2009年09月29日

問題の先送りは将来のマイナス

ダイエットは「明日から」という言葉があるように、

人間は目の前のことを重視しすぎて、問題の先送りを

する傾向にあります。

問題の先送りは、将来にマイナスの結果をもたらすことに

つながります。

その顕著な例として記憶に新しいのは、自動車最大手の

ゼネラルモーターズ(GM)の破綻ではないでしょうか。

GMの破綻は、車が売れないことに加え、退職者の年金と

医療費負担が重すぎたことが一つの理由である。

赤字を垂れ流しても、労働組合は福利厚生を減らすことに

妥協しなかったのです。

それは、労働組合側が先を楽観しすぎて強硬だったのです。

経営陣としても、給与を上げてくれと言われれば、人件費

が高くなって利益が減るので拒否できたが、年金を上げてくれ

ということに対しては将来のことだからと甘く考え、問題の

先送りをしてしまったのです。

GMがずっと成長していれば問題はなかったのですが、

停滞してしまい、重い負担となって破綻してしまったのです。

このようにGMという巨大な企業といえども、問題の先送りは、

必ず将来に大きなマイナスの結果となってのしかかるのである。

これを教訓に、私もあなたも問題の先送りをしないことが何より

も賢明であると考えます。


posted by toshi at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

ビジネスモデルが転換期を迎えている

ビジネスモデルそのものが転換期を迎えているといわれる。

にもかかわらず、いまだに旧来型ののモノづくりに固執している

わが日本国である。

もちろん、モノ作りは日本の強みであるのだが。

しかし、それは過去の世代が築いた遺産である。

優秀な労働力を使って、大量に品質の高い製品を作ってきた。

メード・イン・ジャパンが世界を席巻したのも、

それを支える人口があったからである。

しかし、その労働力はもうすぐ大幅に減少します。

これからの日本は、安く作る競争よりも、新たなものを生み

出すことに重心を移すことが求められています。

今の日本は、成功体験が長く続きすぎたゆえに、現状を

維持することだけしか知らず、、変わるための方法を忘れて

しまったのです。

今のままではダメだと分かっているが、変われない。

そこに日本国の閉塞感の原因があるのかもしれません。

posted by toshi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

背番号3番は永久に不滅です

   mr3-1.JPG

今日、NHKスペシャル「ONの時代」を先週に引き続いて

見ています。

私は、子どもの頃から背番号3番が大好きでした。

いまでも、背中に3番を入れたTシャツを着ているほど

愛着があります。

上の写真の左手には、ゴルフボールは写っていないが、

いつも握力を鍛えるためにゴルフボールを握っていたと

語っている。

一般的に、ミスタージャイアンツ長嶋茂雄は天才であると

言われているが、いやはや、努力のかたまりみたいな人である。

それでいて、ファンの前ではそんなそぶりを一度たりとも

見せなかったことはよく知られています。

足が速く、守備は華麗で、ここぞという時に打ってくれるのが

長嶋茂雄であり、空振りの三振をしても絵になる男であった。

ミスターが現役の時、私の住んでいる街には春と秋の

オープン戦で必ず観戦することができました。

「4番サード、長嶋」のアナウンスだけで、観客の大歓声が

湧き上がっていたのは、後にも先にもミスターだけであろう。

私は子ども心にも背番号3のユニフォームを着た長嶋茂雄の

澄んだ眼と、ジャンピングで白球を投げる格好いい姿を

今でもしっかりと記憶にとどめています。

   mr3nagashima.JPG

今、私はミスターが監督を引退してからは、野球を見ることは

少なくなりました。

メジャーリーグはよく見ますが、日本球界ではミスターの

ような魅力あるスタープレイヤーがいないことが一番の理由である。


 
