2010年01月30日

男の子が弱くなった?

最近、男の子が弱くなったと言われています。

小学校での女子優位は分からないでもないが、

近頃は、大学生や社会人になっても、精神的自立性において

「女高男低」なる言葉で言い表されています。

企業の人事担当者によると、

最近は入社後ちょっとした仕事のツマズキで心がおかしくなって

休職してしまう若い男性社員が多いという。

そんな精神的に弱い男の子を生みだしているのは、

仕事に疲れた父親と過干渉な母親がつくる家庭環境や教育現場の

子育て力の低下が原因ではないかと指摘されています。

将来、弱い男の子もいつかは父親になり、そのまた子供も

精神的に弱くなるようでは心もとないです。

親がかわいい息子に、かよわい男の子になってほしくないと

お望みあれば「三匹のやぎのがらがらどん」がお薦めです。

テーマはずばり男の子の成長物語で、恐ろしいトロルの棲む

橋を苦難の末に乗り越えて山の草場に到達するラストシーンには、

男の子のみならず大人もスカットする絵本です。

  


posted by toshi at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

龍馬ゆかりの各地では観光客でにぎわう

NHK大河ドラマ「龍馬伝」が好調であるらしい。

その影響で龍馬ゆかりの各地では、観光客で大にぎわいである

とニュースで報じらています。

ただし、予期せぬ事態が勃発しています。

ドラマの中で語り部として登場している岩崎弥太郎の関係者から、

NHKにクレームが入ったという。

クレームの理由は、香川照之(44)演じる岩崎弥太郎の扮装に

ついてである。

大三菱の関係者から見れば創業者の岩崎弥太郎は、

あんなにむさ苦しく、汚くなかったという。

また、岩崎弥太郎の描き方に対して、なにか意図的な悪意が

感じられるといった内容であるらしい。

確かに言われてみれば、着ている着物はボロボロ、髪はボサボサ、

歯も真っ黒に汚れており、相当なインパクトがあります。

今の時代であれば、絶対に女性にはもてないでしょう。

私など香川照之の迫力となりふり構わない演技に、笑ってしまう

(失礼)ほど見入ってしまいます。

確かに血縁者が見たら不快感であり、おもしろくないですよね。

NHKにしても、今さら岩崎弥太郎を小ぎれいにはできないので

ジレンマに陥っていることでしょう。
posted by toshi at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

