2009年12月31日

今日は2009年の大晦日です

今日は2009年の大晦日です。

037a.jpg

昨日は大掃除や注連飾り(しめかざり)をとりつけたり、

買い物に行きました。

そして、今日は先祖のお墓参りに行く。

私はお墓参りをすると、なぜか心が落ち着きます。

今年は家のローンを10月に完済することができた旨を

お墓の前で報告しました。

私は父親からいつも借金だけはするなと

口すっぱく言われておりました。

ですから、必要性のない借金は絶対にしませんでした。

車は現金で買える範囲で、そして長く乗ります。

このライトブルーのフォルクスワーゲン・ビートルは、

女医さんから安く譲り受けて15年間乗り続けた。

beetle3a3.JPG

メルセデスも安くていいものがあったのですが、

メンテナンスが高くつくのでやめました。

人間には分相応というものがあり、

フォルクスワーゲン・ビートルは私にぴったりの車でした。

今はトヨタのパールホワイトのマークU100系で、

これも3年落ちの中古で10年近く乗っています。

点検はトヨタのディーラーでしっかり診てもらっており、

故障はまったくありません。

中古の車を買っているのは、「金持ち父さん、貧乏父さん」を

読んでそれを見習っているからです。

この方法は減価償却費が安く済むのでよい。

おっと、NHKの{ゆく年くる年」が始まっているので

この辺でペンを置くのではなく、キーボードから指を離します。

今年は、当ブログをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

来年もよろしくお願い申し上げます。



posted by toshi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスぐらいの惑星がやってくる!

宇宙はすごいですね!