posted by toshi at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

会社が順調だからといって安心できない

こんばんは、トシです。

みなさん、お元気ですか。

いま、「松下幸之助が学んだこと」を学習しています。

会社がいつも順風満帆で、安定的に発展していくことは、

まことに望ましいことです。

しかし、そこに落とし穴があります。

そういう状態にあると、社員は知らずしらずに温室育ちに

なってしまうもの。

最近では、GMやJALといった大企業においても知らずしらず

のうちに温室状態に陥っていたと推察します。

幾多の困難があって、その困難におびえず、それを喜んで迎えて、

そしてそれを切り抜けることを前向きに取り組んでいる会社は、

永遠に発展していくものであるという。

そうした会社の社員は常に筋金が入っている。

ですから、会社が順調にいっているからといって、安心して

いると、とんでもないことが起きてしまう時代であると

再認識するばかりです。

明日は日曜日ですので、ゆっくりと体を休めたり、体を

鍛えたり、読書をしたり、趣味に没頭したりできるといいですね。

posted by toshi at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ありがとうは魔法の言葉である

こんばんは、 トシです。

5日間のシルバーウィークも、あっという間に終わって

しまいました。

ただし、明日の金曜日をしのげば、土・日が休みであり、

精神的には楽ですね。

そうした中でも、自営業やデパート関係などのサービス業に

携わっている方は、そうはいきません。

今回のシルバーウィークも、仕事に従事されていたことと

思われます。

こういう時の言葉かけは、「本当にご苦労さまです」というよりも、

「お疲れ様です」と言ったほうがいいのでしょうか。

「ご苦労さまです」と声をかけると、「私は苦労なんかしていません」

と言う人も実際におられるようですから。

また、「お疲れ様」と声をかけると、「私は疲れてなんかいない」

とオウム返しのような感じになってしまうから、日本語は難しい

ですね。

英語であれば、「OK!」や「Thank you]などの少ない

言語で事足りるが、日本語はそうはいきません。

日本語で、相手に対していちばん不愉快な印象を与えない言葉は、

何といっても、「ありがとう」という以外にはないでしょう。

「ありがとう」という言葉は、もっとも美しく、人間の心に

やさしい響を与える魔法の言葉であるからです。

posted by toshi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

ケチと呼ばれる人は合理的に行動する

企業ではなく、個人が利益を上げるために、

「売り上げを増やす」ことと、「費用を減らす」ことを考えた

場合、どちらが楽に実行することができるだろうか?

「売り上げを増やす」には、本業で収入が増えるように

努力して出世するとか、土・日にアルバイトをして稼ぐといった

方法があります。

しかし、これでは時間と労力を要することになり、くたびれます。

また、「主婦でも株で月20万円」や「ネットビジネスで

月30万円」、「アフリエイトで寝ていてもお金がガッポ

ガッポ」みたいな情報がたくさんあるが、実際に行動を起こして、

かつ成功するには、かなりの努力と運を必要とします。

世の中そう甘くはありません。

てっとり早く利益を出すためには、「費用を減らす」ことを

考えるほうが賢明である。

食費を減らす、あまり遊ばない、安いお酒で我慢する、

車を持たない、家も安いところに住むなど・・・。

常に、「費用を減らす」ことを実践すれば、必ず利益が出てきます。

世間では、このような暮らしをする人を「ケチ」と呼びます。

一般的に、ケチな人は否定的な目で見られがちですが、

「利益を出す」という一点においては、もっとも合理的に

行動している人間であるといえます。

さて、あなたならば、「売り上げを増やす」ことと、

「費用を減らす」ことのどちらを選択されますか?