オバマ大統領は演説がうまいが実行力がない

オバマ大統領が就任してから1年目の世論調査での平均支持率は

57%であるという。

第二次世界大戦後から大統領選を経て就任した9人の大統領

のうちレーガン氏と同率のワースト2位という結果である。

戦後の大統領で就任1年後の支持率が最も低かったのは

クリントン氏である。

クリントン氏の場合、ブッシュ(父)政権が経済を破壊した

後を引き継いだため、そのあと始末が大変だったので

低い支持率になったのです。

その後、クリントン氏は圧倒的な人気で再任されており、

1年目の支持率だけを見て良し悪しは判断できません。

しかし、米国民の中には今回発表された支持率以上に

オバマ大統領を選んだことに対して疑問を抱いている人が

増えている。

ブッシュ政権に対する反動で、正論を述べ説得力もある

オバマ大統領を米国民は選任したものの、ここにきて実行力

が伴っていないことが明らかになり支持率を落としているようです。

権力を行使せずに正論だけを述べて物事はいっこうに前に進んで

おらず、演説だけが虚しく響くばかりである。

政治家はいくら演説がうまくても、最終的には結果を伴わなければ

国民からそっぽを向かれます。

これは政治家に限らず、どの世界においても共通の試練なのです。

posted by toshi at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

成功する人の性格

いつも何かをしていることが好きだ。

物事を達成するためには、組織化することや効率性を重視する。

仲間と一緒に働くことが好きで、自分も良い仲間でありたい。

第一印象は特に大切だと思っている。

成功していると思っていたいし、そのプラス志向のイメージを

人に与えたい。

明確に目標を定め、今、自分が何をしてよいかを知っている。

達成表や点数表など、自分のやり遂げた実績を示すものを好む。

目標を達成するためには、時には相手に合わせて妥協する。

人から行動力、説得力があると言われる。

何かを続けていくことより、新しく何かを始めるほうが好きだ。

もし、あなたがすべての項目に該当しているようであれば、

成功への道は近いでしょう。

posted by toshi at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

ライオンズの菊池雄星は生意気で勉強家

岩手・花巻東高の左腕エースとして甲子園を沸かせ、

西武ライオンズに入団したのは菊池雄星である。

まだ18歳という若造(わかぞう)であるが、

「人生は時間の使い方とお金の使い方で決まる」と言明した

というからびっくり仰天である。

これを生意気と捉えるか、しっかりとした考えを持っている

と捉えるかは意見の分かれるところである。

菊池雄星の趣味は読書で、月に10冊は読破するという

勉強家である。

また、花巻東高ではエースでありながらも驕りがなく、

「人の嫌がることを率先してやることが大事」と、

グラウンドのトイレ掃除を日課にするなど、人柄も魅力に

あふれているようです。

聞くところによると、大学の通信教育を受けることも

決めているというから、「人生は時間の使い方とお金の使い方

で決まる」という話はあながち嘘でははなさそうですね。

将来はレッドソックスの松坂大輔をしのぐ、ピッチャーに

なってほしいと願わんばかりです。

posted by toshi at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

話に反応できない人は成功できない

人が好意を抱いてくれるかどうかは、自分の話にきちんと反応

してくれるかどうかによるという。

そのためには、相手の目をみる、微笑む、うなずく、相槌(あいづち)

をうつ、コメントするということが大切である。

この五つのことがきちんとできれば、話す相手に嫌われることは

先ずないと、「声に出して読みたい日本語」の著者・斎藤孝さんが断言する。

要は、話の受け方さえ上手であれば知識の豊富な人はどんどん話してくれます。

つまり、話のプロでなくても、おもしろい話を聞き出すことができます。

とくに相手と同じ量の知識を持つ必要もありません。

コミュニケーションにおいて最も大切なことは、知識の量ではなく、

いかに相手の話に反応できるかである。

もし、うまく反応できない人は、社会生活をうまく送れないし、

人生の成功者にはなれないかもしれません。
posted by toshi at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