下の写真でわかるように、フランスの国ぐらいの大きさの惑星が

地球に向かっているなんてびっくりします。

米航空宇宙局(NASA)によると、以前のデータでは地球に衝突する

確率は4万5000分の1だったが、最新のデータでは衝突の確率は

25万分の1にまで低下しているという。

posted by toshi at 11:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

今日は仕事納めでした

今日は仕事納めでした。

以前は日本酒やビール、ワインなどのお酒とスルメなどの

おつまみが出されて納会を行っていました。

最近は、飲酒運転が社会問題となってお酒を出すなど

の納会はすっかり姿を消してしまいました。

今は、お決まりの「いいお年を!」や「来年もよろしく!」

っていう風な感じで挨拶して退社します。

あなたの会社は、どういった感じの納会ですか。

それから、私の会社は毎年忘年会をしていません。

しないというより、誰かがお得意先の忘年会に出席するために

できないのです。

そのため、年が明けてから新年会を開きます。

今回の正月休みは、明日から5日間であるが、あっという間に

過ぎ去ってしまいそうです。

明日から休みといえど家の掃除をして、しめ飾りをつけたり

買い物に行ったりしなければならず、忙しい一日となりそうです。

posted by toshi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

愛情と感謝と尊敬の念を持っていますか

NHKスペシャル「坂の上の雲」を毎回観ていると、

秋山兄弟(好古と真之)や正岡子規、広瀬武夫といったこの時代の

青年たちは本当に親や兄弟などに対して愛情と感謝、そして尊敬の

念を持っているとつくづく感じます。

家が貧しくても、一生懸命に勉学に励み、親から仕送りをして

もらったわけではないが、ここまで大きくしてくれたという

感謝の気持ちを常に持っています。

一方、現在はというと、一部の青年が親や他人をかんたんに

あやめたりする事件が多くて悲しくなりますね。

時代背景が違うといってしまえばそれまでですが、

物質的には今の方がかなり恵まれています。

にもかかわらず、事件が多発しているのは甘えの構造が

蔓延しているからでしょうか。

原因は学校教育や親のしつけというものが大きく影響している

と考えられます。

私は親に対しては感謝や尊敬の念をしっかり持っているつもりです。

あなたはどうですか。

posted by toshi at 21:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

反省や分析をする習慣のある人は成功する

あなた今年、目標や誓いを立てましたか。

それとも目標や誓いなどといったものは立てなかった

という人もおられると思います。

私は目標を幾つか立てましたが、達成できたものとできなかった

ものがあります。

このため、来年も目標はしっかり立てることにしており、

そのためにいろいろと考えているところです。

「人間は考える葦」というパスカルの言葉があります。

たとえ、目標を達成できなくても、挫折しても、誓いを守ること

ができなくても自然発生的に考えるのが人間であります。

ただし、何事かを成し遂げるには、過去の失敗や挫折の

反省が大きなカギを握ります。

目標を達成できなかった時に、きちんと反省や分析をする

習慣のある人は成功への確率が高いようです。

posted by toshi at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

丹田呼吸法を身につけよう

人間が物事に集中することは長く続かないものです。

本来、続かないものを続けさせるには技術が必要であるという。

そこで、「丹田呼吸法」というものが効果があるようです。

これは、へそから指三本分くらい下の腹の奥に

臍下丹田(へそしたたんでん)と呼ばれる部分があります。

そこに意識を集中して肩の力を抜き、鼻から息を吸って

口からゆっくり吐き出します。

それを繰り返すうちに、気持ちが落ち着くそうです。

呼吸の仕方は、3秒吸って2秒間止め、10から15秒かけて

細く長く吐きます。

この呼吸法を2分間ほど行ってから、勉強や仕事にとりかかる

ことを習慣づけると体のスイッチが入りやすくなると

斎藤孝さんがおすすめしています。

集中力の長さは個人差があり、長い人でも30分位である。

ですから仕事にとりかかって20〜30分がたったら

机から立ち上がって軽くストレッチをし、もう一度

丹田呼吸法を行って仕事に戻ると効率が上がるようです。

posted by toshi at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

明日はクリスマス・イブです

今日のわが街は朝から小雨が降っていましたが、すぐに止みました。

空はどんより曇っていたが、風もなく寒さもあまり感じない

冬の一日であった。

午前中は買い物に出かけましたが、正月用品がずらりと並んで

いました。

そうそう、今日は今上天皇(きんじょう天皇)のお誕生日です。

お誕生日おめでとうございます!

明日は、いよいよクリスマス・イブです。

ただ、私はキリスト教の信者ではないのであまり関係はないのですが。

だからといって、仏教の信者ともいえないですね。

個人的には教会におけるミサの雰囲気はとても感じがいいと思っています。

  018a.jpg

小さな子どもさんがおられるご家庭は、クリスマスプレゼントが

大変ですね。

   
   