参考 「さおだけ屋はなぜ潰れないか」(光文社新書)

posted by toshi at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

日本人の資質が変わってきた

こんばんは!シルバーウィークもいよいよ明日一日を残す

のみとなりました。

あなたは、休みをどのようにお過ごしになられていますか。

何だか、5日間の休みもあっという間に終わりそうです。

ニュースによると、行楽地の観光客はどこも多くのにぎわいを

みせており、売り上げもふだんの5割増しの所もあるようです。

私はお墓参りと、あとは近場で遊びに出かけたり、音楽を聴き

ながら本や雑誌を読んで過ごしています。

きょうは、石原慎太郎さんと勝間和代さんによる対談で、

二人がおもしろいことを話されています。

石原さんは、「日本人の資質が変わってきたような感じがする。

以前の日本人であれば、誠実で馬鹿正直なところがあったが、

今は、みんな小賢しく、要領よくなってきた」 と述べている。

この言葉の意味するところは、褒めているのか、貶(けな)して

いるのかわかりません。

すかさず、勝間さんが、「ストリート・スマート」という耳慣れない

言葉を発しました。

要は、学問や知識よりも世間知や実践力を重視するという

意味である。

具体的な例として、テレビゲームの裏ワザを知って、最短距離で

クリアするように、リスクを取らずに進むのがいいと思っている

節があるようです。

とくに、いまの若い人は情報を持ちすぎていて、勘違いや思い違い

をしなくなったと石原さんはいう。

また、思い違いをしないと成長もなく、その典型的な例として

失恋をしなくなったと指摘する。

勝間さんは、いまの若者は失恋する前に交際をやめてしまう傾向

があると分析する。

石原さんは、こう付け加える。

自分の容貌や経済力を計算して、あの女性は俺の手にとどくランク

じゃないと判断したら、声もかけない。

したがって、失恋して死ぬか生きるかなどと、悩むこともない

というから、現代の若者は本当に痛ましいですね。

一度、「嵐が丘」とか「風と共にに去りぬ」、「哀愁」といった

恋愛小説を徹底して読んでみてはいかがでしょう。

ちなみに、私は本を読んではいないが映画は観ましたよ。

参考 「文芸春秋」2009年4月号

     嵐が丘―改訳 (角川文庫)
51tsK6atutL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA240_SH20_OU09_.jpg

posted by toshi at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

二宮金次郎像を知っていますか

kinjirou.JPG

この石像(コンクリート像と思われる?)は、二宮尊徳というより、

二宮金次郎といったほうが一般的によく知られています。

あなたは、二宮金次郎像を知っていますか。

たぶん、若い方で知っている人は少ないと思われます。

私は、たしか小学校の校舎の前庭に、二宮金次郎像が建っていた

ことを、おぼろげながら覚えています。

戦前は銅像が多かったらしいのですが、第二次大戦中の金属供出

によって、大部分がなくなったようです。

戦争が終わってから、残った台座の上に、新たに銅像やコンクリ

ート像などがつくられたという。

しかし、二宮金次郎が薪を背負ったまま本を読んで歩いたという

事実が確認できないことと、児童が二宮金次郎像の真似をすると

交通安全上問題があることから、1970年代以降、校舎の立替時

などに徐々に撤去され、像の数は減少してしまったそうです。

では、どうして二宮金次郎像が建てられたのでしょうか。

「ウィキペディア」によると、二宮金次郎が薪を背負いながら本を

読んで歩く姿に関する記述は、1881年発行の」報徳記」で

初めて現れる。

ただし、薪を拾って売り、その金で勉学をしたのは事実だが、

本を読んでいるような姿で実際に歩いていたという事実はない

とされる。

その報徳記を基にした幸田露伴著の「二宮尊徳翁」(1891年)

の挿絵で、はじめて薪を背負って歩く姿の挿絵が使われた。

確認されている最初のこの姿の像は、1910年に彫金家の岡崎雪聲

(おかざき せっせい)が東京彫工会に出品したものである。

1904年以降、国定教科書に修身の象徴として二宮金次郎が

取り上げられるようになったのです。

今日、二宮金次郎について知り得たことは、神奈川県小田原出身で

あることと、農業に励み荒地を復興、小田原藩の武家奉公人として

才能を認められ財政の立て直しに成功しているなどである。


二宮尊徳(1787〜1856)

註、修身(しゅうしん)とは、身を修めることを意味し、

日本において教育勅語発布から第二次世界大戦までにおける、

小学校と国民学校で設けられた教科のことである。


posted by toshi at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

子どもは早寝早起きの習慣を!

