2009年12月20日

売れない時代でも目玉商品のある店は強い

物が売れないと困窮しているデパートをはじめ専門店街では

クリスマスセールと年末商戦に力を入れています。

しかし、ユニクロだけは別格である。

創業60周年記念セールと銘打って、限定商品の割引セールを

実施し老若男女のお客でごったがえしています。

入店するなり、レジにはたくさんの商品を抱えたお客が長蛇の列を

なしておりびっくりしました。

特にヒートテックのインナーが相変わらず売れています。

母親らしき人がヒートテックのインナーを手に取り、息子用のサイズ

を探していた。

サイズが合わなければ自分が着るからこれでいいわと1500円の

ヒートテックのインナーを3着購入していました。

一方、無印良品はバーゲンをしてはいるものの、お客はパラパラで

あった。

ユニクロと違って生活雑貨や食品を扱ってはいるものの、一時の

勢いが感じられてならない。

中でも、衣料関係のデザインが魅力に欠けている印象があります。

要するにユニクロのような、ヒートテックを代表とする目玉商品が

見当たらないですね。

最近では、低価格を売り物にしているニトリのほうが、圧倒的に

客層が幅広く人の流れも多い状況です。

昼まえに、人気のパン屋さんに行ったのですが、一番人気の

カレーパン(150円)が揚げ立てと同時にあっという間に

売れてしまいます。

その数30ケでした。

店舗の外観もおしゃれなスペイン風で、コーヒーが無料でサービス

され、店舗内で買ったパンも食べられます。

というわけで、リピータ客が多いですね。

私も人気のカレーパン目当てのリピータの一人で、熱々の揚げ立て

カレーパンをコーヒーを飲みながら食べるのがたまらないのです。



posted by toshi at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。