2010年05月31日

お金は幸福になるための手段である

わが子をエリートにして、将来は高収入を得てほしいと

願う親は多いと思われます。

ただし、お金は稼ぐことが目的ではなく、

あくまでも幸福になるための手段であるということを

忘れないように。

昨今は小学校で金融教育を行っているという。

果たして、成長している道半ばにいる子どもに金融教育を

してよいものなのか判断は難しい。

ただ言えることは、「働くことの大切さ」や「チャレンジ精神」、

「豊かな人生とは何か」という基本的なことを子どもに教え

考えさせることが先決です。

そして、注意しないといけないのは、

「物質的に満たされすぎた子どもは怠惰になる」や

「与えられることに慣れた子どもは自立心が希薄になる」

ということを肝に銘じてください。

子供にマネーゲームを教えてはいけない (講談社プラスアルファ新書)



posted by toshi at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

週末には子どもと遊びましょう!

あなたは子どもと遊んでいますか。

子どもがいない人は、近所の子どもと遊びましょう。

所帯持ちの方であれば、家庭サービスとしてではなく、

自分自身のためにである。

週末、児童公園に行って、すべり台やブランコなどの遊具で、

子どもと一緒に遊んでみるのも結構おもしろい。

子どもは遊びの天才です。

子どもと遊んでいると、自分自身も無我夢中になって

しまうから不思議です。

子どもは頭の中でつぶやく。

大人は仕事ばかりしないで、

たまには童心にかえって一生懸命遊びたまえ

と叱咤激励(しったげきれい)するのである。

posted by toshi at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

一歩踏み出してみれば新しい出会いがある

生き方を劇的に変えるのは難しいものです。

しかし、なおざりにしがちな日常と真剣に

向き合えば、心も体も少しずつ、確実に変わって

いきます。

身近なところでは、ボランティアを始めてみては

いかがでしょう。

例えば、子どもの健康診断の測定補助から、

高齢者施設でのお手伝いや、囲碁、将棋の相手まで

さまざまである。

もし、詳細をお聞きしたいのであれば、

各地の社会福祉協議会やボランティアセンターの窓口に

相談してください。

人は、何事も一歩踏み出してみれば、

新しい出会いがあるにちがいありません。

posted by toshi at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

ニュースや情報を知るならラジオがおすすめ

朝一番にテレビをつけて時計代わりにする人が

結構多いと聞きます。

しかし、せっかくの朝の貴重な時間がもったいないですね。

もし、ニュースや様々な情報を知るなら、

断然ラジオがおすすめです。

ラジオはニュースや情報が速く、内容も充実しています。

何といっても、ベッドに入って目をつぶって聴くことが

できるからいい。

また、顔を洗いながらや歯をみがきしながらといった、

「ながら」で情報収集ができます。

吾輩は、NHK[ラジオ深夜便」や生島ヒロシのラジオ番組

「おはよう一直線」などを聴いています。

特に、NHK[ラジオ深夜便」は200万人の人たちが

聴いているというからびっくりである。

また、英語を極めたいのであれば、ラジオ英会話もたくさん

ありますよ。

関連記事 「英語の習得にお金はかからない」
http://potipoti3.seesaa.net/article/135369395.html

posted by toshi at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

地球上には異空間の世界が存在する

この地球上には、いまだに我々が知らない

異空間の世界が存在することをあらためて

知ることができました。

昨日、一日中雨が降っていたのでテレビをつけ、

画面上で番組表を検索していたところ、

「ヤノマミ 奥アマゾン 原初の森に生きる」という

タイトルが目についた。

そのテレビ番組は再放送で、昨年、NHKスペシャルで

放映されたものである。

ブラジルとベネズエラにまたがるアマゾン最深部の広大な

ジャングルに、ヤノマミ族というほぼ全裸の部族が住んでおり、

その部族は欧米人から最後の石器人と呼ばれている。

何しろ、1万年以上にわたって独自の文化・風習を守り

続けている部族である。

ショッキングだったのは、

14歳の未婚の少女が森の中で、

部族の女たちの見守るなかで出産します。

そして、生まれてきた赤ん坊を抱かずに、じっと考えたあげく、

赤ん坊の口に草を入れて窒息死させます。

そして赤ん坊をバナナの葉で包んで、大きな木の幹に縛って

白アリに食べさせるのです。

そして、数日後に火をつけて燃やしてしまいます。

我々、現代人もしくは文明人から見ると、

何と野蛮な行為であろうかと思ってしまいます。

しかし、ヤノマミ族の風習は産まれてくる子どもを、

人間として迎えいれる(生かして育てる)か、

精霊のまま返す(赤ん坊の命を断つ)かは、

産んだ母親が一人で決めるのです。

それも14歳の少女がである。

テレビを見終わったあとは、あまりにも衝撃的であり、

考えさせられるドキュメンタリー番組であった。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090412.html
posted by toshi at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

週末に異空間体験をしよう!