posted by toshi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

本日は冬至なり

今日は冬至ですね。

一年のうちで一番お昼の時間が短い一日だった。

夕食のおかずにカボチャを食べ、湯船には柚子を3個

浮かべて入りました。

本当は、柚子を20から30個くらい浮かべて入りたかった

のですが妻の「もったいない」の一言で叶わなかった。

034a.jpg
   
テレビニュースでは、銭湯が冬至の日のサービスで柚子をたくさん

浮かべた映像を流していましたが、とても気持ちよさそうでした。

最近、家から歩いて10分くらいの場所に銭湯が1軒あったのですが、

廃業して駐車場になってしまった。

時々、銭湯のような広いお風呂に入って気分転換できたのに

誠に残念である。

今では、大型の天然温泉施設があちこちにできているものの、

やはり昔ながらの銭湯が手軽でのんびりできてよかったですね。

あなたの街には、銭湯が残っていますか。

もし、銭湯に行かれるのであれば、日本タオルがいいですよ。

posted by toshi at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

時間を無駄づかいしてはいけません

今年もあと残りわずかである。

あなたは、勤務時間をフルに使って働いていますか。

ある人材派遣会社によると、平均的な会社員は勤務時間の

50%しか働いていないという。

残りの50%は、時間の無駄遣いをしているらしい。

遅めの出勤、同僚との無駄話、コーヒーブレイクをだらだらとる、

私用電話、新聞を読む、さらにネットサーフィンをするなどして、

時間を食いつぶしている。

また、平均的な社員は、仕事もなるべく楽しくて楽な作業を選び、

きつくておっくうな作業は尻込みするようです。

こういう考え方で仕事をしている人は、先が思いやられるそうです。

やはり、仕事というものは優先順位の高いものから片付け、

1分1秒を大事に使うように鍛錬すれば、みるみるうちに

頭角をあらわすことになると成功者が語っています。

posted by toshi at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

売れない時代でも目玉商品のある店は強い

物が売れないと困窮しているデパートをはじめ専門店街では

クリスマスセールと年末商戦に力を入れています。

しかし、ユニクロだけは別格である。

創業60周年記念セールと銘打って、限定商品の割引セールを

実施し老若男女のお客でごったがえしています。

入店するなり、レジにはたくさんの商品を抱えたお客が長蛇の列を

なしておりびっくりしました。

特にヒートテックのインナーが相変わらず売れています。

母親らしき人がヒートテックのインナーを手に取り、息子用のサイズ

を探していた。

サイズが合わなければ自分が着るからこれでいいわと1500円の

ヒートテックのインナーを3着購入していました。

一方、無印良品はバーゲンをしてはいるものの、お客はパラパラで

あった。

ユニクロと違って生活雑貨や食品を扱ってはいるものの、一時の

勢いが感じられてならない。

中でも、衣料関係のデザインが魅力に欠けている印象があります。

要するにユニクロのような、ヒートテックを代表とする目玉商品が

見当たらないですね。

最近では、低価格を売り物にしているニトリのほうが、圧倒的に

客層が幅広く人の流れも多い状況です。

昼まえに、人気のパン屋さんに行ったのですが、一番人気の

カレーパン(150円)が揚げ立てと同時にあっという間に

売れてしまいます。

その数30ケでした。

店舗の外観もおしゃれなスペイン風で、コーヒーが無料でサービス

され、店舗内で買ったパンも食べられます。

というわけで、リピータ客が多いですね。

私も人気のカレーパン目当てのリピータの一人で、熱々の揚げ立て

カレーパンをコーヒーを飲みながら食べるのがたまらないのです。

posted by toshi at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

日本はおもしろい国である

作家の五木寛之さんが雑誌でおもしろいことを書いていました。

明治以来、日本の知識人が恥部として忌み嫌うものに

神仏混淆(しんぶつこんこう)があります。

それを端的に示しているおもしろい事例があります。

ある地方で旅館の仲居さんが地鎮祭に出席したところ、

日頃顔なじみのお坊さんが神官の格好をして出てきたので

びっくり仰天したという。

そのお坊さんに理由をただしたところ、

「昔からやってるよ、こうでもしなければ食っていけない」

と言われ驚いたそうです。

それを聞いた五木寛之さん曰く、「日本はそういう国なのです」。

要するに日本の文化や思想というものは、いい加減というのか、

柔軟性といっていいのか分かりません。

東京の浅草寺の横には浅草神社があって、天皇家は神道ですが

歴代天皇の位牌を祀る菩提寺をもっているのだそうです。

しかし、最もいい加減さと不真面目さの代表が日本の結婚式では

ないでしょうか。

あなたもご存じのように、キリスト教の信者でもないのに教会や

教会風のイエス様の前で式を挙げます。

神父が祈りをささげ、新郎が新婦に結婚指輪をはめる儀式を

厳かにとりおこないます。

それも、神父が本物であればよいが、学生アルバイトが祈りを

棒読みしているケースがあるようです。

披露宴では、白無垢に文金高島田という具合に一変します。

ひょっとしたら、神前結婚式もついでに行ったということも

あり得ますね。

一体、日本の国はいつの頃から宗教意識というものが薄らいで

いったのでしょう。

参考 中央公論2009・2
posted by toshi at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

時間は誰にでも平等である

「願えば叶う」という言葉があります。

しかし、この言葉のもつ意味を勘違いしてはいけません。

それは願望さえもっていれば物事がその通りに成就することなど

あり得ないからです。

大切なのは、願望を目標に置き換え、その目標を長期と短期に

設定することです。

例えば「将来、会社の役員になりたい」とか「ゆくゆくは起業したい」

といった長期目標を漠然でもよいから立てることです。

次に短期目標は、いつ、何を、どこで、どのようにして、を意識して

具体的な内容にする必要があります。

そのためには、来年は会計を勉強する、英語を独学で毎日勉強して

みるといった具合にアクションプランを立てるのです。

そのためには、時間の使い方が重要であります。

一日24時間、一週間では168時間という誰にでも平等に

与えられた時間という資源があります。

この時間という資源を上手に使うことができれば、願いを叶える

一番の近道といえるでしょう。
posted by toshi at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