朝晩が大変涼しくなってきましたね。

昨日から5日間のシルバーウィークに入っていますが、

今月もあっという間に過ぎ去ってしまう感じがします。

最近は、雨が少なくプラタナスなどの街路樹は

なぜか元気がなさそうです。

これから、秋の夜長になって、ついつい夜更かしを

してしまい、朝起きるのがつらくなります。

日本の子どもは、世界の中でも異常なほど寝る時間が

遅い傾向にあります。

イギリスやドイツでは、3歳前後の子どもの約3割が

夜7時頃に寝ているようです。

日本では3歳児の約半数が、夜10時以降に寝ていると

いう調査報告があるようです。

睡眠は体の疲れを取るだけでなく、脳を休めるという大きな

意味があります。

子どもにとって、夜10時から午前2時は体の調節や成長に

必要なホルモンの分泌がピークになるゴールデンタイムである。

ですから、子どもがこの時間帯にぐっすり眠っている状態が

一番大切なのです。

まず、早寝するためには、「早起き」から始めるのが、

習慣付けしやすく効率的です。

夜更かしした翌朝や休日の朝は、ゆっくりと寝ていたいという

気持ちはわかります。

しかし、朝はいつもの決まった時刻に早起きすれば、その夜は

早く寝るようになります。

これを繰り返していくことで、早寝早起きの生活リズムの

パターンが自然と整ってきます。

共稼ぎをしている家庭にとって、夜に家事をしたり、子どもと

過ごす時間を充実させることが大切かもしれないが、なるべく

早寝をさせましょう。

また、小さなお子さんが昼寝をしてしまうと、どうしても

寝る時間が遅くなります。

幼児期で昼寝が必要な場合でも、午後3時ごろまでで切り上げた

ほうがよいそうです。

posted by toshi at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

西郷隆盛はやさしさと情けが魅力の人だった

[西郷どん」こと西郷隆盛は、あの体型や鹿児島弁から連想

されるように、強くてたくましいイメージがあります。

しかし、おいどん西郷隆盛は「情けの人」そのものだった。

数学者の藤原正彦さんは、西郷のことを「惻隠(そくいん)の人」

と表現しています。

それは自分を慕う旧武士への過剰な惻隠(そくいん)が命取り

となったからです。

それを証明する例として、犬をとことんかわいがるとか、

下男を一度も怒らなかったことからしても判ります。

これは西郷隆盛の「敬天愛人」思想からきたもので、

天を敬い、それと同じように人を愛せということです。

このように西郷隆盛の並はずれたやさしさは、ここから

きているのです。

ただ、やさしさだけではありません。

「祖国が侮辱されたら、たとえ国が滅んでも義を通せ」

というくらい、迫力の持ち主でもありました。

あの傲慢なイギリスのパークス公使もアーネスト・サトウも

西郷にぞっこんであったという。

そして、誰でも西郷に会うと30分ほどで魅せられたそうです。

西郷どんは、決して饒舌ではなく、どちらかといえば寡黙である。

それなのに、みな惚れてしまうというからすごい。

そして、最後はあまりにも可愛そうな結末であった。

西郷は、自分が行った廃藩置県のせいで路頭に迷った旧武士が、

自分を神様のように慕う意気と熱意にほだされ、勝ち目のない

西南戦争に臨んだのです。

そこに西郷の魅力である「弱さ」が出たのである。

当時の明治天皇が、西郷の死にショックを受け、1週間もご飯を

食べられなかったと言われています。

このように天皇までも魅了してしまう西郷隆盛は、

情にほだされやすい弱さがあったものの、人間味が魅力の偉大な

人物だったのです。

もし、タイムスプリットできれば、ぜひ、会ってみたい人物の

1人です。
posted by toshi at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

福沢諭吉「学問のすすめ」がお薦めである

41JxEYDGqGL__SL500_AA240_.jpg
学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

今、「学問のすすめ」がお薦めである!