一週間経つのは早いですね、

ところで、

あなたは、考え方や日常の行動を変えよう

と思ったことがありますか。

人は知らずしらずのうちに、いつも同じパターンで行動します。

それは、慣れと居心地がよいからです。

言いかえれば冒険心がなくなっている証拠である。

そして、年を追うごとにあなたの思考回路の地図は

どんどん狭くなっていきます。

では、どうすればよいのでしょう。

それは、週末を大いに利用して異空間体験をします。

異空間体験といっても、何も特別なことではなく、

家の近くで気になるレストランやパン屋さん、あるいはいつも

素通りしている小物屋さんなどに足を踏み入れてみるのです。

また、あなたがいつも利用している図書館に出向くのではなく、

隣の町の図書館に足を運んでみるのもおもしろいですよ。

そういう小さな冒険をするための工夫をしたり考えたりする

ことによって、新しい発見があります。

その結果、あなたの委縮した思考回路の地図がどんどん広がって

いくのです。

最後に、何のためにこのようなことをするのかといえば、

すべて、あなたの未来のためにである。

posted by toshi at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

成功者の集まりに身をおくことが成功の秘訣

成功するためには、

成功している人たちの集まりの中にいなくてはならない。

逆に、マイナス思考の仲間とつき合っていては、

思考停止になるだけで、決して成功はしないだろう。

もし、あなたが成功したいと願っているのであれば、

成功者の集まりに身をおくことが成功の秘訣であります。

その根拠としては、成功のイメージを持つことができるからです。

成功者の集まりでは、当然成功した話が中心になります。

これで当たったとか、売上が倍増したといった景気のいい、

明るい話題が絶えません。

たとえ自分が現在うまくいっていなくても、

何となく乗り切ってしまうから不思議である。

それは、成功のイメージが知らず知らずのうちに自分に

与えられるからです。

間違っても、安酒場に出入りして、

金利が下がったの、リストラに遭いそうだなどといった

暗い話題に終始していたのでは成功者にはなれません。


posted by toshi at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

会社の人間関係だけでは生きていけない

サラーリーマンにとって、会社という組織は

自分がお金を得るうえでもっとも大事な場所です。

しかし、これからのグローバル経済では、

会社という組織の人間関係だけを重視していては、

生き残ってはいけなくなる恐れがあります。

何しろ、地球の裏側で起こった経済混乱のあおりを受けて、

勤めている会社が倒産したり、倒産しないまでも人員整理

というケースも十分に想定されます。

万一、そうした事態が起きても、

自分が勤めている会社以外の場所に、

しっかりとした人間関係を構築しておけば、

意外と何とかなるものです。

趣味のサークルやスポーツクラブでも結構ですし、

自分が住んでいる町内会など何でもよいのです。

また、異業種の人と仲良く飲みに行くだけでも、

人間関係の構築に役立ちます。

それだけに、「競い合う」ライバルのみを重視するのではなく、

「助け合う」同志をつくるのも、これから生きていくうえでの

リスクヘッジにつながると考えます。

posted by toshi at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

金星が月の真上で明るく輝いていたよ!

   20100516moon.jpg

昨日16日は、西の夜空で金星が月の真上で明るく輝いていた。

それも三日月であり、月と金星が「ムーンライト・セレナード」で

ダンスをしているかのような感じをうけました。

あなたも、皐月(さつき)の夜空を仰いで

このロマンチックな天体ショーを観られたでしょうか。

国立天文台によると、

日本では、金星と月が接近する様子しか観察できませんが、

東南アジアでは、金星が月にかくされる「金星食」が

観察できるようです。

また、今月の22日には月が三日月のままの状態で

火星と接近しますのでお見逃しのないように!

詳しくは星空情報で確認してください。
http://www.nao.ac.jp/hoshizora/topics.html
posted by toshi at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

いよいよ電気自動車の普及が加速する

日産自動車が電気自動車「リーフ」を4月20日から

米国で購入予約を受け付けたところ9500件の

申し込みが入っているという。

いよいよ電気自動車の普及が加速する気配です。

日本では、トヨタのプリウスやホンダのインサイトなどの

ハイブリッド車が街かどをよく走っています。

その影響で、ガソリンスタンドの売上が徐々に

減少しているようです。

三菱自動車はすでに日本で電気自動車「アイ・ミーブ」を

販売している。

しかし、「リーフ」の価格は補助金を差し引くと実質負担額が

299万円になる。

三菱もそれに対抗して価格を3月に引き下げており、

実質負担額が15万円安い284万円に設定している。

ただ、価格競争により自動車メーカーの採算が厳しくなるようです。


posted by toshi at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

土曜日の朝はリッチな食事を!

