2009年07月31日

ねんきん定期便はしっかりチェックしておきましょう!

4月から、社会保険庁より「ねんきん定期便」が送られている

ことをご存知ですか。

すでに4月から7月生れの方は届いていると思われます。

よく、「ねんきん特別便」と混同している人もいるようですが、

「ねんきん特別便」は、消えた年金などを照合するために、

社会保険庁より一回限りで送付されたものです。

今回の「ねんきん定期便」は、毎年、定期的に誕生月に送付

されてきます。

この「ねんきん定期便」は、正しい年金記録がチェックできる

だけでなく、標準報酬月額もチェックできるようになっています。

標準報酬月額とは、働いてもらった給料の平均値です。

厚生年金に加入していたすべての期間の、毎月の標準報酬月額、

賞与額、保険料納付額を見ることが出来ます。

たとえば、あなたの月給が30万円なのに、年金記録が20万円

と間違った金額で申告されていたら大変ですよ。

年金保険料は、あなたが現在もらっている給料に応じて徴収されて

います。

万一、まちがった少ない保険料しか払っていないことになって、

そのまま気づかなければ、後々損をすることになります。

ですから、見ておかしいと思ったら、すぐに問い合わせをしなければ

いけません。

そのほか、年金に加入している期間、年金見込み額、年金加入履歴

などもチェックできます。

ちなみに、もらえる年金見込み額は、50歳以上の方には加入した

実績に応じての見込み額を知らせています。

50歳以下の方は、その時点で、年金に引き続き加入し続けた場合

の数字を、推計して載せています。

ただし、この見込み額は、あまりうのみにはしないほうがいいかも

しれません。

なぜなら、金額の算出に使っている数字自体がかなり甘くなって

いるので、将来的にはねんきん定期便に書かれているほどの年金額

をもらえないかもしれません。

年金は、最低でも25年間加入していないともらえません。

特に専業主婦の方は、第三号被保険者の届け出をしてないと、

将来、もらえないケースも出てくるので、この際、しっかりチェック

しておいたほうがいいですよ。



posted by toshi at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

人の幸せを願う習慣を持ちましょう

あなたは、人間関係というものをうまく利用できていますか。

人よりも早く成功する人は、やはり人間関係というものをうまく

利用しています。

お金に結びつくいい情報やよいチャンスにめぐり合えるのは、

たいていの場合、人間関係を介してやってくることが大であります。

「あいつは信頼できる人間である」と、周りの人の口コミが

広がってくると、成功の道を半分は行ったのと同じです。

また、つき合う人をたくさん味方にできれば、あなたが目標とする

成功への道がぐーんと近くなるでしょう。

人と付き合うことで一番に心がけることは、あなたが接するすべての

人に、豊かさと幸せがもたらされることを願うことです。

「この人と出会えて自分はなんと幸せなんだろう」とか

「この人に幸せと豊かさがたくさんやってきますように」と、

心の中でつぶやきます。

そして、その人と別れるときにも同じことを心の中でつぶやきます。

このように人の幸せを願う習慣を持つことで、不思議に人間関係が

うまくいって、よいことが自分に返ってくるようです。

よいことの習慣を持つ人は、顔の表情までもが人を引き寄せる雰囲気

を漂わせています。

しかし、このような行為ができる人というのは、よほどの人間好きか

自らの心が満たされていないと、なかなかできるものではありません。

おそらく、成功者の多くは、このようなことを当たり前のように実践

されていることと思われます。



posted by toshi at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

うまくいかないことを人のせいにするなかれ

自分がうまくいかないことを、人のせいにする人が

いますが、これは決してしてはいけないことです。

これって、自分ではわかっていながらも、

ついつい人のせいにしてしまいがちです。

しかし、人のせいにしていいことは一つもありません。

人のせいにして、うまくいかなかったことが、

うまくいくようになるのであればいいのですが、

世の中そんなに都合よくいきません。

それどころか結局、自分自身がみじめになるだけです。

たとえば、寝坊したとき奥さんに「早く起こしてくれって

いったじゃないか」とか、逆に奥さんが「私が幸せになれない

のは、あなたのせいよ」と人のせいにすることが多々あります。

あなたもこのような心あたりはありませんか。

人のせいにする人は、たいてい感情的で、心が子どものまま

である人が多いようです。

つまり、精神的にも物質的にも自立できていないので、

こういう人は、決して人生の成功者になれません。

逆に、心が満たされている人は、「人のせいにする」など

ということは絶対にしません。

「人のせいにする」という行為は、グチをこぼしていると

捉えられるからです。

ある賢人がこのように述べています。

グチをこぼすような人に成功はありません!
posted by toshi at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

グーグル・ムーンで月面探索遊びをしてみよう!