福沢諭吉の

「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ人ノ下ニ人ヲ造ラズト云ヘリ」

という一節はあまりに有名である。

最後の句の「云ヘリ」は、現代における「云われている」

ということで、この一文のみで完結しているわけではない。

ただ、この有名な言葉は福沢諭吉の言葉ではなく、

アメリカ合衆国の独立宣言からの引用であります。

この引用に対応する下の句とも言える一文は、

「サレドモ今広クコノ人間世界ヲ見渡スニ、カシコキ人アリ、

オロカナル人アリ、貧シキモアリ、富メルモアリ、貴人モアリ、

下人モアリテ、ソノ有様雲ト泥トノ相違アルニ似タルハ何ゾヤ」

である。

つまり、

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言われている。

人は生まれながら貴賎上下の差別はない。

けれども今広くこの人間世界を見渡すと、

賢い人、愚かな人、貧乏な人、金持ちの人、身分の高い人、

低い人とある。

その違いは何だろう?それは甚だ明らかだ。

賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。

人は生まれながらにして貴賎上下の別はないけれどただ学問を

勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、

無学なる者は貧人となり下人となるのだ」という事である。

引用 Wikipediaより

福沢諭吉の原書はご存知かと思いますが、文語体で書かれており、

読んでもなかなか内容が理解できないのです。

今回お薦めしたいのが、斉藤孝さんがわかりやすく現代語に

訳している「学問のすすめ」はとても分かりやすいのです。

この本には福沢諭吉のような明治維新の時代に生きていた人物は、

身分制度にすごく疑問を持っていたのがわかります。

そして、この考え方が基礎となって、大正デモクラシーが起こり

日本型の民主主義が花ひらいたといわれています。

しかし、この本を読んで、ただ明治の人はすごかった、で終わった

ら発展はありません。

今の時代、米国経済が崩壊したからといって、単純に日本のシステム

がいいなんてという考えが起こりがちです。

これでは、何の発展ももたらさないので、今一度自分自身の

足元を固める意味においても、「学問のすすめ」をお薦めします。

5161R5KHTSL__SL500_AA240_.jpg
学問のすすめ (岩波文庫)
posted by toshi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

人間は状況妄動型であってはならない

人間は状況妄動型であってはいけないと稲盛和夫さんが語る。

状況妄動型とは、自分がこうしたいと思っても、

社会情勢、経済情勢などから、すぐに実現困難であると

諦めてしまう人のことをいいます。

一方心の奥底からこうありたいという強い願望を持った人は、

環境がどんなに厳しくても、その実現をめざし行動していきます。

その努力の過程で、自分が求めているものや創意工夫が

生まれてくるのです。

同じ厳しい環境におかれても、状況妄動型の人は、

状況が悪いことを理解し、その結果自分の願望が思うように

ならないと悟るだけである。

「状況は我に利あらず」と理解したときに、

自分の願望を捨てる人と、その瞬間から気持ちを切り替えて

次の行動にすばやく移す人の違いです。

人生において、素晴らしい歩みをしていく人と、

そうではない歩みをしていく人の違いは、ここにあると

稲盛和夫さんはするどく指摘しています。

参考 稲盛和夫著「心を高める、経営を伸ばす」(PHP文庫)
posted by toshi at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

クレジットカードを上手に利用しょう!

