2009年11月30日

テレビドラマ「坂の上の雲」を見ての感想

きのう、NHK・スペシャルドラマ「坂の上の雲」第1回放送を

見ました。

私は司馬遼太郎の原作も読んでいますが、

テレビドラマの「坂の上の雲」も新鮮な感じで見ることができました。

なにしろ、制作費が20億円規模というからすごい。

特に軍艦の引き渡し式のシーンは、びっくりしました。

本物の軍艦を走らせているような感じで、VFXやCGを駆使しての

技術は素晴らしいとしかいいようがありません。

また、少年時代の秋山好古(よしふる)が、薪を割る場面で福沢諭吉

の「学問のすすめ」を手にしていたが、学問で立身出世を夢見る

若者に感激した次第です。


posted by toshi at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

母親が子どもに勉強を教えてはいけない?

母親が勉強を教えるのは、あまりよくないらしい。

というのは、母親が勉強を教える場合、

「あなた、どうしてそうなるの!」とか、

「本当にバカじゃない!」、

「どうしてわからないの!」といった具合に、

つい言ってしまいがちです。

これらは、子どもに勉強を教えてあげるときに、

絶対に言ってはいけない言葉です。

子どもがこういう言葉をうけると、

男の子なら「どうせ僕はダメなんだ」と

深く傷つけることになるし、

女の子なら「何も生んでくれなんて言っていない」

などと反発して、陰険な関係に発展しかねません。

一方、父親は一般的に子どもを客観的にみることが

できるため、教えるのに適しているようです。

母親であっても、子どもの疑問点を冷静に分析し、

そのレベルに合わせた教え方ができれば問題はありません。

何事も短気は損気と言われるように、子どもに対する言葉の

発し方には十分気をつけてください。

子どもといえども一人の人間であり、上手に導いていくのが

親の役目であるからです。
posted by toshi at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

デジカメで写真を撮る楽しさを味わう!

季節は晩秋から冬に移行している段階ですが、

街の街路樹がとても美しいですね!

ついついカバンからデジカメを取り出して、写真に撮っておきたい

衝動に駆られる今日このごろです。

003a1.jpg

今、女性の間では写真を趣味にする人が増えているようです。

理由はデジタルカメラが急速に普及して、簡単にパソコンに

取り込んでブログなどに利用できるからです。

アナログカメラであれば、写真屋さんに現像してもらうなどして

手間がかかり、コストも高くつきます。

その点、デジカメであれば1日に何十枚撮っても、気に入らない

ものは削除し、気に入ったものだけを写真にしたり、CDなどに保存

したりできるので大変便利である。

004a.jpg

また、写真を撮る利点としては、感性も高めることができます。

普段であれば、見過ごしがちな落ち葉や犬や猫などのしぐさを

しっかり観察したり、何かおもしろい撮影ポイントがないかと

いう探究心も育まれるのです。

このように、写真を撮る楽しさを味わうことで、嫌なことを忘れ

たり、ストレスを解消できれば毎日の生活に充実感が生まれる

と確信します。
posted by toshi at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

デフレ経済は借金を減らして現金を増やす

デパートの売上も下がっているが、スーパーの売上も11か月連続

で下がっているようです。

デパートはともかく、スーパーについては食料品などの生活必需品

が主であるから、買い控えをしているとは考えにくい。

おそらく、昨年の物価高から一転してデフレによる価格下落が

売上減少の大きな原因であるようです。

ユニクロや島村のような低価格で売上を伸ばしているものの、

従業員の賃金は上がっているのでしょうか。

また、大型スーパーなどの衣料品コーナーなどでは店員さんの数が

極端に少なく、徹底的にコストダウンを図っているようです。

そうすると、雇用面での需要創出も小さくなるばかりです。

先ず、デフレで一番気をつけなければいけないのはローンです。

給料やボーナスが下がるのに、組んだローンの返済額は下がりません。

つまり、給料に占めるローンの割合がデフレ経済においては大きく

なります。

このため、デフレ下においてはローンを減らすことを最優先すること

が一番です。

銀行にお金を預けても、金利は0.2%しかつきませんが、

現金そのものの価値は確実に上がるのがデフレ経済です。

金利は低いものの貯金はしっかりして、現金を少しでも増やすこと

が賢明です。

デフレ経済で最も大切なのは、「借金を減らして現金を増やすこと」

ということを肝に銘じておきましょう。
posted by toshi at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