人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ11号が、今年で40年を迎える

という。

これを記念して、デジタル地球儀の「グーグル・アース」を提供して

いる検索最大手の米グーグルが、月面版の無料配布を始めることに

なりました。

これまでアポロ計画などで撮影した写真を張り合わせた平面地図の

「グーグル・ムーン」をすでに提供していたが、これとは別に

立体地図として構築したものです。

これによって、まるで自分が月にいるように感じられ、月面の旅を

自在に楽しめるようになります。

たとえば、アポロ計画のときの着陸地点や活動経路も地図上に

記されており、自分で地点を拡大したり、高さを変えたりして、

遊ぶことができます。

この地形データは、月探査機「かぐや」が取得したものを活用して

います。

米グーグルからデータ提供を打診された宇宙航空研究開発機構

(JAXA)は「かぐやの成果、普及につながる」と無償提供を

決めたという。

これを利用するにはグーグルのウェブサイトから専用ソフトを

ダウンロードする必要があります。

http://earth.google.co.jp/moon/index.html
posted by toshi at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

素読は子どもの五感をフル稼働させる

ある小学校では素読に力を入れています。

毎日授業を始める前に、5分間だけ素読を続けています。

それも古典の一節をいっせいに声をそろえて読んでいます。

素読の目的は、声を出して正確に読ませる。

ただし、低学年のうちは意味をあえて教えず、ただ読んで

終わりである。

親からみれば、意味もわからない古典を何度も読ませて、

何のメリットがあるのかと疑問を持ってしまいます。

しかし、教師によると古典は言葉の意味を知ることだけが

理解の範囲ではないという。

文字の形や配列、音に出したときの余韻やリズムなど、

視覚的、聴覚的にとらえ、その美しさを感じとる心を育てたい

という狙い(ねらい)があるようです。

また、漢字には、ふりがなを振ってはいけないらしい。

理由は、字の形をしっかり見てほしいからです。

素読は、目で読み、声に出して、自分の耳で聞くことが基本である。

まして素読は、子どもの五感をフル稼働させるので集中力が

つきます。

また、スラスラと読めないので、自然としっかり聞かなければ

いけないという姿勢になります。

子どもたちの反応も、読むのがおもしろいとか、いろいろと想像

するのが楽しいという声が寄せられています。

子どもたちは素読を通して、文字への興味や先人たちの考え方に

興味や疑問を持ち、それらを調べてみたいという探求心も養われる

のではないでしょうか。
posted by toshi at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

老若男女が皆既日食に興奮!

昨日の皆既日食は、日本国中の老若男女が5、6分の天体ショーに

一生懸命に見入っていましたよ。

私もそのうちの一人で、部分日食とはいえ興奮してしまいました。

パンチで穴をあけた名詞を、太陽に向けて焦点を合わせたところ

三日月の陰が地面に写し出されました。

当日は、梅雨空で雲が多かったこともあり、あまり日差しが強くなく

くっきりとはいかなかった。

しかし、三日月の形は確認できたので満足である。

ある開業医の女性看護士さんたちが、仕事の合間に黒いレントゲン

フィルムを手にかざして観察するさまは、ほほえましい光景でした。

私も、とりあえず同僚の日食グラスを借りて三日月を見ることが

できました。

悪天候に見舞われた悪石島のように真っ黒にはならなかったが、

わずかに薄暗くなって気温が下がったことは身をもって実感する

ことができました。

せわしく鳴いていたせみが、この時間に限って鳴き声がやんだという

から不思議ですね。

ほかにも、いろいろな現象が起きたようです。

NHKのクローズアップ現代で放映されていた、北硫黄島沖の洋上を

航行する客船「ふじ丸」からの映像は美しい皆既日食であった。

太平洋上の360度の大パノラマの夕日がすばらしくきれいで、

この船で観測されていた人たちは、感極まっていましたね。

ちなみに、この洋上観測ツアーは、兵庫県立大学が企画し、

5泊6日で料金は13万8000〜112万5000円であった。

天体ショーと豪華客船の組み合わせが注目を集め、昨年5月の販売

初日にすべて完売になったというから人気の程が伺えます。

20日午後に兵庫県の姫路港を出港し、乗客乗員515人が1日半

かけて北硫黄島沖に到着したといわれます。

NHKの神田アナも仕事とはいっても、まるでバカンス気分の

ような感じでありましたよ。
posted by toshi at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

