

ゴールデンウィークにおいては1日に60万円を売り上げた

というからただ者ではない。

茂木久美子さんの武器は、何といっても持ち前の人懐っこさと

旺盛なサービス精神である。

そして極めつけが、お客さんとの山形弁でのコミュニケーション

能力である。

おつりも手早く、売るためのノウハウを自分自身で

常に工夫している努力家である。

今では、本「買わねぐていいんだ」を出版し講演依頼で

ひっぱりだこであるという。



posted by toshi at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

人生で一番寂しいことは仕事のないことです

人生で一番楽しく立派なことは
一生涯を貫く仕事を持つことです。

人生で一番みじめなことは
教養のないことです。

人生で一番寂しいことは
仕事のないことです

人生で一番醜いことは
他人の生活を羨むことです

人生で一番尊いことは
人のために奉仕して
決して恩に着せぬことです

人生で一番美しいことは
全てのものに愛情を持つことです

人生で一番悲しいことは
うそをつくことです

これは、福沢諭吉が書いたものと俗に言われている

「心訓七則」です。

この中で、仕事にかかわる二つの教えがあります。

冒頭の「人生で一番楽しく立派なことは
一生涯を貫く仕事を持つことです」

三番目の「人生で一番寂しいことは仕事のないことです」

景気悪化による雇用環境が日々変化する現在、

この言葉のもつ意味は重みがあります。

ではどうすれば、一生涯を貫く仕事をもつことが

できるのか。

成功した人の言葉を借りれば、

まず、好きではない仕事、やりたい仕事ではないからと、

最初から投げ出してはいけません。

そういう意識を持たずに、やるべきことを

淡々と実行することが大切である。

仕事に愚直で、まじめに一生懸命取り組み、

そこから少しずつ自分のできることが広がっていきます。

やがて、それを継続することによって自分自身が磨かれ、

鍛えられていくと成功者は語っている。

目の前の仕事が大変であっても、好きではないにしても、

この仕事は何のためにあるのかと、行き着く先を

自問自答することによって、次第に意義が分かってきます。

posted by toshi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

電子ファイルでアルバムをリリース

新進ミュジシャンの場合、CDで1500円のアルバムが

1枚売れると、印税収入が15円位であるらしい。

仮にCDが1000枚売れたとしてもわずか15,000円である。

それをCDとして売り出すのではなく、購入希望者に

電子メールを出して、返信に記載された銀行口座に1500円

を振り込めばダウンロードできるという方法にします。

この方法だとアルバムが1枚売れると1500円の収入になり、

1000人の申し込みがあれば1,500,000円の

収入になるから大きな違いである。

新進ミュジシャンの負担は、自宅にある10万円程度の録音機材と

パソコン1台である。

データは無料の転送サービスで行い、宣伝はツイッターと

ユーストリーム、SNSのマイスペースなどの無料サービス

のみ利用する。

この方法であれば、CD製造費用はかからず、著作権管理も

自分で行うので日本音楽著作権協会などに委託費用を払う必要

もありません。

また、「MAF」というファンドを立ち上げ、ネット上で

自身の音楽活動の資金も募ることができます。

このように通信環境が十分に整いソーシャルメディアが誕生

したことで音楽分野においての新しいビジネスモデルが

次々と生まれてくることでしょう。

参考 NIKKEI BUSINESS 2010・4・12
posted by toshi at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ツイッターとユーストリームで音楽デビュー

ツイッターとユーストリームのおかげで、

新進ミュージシャンが食べていけるようになったという。

新進ミュージシャンの「まつきあゆむ」さんは、

2006年にCDデビューして4枚のアルバムを出した。

しかし、万人受けする音楽ではないため、

活動すればするほど赤字になるというのだ。

そのため、アルバイトを懸命にこなして音楽活動の資金を

稼ぐ毎日であった。

そして、昨年の10月に始めたツイッターとユーストリームが

彼の道を開いたのだ。

ツイッター上のつぶやきを歌詞にして曲を作ったり、

録音作業をユーストリームで公開したりしているうちに、

まつきさんの活動がソーシャルメディアのクチコミによって

広がったのです。
参考 NIKKEI BUSINESS 2010・4・12
posted by toshi at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

大学を中退する学生が増加している

今日、NHK「ラジオビタミン」という番組で、

若者支援のNPOを運営している山本繁さんという

ユニークな人を知りました。

今、注目の社会起業家であるらしい。

山本繁さんは希望の大学は出たけれど、夢も希望もなく漠然と

生きていたが、ある時、人のために生きようと決め、

支援プロジェクトをいくつも作ってきた人物である。

今、大学を中退する若者は年間で11万人以上に達するという。

この数は8人に1人の割合である。

中退をしていく理由としては、

友達ができにくい。

学力が追いつかない。

自分が思い描いたものとギャップがあり過ぎる。

経済的な問題などのさまざまな理由があるようです。

大学に入る前は、ただ、大学に入ることだけしか念頭になかった。

それで、入学したとたんに気持ちが燃え尽きてしまう人が多い。

また、はっきりとした目的意識を持っていないことも大きな

要因である。

問題は、中退した若者がフリーターや職に就かないケースが

多いというからやっかいである。

山本繁さんは、そうした中退の多さに目をむけ、

中退予防のノウハウを構築するために、大学関係者に働きかける

などして一生賢明に取り組んでおられます。


 
posted by toshi at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。