年賀状の準備をしていますか

今日から、年末ジャンボ宝くじが売り出されました。

東京西銀座の有名な宝くじ売り場には、早朝からユニクロの

バーゲンセール並みに大勢の人が億万長者の夢を求めて列を

なしたそうです。

また、クリマスイブまであと1カ月になりました。

ところで、あなたは年賀状の準備をしていますか。

今は、手書きで年賀状を書く人は少なくなりました。

印刷屋さんに依頼したり、自分でパソコンを使って作成する人が

大部分であるようです。

たたし、年賀状で一番気をつけなければならないのは、

賀詞の書き方です。

賀詞には最低限のルールというものがあって、好きなものという

わけにはいきません。

一般的に多いのは、

・明けましておめでとうございます

・新年おめでとうございます

・新春のお慶びを申し上げます

・謹んで初春のお慶びを申し上げます

・謹んで新春のご祝詞を申し上げます

・謹賀新年 = 謹んで新年をお祝い申し上げます

・謹賀新春 = 謹んで新しい年をお祝い申し上げます

・恭賀新年 = うやうやしく新年をお祝い申し上げます

・恭賀新春 = うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます

英語の場合  ・Happy New Year= 新年おめでとう

※ A Happy New Year = よいお年を (年が明ける前に使うので、
年賀状では Aをつけません)

特に、目上の人に年賀状を書くときは、一文字の寿や福、

2文字の迎春や賀正、新春などは丁寧さに欠けることでタブーであります。

相手が目下・友人の場合は1文字や2文字の賀詞で構いません。

目上に人には、

・「謹賀新年」「恭賀新年」など4文字の賀詞

・謹んで新春のご祝詞を申し上げます

・謹んで初春のお慶びを申し上げます

などの丁寧な賀詞が無難です。

相手を選ばず使える賀詞は、

・明けましておめでとうございます

・新年おめでとうございます

・新春のお慶びを申し上げます

・Happy New Year= 新年おめでとう

などで、相手が目上の場合でもよいそうです。

年賀状は、以上のことを注意して、今から早めに準備しておくと、

あとが楽ですよ。

posted by toshi at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

ユニクロの「ヒートテック」は冬の風物詩

昨日はユニクロが創業60周年ということで、保湿性にすぐれた肌着

「ヒートテック」を600円、男性用靴下を1足10円で限定販売した

そうですね。

今や「ヒートテック」は、冬の風物詩になっており、全世界で5000

万枚の販売目標を掲げています。

そして、ユニクロ銀座店では早朝から2000人の行列ができたと

いうから驚きです。

あなたはこういう場合、その行列に並びますか。

私は、あきらめまーす。

今、日本の経済は100年に一度の大不況といわれ、物は安く、

お金も回らないというデフレスパイラルに陥っています。

物が安いのはいいことですが、反面、労働者の賃金は低く抑えられま

すので痛しかゆしです。

不景気の中でも快進撃をつづけるユニクロ(ファーストリテイリング)

は、2020年に売上高5兆円を目指しています。

世間では「一人勝ち」と言われているが、

「経営は砂上の楼閣と同じ、過去の小さな成功にしがみつこう

としている限り本当の成功などありえない」と、

ユニクロの柳井正社長は現状満足の愚を説いている。
左斜め下
成功は一日で捨て去れ 柳井正著
posted by toshi at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

勉強の基礎は生活と遊びで鍛える

 055a.jpg

ふだんの生活の中で子どもにどう働きかけるかで、基礎学力に

差が出るという考え方があるようです。

例えば、子どもが言い訳をするときに、しかって黙らせるのでは

なく、しっかり言い訳をさせます。

子どもに言い訳をさせることによって、話の筋道を立てて話す力が

付き、話す語彙(ごい)も増えるという。

ただし、親が論理的に話すことを心がけなければなりません。

つまり、親の影響力というものが大であり、論理的に話せる親の

子どもは論理力がすぐれているようです。

テレビのニュースやクイズ番組を親子で見ながら、

難しい言葉でも、徹底して語り聞かせることによって、

国語力が自然に身につくようです。

車で出かけるときも、子供を助手席に座らせ同じ風景を眺めながら

語り聞かせます。

例えば、子どもから「あれは何?」と聞かれた場合は、論理的に

丁寧に答えてあげることが大切です。
posted by toshi at 19:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