幸運は楽しい会話から生まれる

幸運を呼び込むというと、すごくラッキーなことを思い浮かべます。

宝くじに当たるとか、金持ちと巡り合って玉の輿に乗る、

楽して金儲けができたといったようなことである。

ただ、そういった種類の幸運は確率的には滅多に起こりません。

むしろ、人とのコミュニケーションを積極的に持つことのほうが

幸運を呼び込めるのではないでしょうか。

たとえば、老若男女、誰とでも楽しく話ができること。

それは目立たないけれども、これこそ人生における幸運である。

楽しい会話ができれば、相手に「この人と話せてよかった」

「また会いたい」という感情が生まれ、その後も、いい関係を

結んでいくことができるからです。

人間が成長していくためには、自分よりも優れた相手と話すのが

いちばんの早道であると言われます。

その論理は、自分よりレベルの高い人と話ができれば、よい刺激

となり、充実した時間が過ごせます。

まして、尊敬できる人や素敵な人と友達になれたら、人生は

もっと楽しくなるでしょう。

あなたも、人とのコミュニケーション力を高めていけば、

幸運を呼び込む機会が自然に増えていくでしょう。

posted by toshi at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

日本のNPOの職員は年収が低い

日本のNPOやNGOの職員たちの年収は200〜300万円くらい

と言われています。

これでは職業としてフルタイムでやるにはちょっと厳しいですね。

たとえやる気があっても、この給料では生活ができないという理由で、

NPOで働くことをあきらめる人が多いと聞きます。

ちなみに海外では、職員には6、7万ドル、起業主には15万ドル

ぐらい払っているという。

給料の低い理由は、まず寄付主が寄付金を職員の給料に使うのを

嫌うことが原因です。

特に日本の場合、「私たちはアフリカの子どもに寄付したのであって

そこで働く職員にあげたんじゃない」という気持ちが強いようです。

世界的に寄付金の約2割は人件費に使うというのが相場であるという。

また、寄付金についても日本はアメリカの100分の一の規模しかない

という根本的な違いもあります。

それに寄付金の範囲は狭く、しかも確定申告をしなければならず

面倒であるために寄付を敬遠するらしい。

企業の寄付金控除も極めて小さいという。

これら諸々の問題がクリアできれば、十分に将来性のある業種と

言われています。
posted by toshi at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

人の嫌がることから始めたスーパードクター

今日のNHKテレビ「プロフェッショナル・仕事の流儀」は

世界屈指の移植外科医・加藤友朗(47歳)さんでした。

加藤友朗さんは阪大医学部を卒業し、研修医をしながら博士課程を

めざしていたが、手術の腕を上げるために断念しアメリカに渡り

世界屈指の移植外科医となる。

「神の手」と呼ばれる福島孝徳さんも東大医学部からアメリカに

渡り世界TOPの脳外科医として世界を飛び回っています。

このように世界でトップレベルとして活躍されている人の共通点は

決断力が速いですね。

現状で満足できなければ、レベルの高い異国で自分の力を試して

みょうと決断してすぐに行動を起こしています。

これが私などの凡人とちがってすごいところである。

加藤友朗さんも、当初は言葉の壁で大変苦労し、このままでは

病院を首になるのではないかと弱音を吐いていました。

しかし、このままでは日本に帰れないと気を取り直し、人の嫌がる

ことを自分から進んでやっていこうと決めたところが素晴らしい。

それが功をそうして看護師さんや病院スタッフから信頼を勝ち得る

ことができたのです。

その上で、相当な努力と研究熱心の積み重ねがスーパードクターと

成り得たのです。

posted by toshi at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

価値観が人をつくる

自分の中にどんな価値観や特質を取り込みたいかを

じっくり時間をかけて考えてみましょう。

そうすれば、全体的な人格や将来の目標が少しずつ

形づくられ、方向づけられていくでしょう。

自分の人生における価値観を、具体的にどう取り入れるかを

考えるうちに今までと違う人物になれるという。

すると不思議なことに、今までとはちがう人物やチャンスに

出会うことができるものです。

posted by toshi at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

地震は怖いですね

神戸大震災が起きてから、もう15年も経つのですね。

それにしても、地震というのは15秒という一瞬の時間で

神戸の街を倒壊し、6400余名の命を奪ってしまったというから

本当に怖いことです。

ただ言えることは、地震学者も経済学者と同じように予測が

まったく当たらないということだけは事実のようです。

最近起きた中米のハイチ大地震もしかりで、死者が4〜5万人

にのぼるというから驚きです。

運が悪かったといえばそれまでですが、本当に悲惨な出来事であり、

亡くなられた方々に深い哀悼の意を表します。

ラベル:地震
posted by toshi at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

子どもは恐るべき合理主義者である

子どもは放任しておくと、あいさつなんてしません。

その理由として、子どもは恐るべき合理主義者であり、

意味がわかないことは絶対といっていいほどやりません。

まず最初に、子どもは自己利益の確保を誰ともなしに

教えられます。

子ども本人は弱者ですから、利己的に振る舞うことだけが

合理的であると信じている。

ですから、共同体を維持するためのルールであるあいさつや

儀礼の意味は理解できません。

子どもがある程度年齢がいったら、絶対にあいさつを

教え込まなければいけないのです。

子どもは、そんなの意味ないと言って反発するでしょが、

あいさつは強制しなければ、当たり前のことができるように

ならないと言われています。
posted by toshi at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