土曜日の朝は、リッチな食事をしましょう。

平日は、あわただしく出勤せねばならず、

朝食の内容がついついおろそかになりがちです。

オードリー・ヘプバーンの「ティファニーで朝食を」みたいに

いかなくても、時々はリッチな朝食をしてみましょう。

というのも、生活が豊かであるかどうかは、

朝食で決まるという成功者がいます。

また、生活のセンスも朝食で決まるという人もいます。

ですから、あなたも一流ホテルで朝食をしてみてはいかがでしょう。

ホテルの朝食ビュッフェであれば、それほど高くありませんよ。

 5158F71ZRPL__SL500_AA300_.jpg
  ティファニーで朝食を [DVD]

ニッキ・パロット ・ムーン・リバー
ユーチューブ/ニッキ・パロット /ムーン・リバー
右斜め下
http://www.youtube.com/watch?v=cigBYz4D6Fc&feature=related
posted by toshi at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

土曜日は早起きをしましょう

5月はゴールデンウイークが終わって、

あれやこれやで13日となってしまった。

週休二日のサラリーマンの方は、

明日一日がんばれば土、日が休みです。

あなたの週末は、「のだめカンタービレ」でなく、

「寝だめカンタービレ」ではないですか。

せっかくの週末ぐらいゆっくり眠りたい。

しかし、いつまでもベッドやふとんの中でぐずぐずしていると、

楽しい土曜日があっという間に終わってしまいます。

気がつくと日曜日で、明日からまた仕事だ!