CD離れが急加速している

今年に入って国内音楽市場が縮小傾向であるようです。

音楽ソフトの国内出荷金額は、前年に比べかなり減っているという。

また、国内レコード会社の収益を支えてきた音楽配信の成長も

頭打ちの状況である。

ということは不景気が影響しているのだろうか。

しかし、9月に発売されたザ・ビートルズのリマスター盤

ボックスセットなどは3万5800円という価格にもかかわらず、

アルバム換算で250万枚に迫る売れ行きだそうです。

また、マイケル・ジャクソンの[THIS IS IT]も映画公開の影響で

売れている。

こうした経緯から、魅力的な楽曲を生み出せていないことが一番の

問題ではないかと関係者は分析している。



posted by toshi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

人前で家族を自慢しない

家族について人前で自慢する男がいますが、よくありません。

また、人前で家族をけなすことはもっとよくありません。

これは家庭内でお互いに不満があることを露呈しています。

そのような不安定な身のうえで、生活していたのでは仕事がうまく

いきません。

決して家族を甘やかしてはいけないが、家庭内で問題が起こったり、

自分が責められたりする事態になっても暴言を吐いてはいけません。

男は一家の大黒柱であり、一家を支えていく責任があります。

社会的に立派な地位にある人でも、個人的な生活が乱れていたら、

人間的に失格であります。

posted by toshi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

世界で通用するベンチャー企業が育っていない

第2のソニーやホンダを育てようと、日本国はいままでベンチャー

企業に対する支援策をとってきたが、成果は上がっていません。

世界で通用する日本企業が誕生したのは、1920年代から1940

年代が大半で、それ以降はほとんど誕生していないという。

一方、米国ではマイクロソフトやグーグルなどの新興企業が台頭し

経済を牽引しています。

それにひきかえ、日本国は戦前の遺産で生きているようなものです。

みなさん知っています?

いま日本国は1年間に、エネルギーと資源で22兆円、食糧は6兆円

も輸入しています。

つまり28兆円のお金を稼がなければ日本国は生きていけないのです。

しかし、残念なことに現状は自動車と電機で支えられている。

近い将来、「グリーンニューディール」がすすめば産業構造がガラリ

と変わります。

いまハイブリッド車が普及しつつありますが、さらに電気自動車が

普及すれば部品の4分の3が置き換わると試算されています。

これから産業構造が転換する中で、日本国が生きていくには技術力で

外貨を稼ぐ独創的なベンチャー企業を早急に生み出さなければならない

状況です。

参考 NIKKEI BUSINESS 2009.11.9
posted by toshi at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

人脈づくりの達人

「人脈づくりの達人」といえば、藤巻幸夫氏である。

藤巻氏が大切にしているのが、手書きの手紙と年賀状である。

相手の懐に飛び込み、人間関係を構築していくうえで、

なくてはならないものであるという。

はがきという小さなスペースに、どれだけ自分の強くて深い

思いを相手に込めることができるかが、重要である。

それは、ビジネスシーンという重要な場面においても、

大きな意味を持ツールであると、藤巻幸夫氏は教える。

藤巻幸夫プロフィル[ウィキペディア]
 左斜め下
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%B7%BB%E5%B9%B8%E5%A4%AB
posted by toshi at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

秋の夜長はバイオリンの音色で読書する

秋も深まり、あちこちで桜やケヤキ、銀杏などの葉が色づいています。

家の近くの公園でも、御覧のように落ち葉が地面に散らばって、色彩がとても美しい。

014a.jpg

秋は、芸術の季節です。

今日の「情熱大陸」は、バイオリニスト宮本笑理(えみり)さんです。

知っている方もおられると思いますが、世界的オーボエ奏者で知られる
宮本文明さんの娘さんです。

CDジャケットの写真をご覧のようにたいへん美しい。

51SJrVIBpxL__SL500_AA240_.jpg
dream(初回生産限定盤)(DVD付)