農業は将来性あるが時間がかる

農業は将来性あるが、職業として成り立つまでに時間がかる

といわれている。

問題は、大資本の企業が農地を集約しょうとしても、

なかなか農地を入手できない状態である。

今の時点では、まだ農地を貸してくれる人は少ないが

代替わりして徐々に貸す人が増えてくるだろうと予測している。

そうなれば、農業法人の需要が大きくなり、そこに就職する

人も増え、中には自分で起業する人も出てくると言われています。

農業を成功させるためには、都会的なビジネスの経験と、

ローカルで伝統的な知識の両方が必要ではないかと分析している。

posted by toshi at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

自分で道を切り開ける人にはいい時代

これからの時代は、グローバルでもローカルニッチでもない、

中途半端な企業のサラリーマンが一番弱くなるといわれています。

では、これから強く生きていける人とは一体どういうものでしょう。

それは、自分に能力をつけて、組織と関係なく仕事をできる人とか、

世界的な企業で勝負できる人が生き残れるのではないのでしょうか。

ただ、自分に能力をつけるといっても難しい。

とはいっても、弁護士や会計士などの資格を取る人がどんどん

増えているそうです。

なかでも、会計士は資格を取る人が多く、新卒でないと、

第一線の会計法人にはなかなか入れない状態であるという。

見方を変えると、資格を取るための敷居が低くなったということは、

チャンスが広がったということもいえます。

その資格をうまく使って、自分で道を切り開ける人にはいい時代に

なったという考えもあります。

逆に、会計士などの資格は、取っただけで食べていける資格では

ないともいわれ、何とも厳しい時代になってきたといえます。

posted by toshi at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

介護や医療サービスの将来はどうなる

今後、お年寄りがどんどん増えてきますが、

介護や医療サービスの将来はどうなるのでしょう。

単純に考えれば、期待がもてそうではあるが、

やはり介護は職業としてはあまり儲からないようです。

ですから、介護職員の賃金は安いままであると予測する人がいます。

要するに介護は産業として成り立たないから、国が受け持つわけで、

民間企業がやれば何でもうまくいくものではないらしい。

よほどいいアイデアが出ない限り、介護事業で採算を合わせるのは

難しいと言わざるを得ません。

ただ、どうしても介護や医療サービスをやりたい人は、公務員

として就職して、そこから自分のやりたい目的を目ざす方法があります。

posted by toshi at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

玉子屋は弁当を一日で7万食も売り上げる

今日のカンブリヤ宮殿は、東京都大田区の仕出し弁当屋

「玉子屋」が取り上げられていました。

競争激化や不況にもかかわらず、「玉子屋」の仕出し弁当は

一日で7万食も売り上げているというから驚きである。

社員は、元悪ガキであったという人が大半であるが、

仕事に生きがいを見出し、表情も生き生きとしているのが

とても印象的であった。

創業者である菅原勇継(すがはらいさつぐ)会長は、見かけは

おっかない感じですが、中身は優しい人物である。


posted by toshi at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

地方から百貨店が消える

百貨店(デパート)がかなり厳しい状況である。

特に地方の百貨店が厳しいというより、消えてなくなる

可能性があるとマーケティングの専門家が予測する。

大都市にある百貨店は効率性を高めれば生き残れるが、

地方の百貨店は規模が小さすぎるし、それに地方に金持ちが

いなくなったことも生き残れない原因の一つであるらしい。

また、ご存知のようにショッピングモールが郊外にたくさん

できて、わざわざデパートに行く必要がなくなったことも

大きく影響しています。

このように、地方から百貨店がなくなれば街の中心街がいま以上に

さびれ、街全体の活気もなくなることは必死である。

そのため、何かよい打開策がないものか、あるいは救世主が

現われないものなのでしょうか。

posted by toshi at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

エニアグラムを知っていますか

エニアグラムについて知っていますか。

エニアグラムとは性格を理解する方法の一つで、

2000年前のアフガニスタン地方に起源を発している。

人間は九つの性格に分かれていて、誰もがそのうちの一つを

持って生まれてくるという心理学ないし人間学である。

エニアグラムでは、行動や欲求を生じさせる動機に着目する。

親は、とかく子どもの性格を知っているようで知らないものだ。

例えば、お金がほしいという欲求については、

性格が目標達成タイプなら動機は「成功の証しだから」となり、

安心追求タイプであれば「安心したいから」と動機は異なります。

このように、子どもを突き動かしている動機がわかれば、

「だからこういう行動をするのね」と理解でき、子どもの

言動を受け入れやすくなります。

逆に子どもが理解できないと、親の価値観に子どもをはめ込もう

として、結局子どもを伸ばすことができなくなります。


posted by toshi at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

これからも小売業は厳しい

小売業は、セブン&アイとイオンがある限り厳しいようです。

この二社は利益率がものすごく低く儲けが少ないそうです。

当然、ほかの小売業も引っ張られて儲からないという。

地方にシャッター通りができてしまったのは、セブン&アイや

イオンなどの大型店が恐ろしく安い値段で売っているから、ヘタに

商売するよりも店を閉めておくほうがいいといった具合である。

ある地方は、昼間はシャッター通りで、夜は風俗街になる所も

あるようです。

住民たちもそれでいいとは思っていないが、ほかに利益の出る

商売がないから仕方がないとあきらめている。

これでは結局、街がダメになってしまうのも時間の問題である。

イオンは小売業というより、不動産業をしているのです。

自社保有の土地やビルを場貸ししているだけですから、利益率が

低くく儲からなくてもいいわけです。

しかし、普通の小売りをしている会社は仕入れリスクを考えなけれ

ばいけないし、イオンのような利益率ではとてもやっていけないの

です。

ですからシャッター通りがどんどん増えていくのです。

posted by toshi at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

国内マーケットに成功のチャンスあり

日本の国は意外とベンチャーが成功しやすい状況であるという。

日本は人口が少しづつ減少しているとはいえ、

マーケットはそれなりに大きいので、良いアイデアさえあれば十分に

ビジネスになるだけのチャンスはあるようです。

というのも、日本はアメリカと比較して競争が緩いそうです。

市場の大きさはアメリカの4分の1くらい、競争の激しさは

10分の1くらいであるらしい。

自由の国アメリカには、ビジネスでも音楽でも全世界から才能が

集まってくるので、いくら死ぬ気で頑張っても、もう「運」が

ないとどうにもならない状態であるようです。

一方、日本は言語障壁もあるおかげで、アメリカのような状態

にはなっていません。

ですから、同じ努力をした場合に、アメリカよりも日本の

方がチャンスの土壌が残っており成功しやすいと言われて

います。

ベンチャーであれば、お客さんの志向が変化しても、柔軟に

対応できることが強みです。

それに引き換え大企業は、既存の顧客に縛られてしまうという

欠点があります。

将来、起業される夢をお持ちであれば、強い信念とアイデアを

生み出す柔軟な思考と行動力があれば成功が得られるかも

しれません。

posted by toshi at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。