日本人はあまりにも休みすぎだ

日本人はあまりにも休みすぎだという人がおられます。

というのも、1年のうち休日が144日もあるらしい。

週休2日なので(年間52週として)、土日だけで104日

も休みがあります。

これに加えて合計15日ある国民の祝日やお盆休み、年末年始、

年次休暇を加えれば144日くらいになるそうです。

それは1.5日働いて1日休んでいる計算になると、

クレディセゾン社長・林野宏さんが語っている。

単なるサラリーマンでありながら、自分の会社のなかでしか通用

しないアマチュア・レベルの人材から、どこにでも通用する

プロフェッショナルなビジネスパーソンへ脱皮するには、

ハードなトレーニングは絶対欠かせないと指摘しています。

現在のように経済状況が悪化し、企業も目の前に難題が山積み

し、それを乗り越えなければならないと同時に、自分自身も長期的

な見通しも立てなければならない時代であることをしっかり認識

しなければなりません。

こうした観点から、休みの過ごし方を180度考え直すことが

今求められているようです。

posted by toshi at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

流れ星を見れるチャンスは大である!

今、流れ星を見ることができるらしい。

流れ星の名称はふたご座流星群といって、毎年12月14日頃に見る

ことができるようです。

このため、何度か家の窓から天空を見上げてはいるが、

一向に流れ星らしきものが現われません。

今日のわが街は雲が少し流れてはいるものの、星がパラパラと見る

ことができる天候なのでチャンスである。

天文家によると、今年はおおよそ14日の真夜中(15日0時)以降から

15日の真夜中前(日本時間)にかけて最も多くの流星が出現する

のではと予想しています。

ふたご座流星群は、私のように流星を初めて見てみたいという人に

お勧めであるという。

流星を見れる確率の高い理由のひとつは、流星数が多いことです。

ふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、・8月のペルセウス座流星

群と並んで「三大流星群」と呼ばれています。

4等星まで見えるような平均的な空で晴天に恵まれれば、1時間に

15〜20個の流星を見ることができます。

十分に暗い空ならば、より多くの流星を見るチャンスがあります。

また、ふたご座流星群の活動は数日間続くようですから、雨さえ降ら

なければ見れるチャンスは大いにありますよ。

posted by toshi at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

今の若者は結婚してもしなくてもいい?