クレジットカードといえば、買い物だけに使うものと

思っていませんか。

最近、クレジットカードは買い物以外にも、

さまざまなものに利用できるようになっていますよ。

たとえば、電気代がカードから落ちるようになっているし、

水道料金も、東京都水道局や横浜市水道局などが

カード払いできるようになっています。

ほかにも、NHK、WOWOなどの放送料金、

プロバイダー料金、固定電話代、携帯電話代、

新聞購読料、タクシー代、ガソリン代、病院の支払いなど、

すべてではないが、カード払いできるところが増えています。

今年の2月からは、なんと、国民年金も、

クレジットカードで払えるようになりました。

これからは、現金よりもカード払いのほうがお得かもしれません。

なぜなら、カードで支払うと、ポイントが貯まるからです。

しかも、最近では、カードで貯まったポイントを、

電子マネーと交換でき、買い物に使えるカードも増えているのです。

UCカードや三井住友カード、ソニーファイナンスカード、

ANAカードなどはEdyと交換できるし、

ヤフーカード、ビックカメラカード、JALカード、

ビューカードなどはスイカと交換できます。

とはいえ、カードを持っていると、

ついつい無駄な買い物をしてしまうというデメリットもあります。

当面は、公共料金など目的のはっきりしたものだけに

利用すると便利であり、クレジットカードのメリットも生かせる

のではないでしょうか。


posted by toshi at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

子どもに伝えたいきれいな日本語

子どもが何を言い表すにも「かわいい!」とか「ダメ」

ばかりでは、つまらないですね。

今のこどもは、親が思う以上に言葉を知らない

といわれています。

ゲームやテレビばかりに熱中して、本を読むことが

なおざりにされていることも一因であるといわれる。

基本的なあいさつや自分の気持ちを表わす言葉、

季節を感じられる言葉を、これから親子でしっかりと

使いこなすことでボキャ貧から脱しましょう!

自分の気持ちを表わす言葉

@穏やかAうれしいBすがすがしいC楽しいD恋しい

E晴れ晴れF切ないG心細いH恥ずかしいIむなしい

J歯がゆいK気まずいL痛ましいM情けない

相手の様子を表わす言葉 

@頼もしいAたくましいB勇ましいCけたたましいDりりしい

EつつましいF賢いG優しいH和やかI朗らかJ思いやりのある

あいさつ言葉

@おはようございますAこんにちはBこんばんはCおやすみなさい

D行ってきますEただいまFお帰りなさいGさようなら

Hお先に(失礼します)Iお元気でJ気を付けてKまたね

L初めましてMよろしくお願いしますNごめんください

OいただきますPごちそうさまQありがとう(ございます)

RこちらこそSどういたしまして

はげまし言葉

@大丈夫だよAドンマイB気にしなくていいC頑張って

Dもう一息だEその調子

お願い言葉

@お願いしますA今、大丈夫?B○○してくれるとうれしい

Cすみませんが

いたわり言葉

@ご苦労さまAお大事にB頑張ったねCお疲れさま

断り言葉

@ごめんねA今はダメだけど後でB結構ですC間に合っています

誤り言葉

@ごめんなさいA許してくれる?BすみませんC次は気を付けます

このように「きれいな日本語」はたくさんあります。

また、話す相手によって丁寧に話したほうがいいのか、

少しくだけた言い方でも大丈夫なのかどうかを子どもに考えさせ、 

臨機応変に話せるように指導しましょう!

例えば、親、兄弟には「おはよう」、

祖父母や先生など目上の人には

「おはようございます」。

「さようなら」の場合、目上の人には「失礼します」、

友達には「またね」あるいは「バイバイ」というように

使い分けることを教えましょう。

注=ボキャ貧とは、語彙の少ないさま。またはそういった人のこと。

参考 日経kids+2009年5月号
posted by toshi at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