2007年のデビュー以来、瞬く間にクラシック界のアイドルと
なっています。

NHK大河ドラマ「天地人」や「THE世界遺産」などのテーマ曲
のほか、ドラマ「のだめカンタービレ」や数々のCMにも出演する
など、今最も注目されているヴァイオリニストの一人です。

秋の夜長、美貌のヴァイオリニストが奏でる美しい音色を聞きながら
の読書も結構いいものですよ。

posted by toshi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」

005d.jpg

今日NHKテレビで、司馬遼太郎原作「坂の上の雲」の予告番組が
放映されていました。

この「坂の上の雲」は司馬遼太郎さんが10年の歳月をかけて書き
上げたという長編大作であります。

今までも、映画化の話が何度も持ち上がっていましたが、時代背景
のスケールが大きすぎて立ち消えになっていたのです。

この小説をNHKがテレビ制作するという話を聞いて私はびっくり
しました。

四国・伊予松山出身の秋山兄弟が日露戦争で活躍するドラマである。

乃木希典や東郷平八郎といった歴史上の人物がたくさん登場します。

ただ私は、この「坂の上の雲」を読んで幻滅した軍人がいます。

たぶん、あなたもこの小説を読んでみればわかると思います。

小説を読み進めていくうちに、自分も軍服姿で馬にまたがってみたい
という衝動にかられるから不思議です。

NHKテレビ11月29日(日)スタート!

スペシャルドラマ「坂の上の雲」 http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/
ダイヤ NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラック


posted by toshi at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

墓マイラーって知っていますか?