今月の5日に内閣府が発表した世論調査の結果によると、

「結婚は個人の自由だから結婚してもしなくてもどちらでもいい」

と答えた人が70%にのぼっているという。

また、「結婚しても必ずしも子供を持つ必要がない」との問いにも、

42.8%が賛成と答えており、平成4年の調査開始以来過去最高と

なっています。

これまでも出生率の低下に関連するニュースは度々報道されてきま

したが、今回のように「結婚はしてもしなくてもいい」という回答が

70%を超えたのは初めてであるようです。

これは単に、「価値観の多様化」というような表現で片付けられる

ものではなく深刻な問題であると考えます。

posted by toshi at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

成功する人の共通は諦めないという姿勢

仕事や趣味でも、最後に花を咲かせる人に共通しているのは、

諦めないという姿勢です。

経営の神様と言われた故松下幸之助さんの名言に、

「成功の秘訣は成功するまで続けること」とあります。

結局、成功哲学というものは、絶対に諦めないことが一番である

と確信します。

英語の勉強でも「5000語覚えましょう」と言われると、

ほとんどの人は、無理であると諦めます。

しかし、1日に10語覚えることを毎日続ければ、

わずか1年半で足らずで達成できる目標です。

英語に限らず、何事も結果を信じて貪欲に努力を続けて

いけば実力は必ずついてくることでしょう。

posted by toshi at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

英語の習得にお金はかからない

英語を習得するにはどうすればよいか。

名の知れている英会話学校では、ずいぶんお金がかかるうえに、

時間も簡単につくれませんよね。

そんな人に是非お勧めなのが、NHKラジオの「実践ビジネス英語」

である。

この老舗番組は、前身の「ビジネス英会話」時代から、海外を

飛び回るビジネスマンに高い評価を得ているのです。

平日に時間がどうしても取れない場合は、日曜日に1週間分まとめて

放送されます。

また、ホームページを通じて聴き直すこともできます。

http://www.nhk.or.jp/gogaku/2008/english/business2/index.html

さらに、生の英語に接することができると英語学習者に定評があるのは

ラジオのAFN( American Forces Network=米軍放送網)である。

東京都福生市に横田スタジオ(AM810キロヘルツ)があり、

24時間放送されているからいつでも聴くことができます。

明治維新の時代には、英語の教材はほんの一部の人しか持ってなく、

福沢諭吉などは、英語の教材を借りて二日三晩、夜を徹してそれを

書き写して勉強したというから、すさましい根性である。

それに引き換え、現代ではありとあらゆる教材があり、やる気と

根性さえあれば、英語は必ず習得することができると確信します。

posted by toshi at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

時間は自分の意志でデザインすべき

貧富の差、学歴や能力の有無、容貌のよし悪し等々、

何もかも不平等に思える世の中です。

しかし、世の中がいくら変わろうとも、すべての人間に

平等に与えられているものがあります。

それは一体何なのでしょう。

そう時間である。

しかし、時間は無限ではありません。

1日は有限の24時間であります。

朝起きて、朝食を摂って、出社して仕事をする。

退社して帰宅、お風呂や夕食、新聞、テレビ、インターネット

等々、そして就寝といったパターンである。

このように1日のパターンを振り返ると、なぜか時間に

流されている感じでもあり、時間に使われているともいえます。

しかし、よくよく考えてみると、時間は使うものであって、

1日の時間は自分の意志でデザインすべきものなのです。

つまり、「時は金なり」。

時間を自分の意志でうまく使うことができれば、

仕事もうまくいき、収入も増え、生活に余裕ができ、

その活力が明日の仕事のエネルギーになるはずです。

posted by toshi at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

3カ月学習のすすめ

学習を継続するコツが3カ月にあるという。

社会人には、ふつう1カ月あたり100時間の自由時間が

あると試算されています。

単純に3カ月であれば、300時間になります。

この300時間という数字は、主な資格試験に合格できる

かなりまとまった時間であるらしい。

つまり、300時間分の学習が蓄積されるころが、学習効果

を実感できるからです。

たとえば、1カ月単位の目標設定では、自分の成長や成果が実感

できずに挫折してしまう。

また、1年間勉強を続けようと意気込んでも、飽きがきたりして

挫折します。

ですから、3カ月までなら、何とか継続できる限度です。

そして、そこで得た成功体験は次のモチベーションにつながります。

もし、一つの分野をものにできたら、次の分野に移るというのは

飽き対策にもなります。

このように3カ月単位の学習を継続することは習慣化の第一歩である。

かなりハードなことかもしれないが、このサイクルを継続すれば

年間4つの分野をある程度まで深めることができます。

先ずは、3カ月学習をぜひおすすめいたします。

posted by toshi at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

所得の低い人ほど肥満になっている

「貧乏人は食うものも食えないから骨と皮だけのようだ」

というのは昔の話だ。

しかし、時代は移り変わり、所得の低い人ほど肥満になっている

のではないかと言われている。

今、日本は世界的な経済危機の影響を受け、階層格差が一段と

ひろがっています。

それに伴い、所得の低い階層の体重も増加しているようだ。

なぜ、所得の低い階層が太るのか。

原因として挙げられるのは、ファーストフードやコンビニ食などの

食事が多いからである。

これらは原価を安く抑えるために、安いパーム油や高果糖コーン

シロップという合成甘味料が使われており、これが肥満を誘発

するらしいのです。

また、所得の低い層は、一般的に「面倒くさがり」の人が多い

と言われています。

運動もあまりしないし、料理もインスタントやレトルト食品で

済ませるという具合である。

特に若い人たちは、菓子パンやスナック菓子など、インターネット

やゲームをしながら片手で食べられるようなものを好んでいる。

つまり、箸やフォークで料理を食べることでさえ、面倒くさいと

思っているのです。

posted by toshi at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。