と憂鬱(ゆううつ)な気分になります。

では、どうすればよいか。

それは土曜日の朝に、早起きをします。

早起きをするだけで、あなたの一日を豊かに満喫できます。

土曜日を豊かに満喫できれば、土曜日の夜に、

明日も休みなんだという安堵感を味わうことができます。

そのためには、明日の金曜日は夜ふかしをしないで

早くベッドに入って眠りましょう。

成功する人は土曜の朝に早く起きて、

充実した一日を過ごすそうです。

posted by toshi at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

新人社員は五月病になりやすい

5月といえば、「五月のバラ」という歌があるように、

バラの花がきれいに咲く季節です。

また、新人社員の中には「五月病」という病気ではない病気

にかかる人も少なくありません。

「五月病」はもともと、大学に入学したばかりの学生が

5月のゴールデンウィーク明けごろに、理由もなく憂うつな

気分になってしまうことから、一般的に「五月病」と呼ばれる

ようになったのです。

五月病の症状は、抑うつ気分、考えがまとまらない浮かばない、

不安、焦り、寝起きが悪くなる、食欲がない、疲れやすいなどが

あります。

しかし、五月病はうつ病ではありません。

新しい環境や生活に適応できず、何とか適応しなくてはいけない

と焦り、頑張りが空回りし、一時的に強いストレス状態になって

しまうのです。

本来なら、希望で胸一杯なはずなのに、新しい仕事や職場の

人間関係に馴染めなく、どうしようなんて考え過ぎることから

起きるのです。

では、五月病にならないためにはどうすればよいのか。

それは、完璧主義をやめる・焦らない・一人で悩まない・

自分のことを分析して自分を知る・規則正しい生活をする・

食生活に気をつける・睡眠をしっかりとる・気分転換を行う・

怒らない・変なプライドを捨てる・自分の時間を確保する

といったことを心がけてください。

五月病はよほど重症でなければ、新しい環境に慣れるにつれて

症状もなくなると言われています。

posted by toshi at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

サッカーは組織運営としての教材である

今日、サッカーW杯の日本代表23人が発表されたが、

サッカーは組織運営を考えるうえで格好の教材と言われている。

変化の速い現代社会では、組織のしくみは野球型より

サッカー型が望ましいと、ピータードラッガー(経営学者)が

述べている。

野球は各々のポジションが固定されており、

選手が持ち場をきちんとこなすことが求められる。

ところが、サッカーは持ち場があるものの攻守が瞬時に替わり、

臨機応変のプレーが多く要求されるので、現代社会に合っている

というのだ。

ピータードラッガーの分析によると、

米国の自動車産業は典型的な野球型の組織であった。

逆にトヨタ自動車はサッカー型の組織で、

臨機応変に工場で働く人の創意工夫を

生かし成功したといわれる。

しかし、今後はトヨタといえども安閑として

おられないようです。

posted by toshi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

「母の日」の由来を知っていますか

今日は第二日曜日、母の日です。

母の日といえば、赤いカーネーションを母さんに贈って、

感謝の気持ちを表わす日です。

では、母の日はどうして制定されたのでしょう。

母の日の由来は世界中に何説かあるようですが、

1905年5月、アメリカ人の少女「アンナジャービス」さんが、

突然、母の死に遭遇したことで、生前に母を慕う日を設けようと

働きかけたことが始まりといわれる。

それがアメリカ全土に広がり1914年、当時の大統領が

5月の第二日曜日を母の日と制定し祝日となりました。

母の日のカーネーションは、アンナさんの母親が生前に

白いカーネションが好きだったので祭壇に飾ってあげた

ことがきっかけです。

それから、母親が健在であれば赤いカーネションを、

亡くなっていれば白いカーネションを胸にかざるようにしていた。

そして、母の日にカーネーションを贈る習慣へと変化していった

そうです。

日本でも明治時代の末期ごろに母の日の行事が始められ、

戦後、アメリカの例にならい5月の第二日曜日としている。

あなたは「母の日」の由来や、なぜ、カーネーションの

花を贈るのか、知っておりましたか。

でも、母さんが遠方に住んでおられたり、学生の身分だったら、

わざわざカーネーションを贈らなくても、

電話で「母さん、元気にしていますか」という声を聞かせて

やるだけでも喜ばれると思います。

ちょっぴり、照れくさいですけれども。

posted by toshi at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

靴磨きを趣味にしている人がいます

世の中にはおもしろい人がいるものです。

昨日、靴磨きについてブログをアップしましたが、

靴磨きを趣味にしている御仁がおられます。

たとえば、友人が遊びに来たときに靴を見ました。

その時に友人の靴があまりにも汚れていたので気にかかる。

家族が友人と話をしている最中に席を立ち、玄関の土間に

向かった。

そして友人の汚れた靴をせっせと磨き始めたのです。

この靴磨きの御仁は、日頃から自分の靴はもちろん、

家族の靴もすべて磨いているというからすばらしい。

さらに、街を歩いていて、すれ違った見も知らぬ人の靴が

汚れていると磨きたくなる衝動にかられるというから

びっくりします。

こういう風になると、趣味とはいえず「病膏肓に入る」

といっても過言ではありません。

でも、人様に危害を加えなければ別に問題はないと思います。

※病膏肓に入る(やまいこうこうにいる)の意味
治る見込みのない病気になること。 転じて、好みや癖が救いがたい
ほど深いこと。

ラベル:靴磨き 趣味
posted by toshi at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

週末に靴磨きをおすすめします

あなたは自分の靴を磨いたことがありますか。

私は黒のビジネスシューズを3足持っていますが、

履いた靴は必ずその日のうちに軽く磨きます。

そうすることで、靴は毎日きれいな状態で履くことができます。

もちろん、一カ月に一度は「よくがんばったね」と丁寧に磨きます。

そして、靴は3足で履きまわすので、1足の靴はまるまる

2日間乾燥できます。

靴はほうっておくと、たちまち汚れてしまい、

後々、きれいにするのが大変です。

ですから、週末を利用して靴磨きをおすすめします。

忙しくて時間がない人はプロの靴磨きにお願いしては

いかがでしょう。

たとえば、東京にお住まいであれば、日本一の靴磨き職人

と言われる、帝国ホテルの「きんちゃん」に磨いてもらいましょう。

料金は10分間で800円といわれリッチな気分に浸れます。

そして、月曜日の朝、ピカピカに磨いた靴で出勤すると、

足取りが軽快でとても気分がいいですよ!
posted by toshi at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

人生を楽しむための隠れ家を見つけよう!

人間は集団で行動する動物である。

特に、日本人はその傾向が強いようです。

集団で行動していると、ストレスがたまってしまう

という人がいます。

中には、蒸発したくなる人もおられます。

その典型的な人間がホームレスです。

ホームレスになる人には、もともとちゃんとした

サラリーマンだった人が少なくありません。

その人たちは、仕事が嫌いなのではなく、

組織から蒸発したくなった人が多いと言われる。

また、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」ではないが、

人間は猫のような動物と表現されています。

それは、ご主人様にかまってほしい気持ちと、

かまわれたくない気持ちの両面性を持ち合わせています。

きのうから、ゴールデンウイークが始まりました。、

家族サービスもよいことですが、時には自分一人で

隠れ家のような旅行スポットを見つけて出かけるのも

人生を楽しむ一つの方法ではないでしょうか。

posted by toshi at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。