自分が間違っているという前提に立ってみる

ひょっとして、自分の考えが間違っているかもしれないという

前提に立つと、自分と違う意見を持っている人は貴重な存在に

思えるから不思議です。

何故かというと、自分が間違っていることをいろいろな視点から

指摘してくれる可能性があるからです。

日本人は一般的にディベートが苦手といわれ、どうしても自分

と意見の違う人とは、ただ喧嘩をして、それでおしまいという

パターンが多いようです。

特に学者といわれる人たちがそうした傾向が強いようです。

意見の相違は、むしろ判断するための情報が増えるので、

双方にとってプラスになり、そう考える方が生産的である

と思います。

また、情報量という観点から考えると、失敗を気にすること

はなく、失敗した方が得るものは大きいと自覚することです。

やたら成功すると、今までと同じことをするハメになり、

これでは情報量が増えたことになりません。

しかし、失敗すれば、「なぜ失敗したのか」を考え、そして

新しい情報が手に入り次につながります。

誰もが新しいことを始めると、大抵失敗します。

これはその人に能力がないからではなくて、初めは情報がない

から失敗するケースが多いのです。

これからは、今までの成功体験が通用しない新しい時代に入って

いくといわれています。

言い換えれば、基本的にみんなが失敗する時代である。

致命的な失敗になる場合には引き返したほうがいいときもあるが、

失敗を恐れずに新しいことに大いに挑戦して、そこから何かを

学びとっていくことが求められています。
posted by toshi at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

ザ・ビートルズのデジタルリマスター盤が話題に!

ザ・ビートルズの全オリジナルアルバムを高音質化させた

デジタルリマスター盤が本日世界同時発売され、CDショップに

大勢のファンが詰め掛けて話題になっている。

NHKのニュース9でも、ビートルズのリマスター盤について

取り上げていました。

あるビートルズファンは、BOXセットとアルバムCDをバラで

14枚購入していました。

バラの分にはCDケースに帯がついているのが購入理由であった。

音は、旧CDと比べるとリマスター盤の方がクリアーであるという。

旧CDをあらためて聴くと音がこもっており、ビートルズがやや

離れた場所から演奏しているような印象をうけ、リマスター盤は

間近で演奏している感じであるらしい。

いづれにしても、このリマスター盤の作成には、あの有名な

アビイロードスタジオで4年間も費していることからもわかるよう

に音質はすぐれているようです。

61SZmClTxHL__SL500_AA240_.jpg
アビイ・ロード

51Sd5hzXiML__SL500_AA240_.jpg
ザ・ビートルズ・ボックス
posted by toshi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

ザ・ビートルズの名曲「エリナー・リグビー」

カーラジオ(FM)をつけると、いきなりザ・ビートルズの「エリナー・

リグビー」が流れてきた。
http://www.youtube.com/watch?v=FxyJLxV0_-8&feature=related
久しぶりに「エリナー・リグビー」を聴いて感じたのですが、

いい曲というよりも、すばらしい作品であると表現した方が

ぴったりである。

この作品は、1966年に発売されたシングル盤B面(A面は

イエローサブマリン)とアルバム「リボルバー」に収録されている。

アルバム「リボルバー」のジャケット
61ROMHK80bL__SL500_AA240_.jpg
リボルバー

この作品の特長は、ポールのボーカルに4本のヴァイオリン、

2本のビオラ、2本のチェロといったストリングス(弦楽器)を

用い、ポップなメロディーを緻密に仕上げた作品である。

録音にはジョン・レノンとジョージ・ハリスンの二人がコーラスに

参加しているが、リンゴ・スターは参加していません。

この曲のタイトルはある店の名前を使用し、レコーディング当日

まで歌詞が未完成だったと言われているが、いろいろな説がある

ようです。

私は、どのジャンルの音楽も聴きますが、クラシックにも興味を

もつきっかけとなったのは、ポール・マッカートニーの影響が

大きいのです。

冒頭の「エリナー・リグビー」をはじめ、「イエスタディ」 、

「ミッシェル」、「フール・オン・ザ・ヒル」、

「 シーズ・リーヴィング・ホーム 」、「レット・イット・ビー 」

など、いわゆるビートルズ・クラシックと呼ばれる作品の多くは、

ポールが手がけているからです。

もちろん、ジョージ・マーティンによるアドバイスや編曲の

すばらしさもあります。

また、この「リボルバー」に収録されているジョン・レノンの

「アンド・ユア・バード・キャン・シング」も大好きであるが、

レノン自身はこの曲の出来に不満足であったと言う。

あなたはビートルズがお好きですか?