最近、街歩きを趣味として、その途中で作家や芸術家、歌舞伎役者、

映画俳優、軍人などの著名人が眠るお墓を巡って、その故人の足跡に

思いをはせる「墓マイラー」という人が増えているようです。

かっては、映画スターや歌手などのお墓に熱狂的なファンが主に

参拝していました。

最近はウオーキング人気も手伝ってか、街歩きが趣味の中高年に

加え、若者や家族連れの姿が目立つようになってきたという。

しかし、一般参拝者との違いは、必ず案内マップやガイド本、デジカメ

を手にしていることが挙げられます。

現代のストレス社会を反映してか、心の癒しを目的とした人が多く、

先人たちとの見えない心の対話で安らぎを持ちたいという想いが

あるのでしょう。


posted by toshi at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

勝間和代「リフレ論」がネットで大反響

今、もっともブレークしている勝間和代さんの影響力というものは

大きいですね。

経済評論家および公認会計士でもある勝間和代さんが、民主党政府

に通貨の大量発行でデフレを克服する「リフレーション」を実施

するようにプレゼンしたという。

これについて、ブログなどのネット上で賛否両論が沸き起こって

いるようです。

勝間さんの訴えは、雇用改善のための大胆なデフレ克服策で、

日銀が大量の国債を買い取ることで、通貨発行量を大幅に

増やしてインフレを呼び込むというもの。

反対派の意見は、勝間さんのインフレ政策を実行するともっと

デフレになってしまう。

日本は少子高齢化で潜在成長率が低くなっており、結果的に

低金利になって通貨を大量発行しても物価の下落は抑えられない

という意見である。

勝間さんがこの大胆な政策を考えたのは、1929年の世界恐慌後

に、同様な政策で深刻なデフレを克服した高橋是清蔵相の影響が

あるらしい。

勝間さんはこのプレゼンに先立って、よく利用しているツイッター

上で、政策への署名を募ったという。

特設アカウントをフォローしてもらう形で募り、わずか1日で

2300人以上もの署名が集まったというからすごい反響である。

分かりにくい金融政策について、多くの人からこれだけの関心を

集めるのは異例のケースであるようです。

posted by toshi at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

いぜん厳しい経済状況です

今日は、11月も中旬にさしかかろうとしているのに、

蒸し暑い1日でした。

デパートなどの商業施設では、早くもクリマスツリーの

飾りつけをしています。

新聞やテレビなどのニュースによると、景気の悪化で冬の

ボーナスは昨年に比べどこも減額されるようです。

あのトヨタも、ホンダ、BMWにつづき、今季かぎりでFIから

撤退するというありさまで、いぜん厳しい経済状況です。

最近、ユニクロでヒートテックのインナーを購入するために

店を訪れたのですが、相変わらず盛況であった。

客層もおじさんやおばさん、母親、若者、男、女というように

幅ひろいことが、ユニクロ一人勝ちといわれる理由では

ないでしょうか。
posted by toshi at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

マイナスな気持ちをユーモアに変える

何となく元気がないときや、悲しい気分になったとき、

あなたはどうやって気分転換していますか。

タレントの清水みちこさんは、仕事柄、他人から見られることが多い。

それをヤダーって思ったらストレスになるから、ジロジロ見る人

がいたら、こちらから手を振るくらいの気持ちでいるという。

マイナス感情というものは、まわりに伝染し、いい結果を生まないし

、自分を疲弊させてしまうので、極力、機嫌よくしているそうです。

イライラしたときには、意識的にピアノを引くという。

清水みちこさんといえは、弾き語りのモノマネが得意である。

幼いころからピアノがそばにあって、一度聴いた曲をピアノで

コピーするのがうまかったという。

ピアノを弾くことで、気分がとてもよく、嫌なことをぜーんぶ忘れ

てしまうのだそうです。

また、ピアノがそばにないときは、鼻歌をうたっているという

から、気分転換の方法をたくさん持っているユーモアで陽気な

女性タレントである。

posted by toshi at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

格好よすぎる指導者が日本一になった!

今年6月17日の記事で「格好よすぎる指導者に部下はついて

いかない?」を書きました。
http://potipoti3.seesaa.net/article/121712478.html

その記事の中で、某コラムニストがこのように書いています。

部下心理がわからないのが、巨人の原監督だ。

最近、ますます格好をつけるらしい。

決定的な例として、選手交代のときベンチから半歩乗り出し

5本の指を目いっぱいに開く。

そして、その手を主審に突き出し、交代を告げる。

その姿が長嶋茂雄そのままで、それをファンも選手も嫌うのだ。

だから、「原監督を胴上げしたい」という声が聞こえてこないのだ。

と、この某コラムニストが書いている。

しかし、今年の結果はどうでしょう。

見事に「格好よすぎる指導者」が日本一の栄冠を勝ち取って

しまったではないか。

何度も繰り返して言うようですが、何事も一面的にとらえて、

可否を述べたり、判断してはいけません。

勝負の世界は、格好がいいとか、悪いとかの問題ではなく

結果がすべてなのです。
posted by toshi at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

ゴジラがモーツァルトで眠りにつく

今日の日経新聞「春秋」で、ヤンキースの松井秀喜が

取り上げられていました。

新聞によると、松井秀喜ことゴジラがモーツァルトを

聴きながら眠りにつくのだそうです。

人は見かけによらず、松井秀喜は小学生の頃、ピアノの

レッスンを受けていたというから意外である。

ゴジラは、今期限りでヤンキースとの契約が切れ、

去就が注目されています。

今回の大リーグ・ワールドシリーズでMVPに輝いたのですが、

どうなるのでしょう。

松井にとって一番不幸だったのが、レフトの守備で手首を

骨折したことと、ひざの故障です。

これによって、走れない守れないということで、ヤンキースが

契約更新をしないと言われている。

すでに、ヤンキースの来年のカレンダーには松井の写真は

掲載されていないのだそうです。

松井自身はヤンキースもニューヨークも好きだが、

契約は別物であるとコメントしている。

こういう心境の時は、モーツァルトのどういう曲を聴いて

眠りにつくのでしょうか。



posted by toshi at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

異性や同性に興味を持たれない人は魅力なし

この世の人間社会には男と女しかいません。

イタリアの男性は、女性と見ると甘い言葉で言い寄るのを、

女性に対するエチケットと心得ているといわれています。

日本人から見て、イタリア人男性は行き過ぎであると思われる

かもしれませんが、その意気込みは見習うべきであります。

特に女性に対する接し方は、イタリア式にストレートではなく、

日本式に「粋」に接することがよいそうです。

女性はおしゃれをして楽しもうとする「女心」があり、

その琴線にふれることを考えなければいけません。

古いタイプの男性は、自分を前に押し出すばかりであるから、

女性からみれば、単に利己的な男と見なされます。

つまり、女性の考えていることに波長を合わせていくことが

必要であり、そういう繊細さのない男は、女性から相手に

されません。

男であれ女であれ、異性に興味を持たれない人は、

同性にとっても魅力のない人に映るようです。
posted by toshi at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。