もし興味があれば、このビートルズのアルバム「リボルバー」を

明日、9日に発売されるリマスターCDで、お聴きください。

61ROMHK80bL__SL500_AA240_.jpg
リボルバー

51Sd5hzXiML__SL500_AA240_.jpg
ザ・ビートルズ・ボックス

posted by toshi at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ビジネス書が売れているのは何故だろう

最近、文芸書や小説はあまり売れていないらしく、ビジネス書が

売れているようです。

よくよく考えてみると、小説の主目的はエンターテイメントである。

しかし現代では、インターネットや携帯電話、ゲームなどの

エンタメものが多種多様にあり、かつ競合するものが多くなって

きたことが売れない理由と言われています。

本来、小説は楽しむために読みます。

それに対して、ビジネス書は楽しむために読む人は稀で、

必要性があるから読まれているのでしょう。

このようなことから、社会情勢や経済状況が不安定で、小説を

読む暇も余裕もなくなってきているのかなと考える次第です。

私自身も小説よりビジネス書を読むほうが圧倒的に多いと

自覚しています。

皆さんはどうですか。
posted by toshi at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

手帳を上手に利用していますか?

あなたは手帳を上手に利用していますか?

大体、手帳というものは、主にスケジュール管理で使っている

人が多いと思われます。

最近は、インターネットでスケジュール管理をする人も少なく

ないようです。

しかし、手帳はいつも身近にあって、1日に何度も見るのが

当たり前である。

その手帳に自分が必要な情報がすべて詰め込まれておれば、

ほかにノートやメモ帳は必要ありません。

手帳の便利さは、スケジュール管理はもちろんのこと、本を読んで

すぐに書き留めておきたい言葉、記録しておきたい数字、

記憶しておきたい出来事など、そのすべてを書きたいときに

書くことができるのです。

ただ、手帳の利用の仕方も、人によってさまざまだと思いますが、

どうすれば手帳をうまく使いこなせるのか、一度、研究してみる

ことをお勧めします。



posted by toshi at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

自分で考えるから人は成長できる

活字離れが叫ばれて久しいですが、現代でも、読書の資質が

ある子どもはたくさんいます。

現代の子どもはゲーム、携帯電話、インターネットなどの

遊びの選択肢が多くなり、つい他のことに目がいってしまい

がちです。

「そういう意味では、私の時代のほうが読書的には恵まれて

いたかも。ゲームもパソコンもなく、娯楽といえば本を読む

ことしかなかったのです」と浅田次郎氏は述懐する。

読書のよさは、娯楽であると同時に考えさせられること。

テレビゲームや携帯メールをやっている最中は楽しいと思うが、

それは刹那的なものであって、深く思考しているわけではない。

そして、後で反省させられることもない。

活字を追っている間は、いろんなことを考えるし、読み終えた

後も、印象に残った部分を思い出してはまた思考する。

これが読書の最大の価値なのです。

まして人間は考えて成長していくものであるから、本に

親しんで育てば、表層的な人間にはならないでしょう。

逆に、どんなに勉強ができたからといって、人間的に成長する

わけではありません。

現在の大学受験偏重型の学問は、ある範囲内で与えられたこと

を理解するだけの勉強になり、考える必要がないのです。

子供の頃に民話を読めば、お地蔵さまの目が赤くなるのに

どういう意味があるのだろう、津波から逃げ遅れた人はどう

なったのだろう、などと様々な疑問が湧くはずです。

こうして受験勉強のようなお仕着せではなく、自分の頭と

心で考えるから人は成長できるのです。

参考 文芸春秋2007年1月号
posted by toshi at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。