皆既日食は真昼に星が見えます

明日22日は、日本の陸地では46年ぶりに太陽が月によって

ぜーんぶ隠れてしまいます。

真昼が夜のように暗くなり、星も見えるというからおもしろいですね。

また、普段見られない太陽から吹き出すコロナ、プロミネンスなどを

肉眼で観測できるとともに、ダイヤモンドリングも見られ、神秘的な

天体ショーとして多くの地球人を魅了します。

国立天文台によると、日食の観察には目に有害な赤外線などを

カットする日食グラスが必要だとのこと。

短時間であっても太陽を直接見るのは危険と注意を促しています。

このように皆既日食は非常に珍しく、地球上の同じ位置で皆既日食が

見られる確率は、三百数十年に一度と言われておりビックリである。

しかし、今回の皆既日食は屋久島、種子島南部、トカラ列島、

奄美大島北部、喜界島でしか見ることができず、まことに残念です!

皆既日食はインド東部から始まり、中国の武漢・上海といった

大都市を通り、日本のトカラ列島では午前11時前に、

北硫黄島付近では11時半ころに見ることができます。

太陽が三日月のように欠けて見える部分日食は日本全国で見られます。

午前10時前から太陽が欠け始め、大阪では最大で太陽の直径の

82%が、東京でも75%が月に隠されます。

大阪で太陽が8割以上欠けるのは昭和33年以来で、51年ぶりで

あるという。

次に日本国内で皆既日食が見られるのは、26年後の2035年

9月2日です。

その時の月の陰になる地点は能登、富山、長野、前橋、宇都宮、

水戸が対象となりますよ。

部分日食(あえて皆既日食とは言わない)で、おもしろい観察方法が

あります。

名刺の真ん中に事務用品のパンチで穴を開けて、日食が開始される

と同時に穴を開けた名詞を地面から程よい高さにかざします。

それによって、名詞の穴を通して地面に太陽が欠けていく様子が

見られるそうです。

子どもさんや時間に余裕のある方は、是非ためしてください。

☆☆☆
金環日食 2010年1月15日 西日本を中心に部分的に欠ける

部分日食 2010年6月 2日 北日本を中心に見える

金環日食 2012年5月21日 

日本ではトカラ列島、屋久島、種子島、九州地方の一部、

四国地方の一部、近畿地方南部、中部地方南部、東海地方の大部分、

関東地方の大部分、東北地方南部で観察可能である。

その他の地域では部分的に欠ける。
posted by toshi at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

ハイブリット車のデザインに魅力なし

今、プリウス(トヨタ)やインサイト(ホンダ)などのハイブリット車

が好調な売れ行きで推移している。

反面、ほかの車種はあまり売れていない状況といわれています。

ハイブリット車が売れている理由は、何といっても燃費が

ガソリン1リットル当たり30km以上も走ることと、販売価格が

200万円以下に抑えたことが消費者に受け入れられたからです。

もちろん、環境問題に配慮していることも一因であります。

ただし、エンジン音があまりにも静かすぎて目の不自由な方や

高齢者において問題が発生しています。

この問題については、技術的に解決されるものと思われます。

それにしても、プリウスとインサイトのデザインはよく

似ていますね。

ハイブリットにすると、技術的にあのようなモッコリとした形に

せざるを得ないのでしょうか。

私としては性能はともかく、デザイン的にはどうしてもほしいと

いう魅力が感じられません。

たとえば、フランスの名車であるシトロエンDSのような

デザインであれば、私はすぐに飛びつきますよ。

796px-1974_Citroen_DS23_Pallas-2.JPG

このシトロエンDSは、以前ソニー・サイバーショットのCMで

使われた車種です。

帽子をかぶった紳士のおじいさんが、磨きぬかれた黒いシトロエンDS

に乗ろうとしているシーンです。

このときのシトロエンDSの強烈な印象は、私の目に今でも焼きついて

います。

posted by toshi at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

夏休みは子どもに「論語」を読ませよう!

子 曰はく
 し  い  
           
学びて時に之を習ふ
          これ

亦説ばしからずや
またよろこ

朋あり遠方より来る
とも            きた

亦楽しからずや
またたの

人知らず而して慍らず
ひとしら   しこう   いか

亦君子ならずや
またくんし

ご存知かと思いますが、これは論語の1節です。

論語は、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、

弟子達が記録した書物であり、「孟子」「大学」「中庸」

と併せて儒教における「四書」の一つに数えられます。

また、西の聖書、東の論語と言われるほど奥の深い書物

と言われています。

最近、脳科学者によって文章を声に出して読むとき脳が活発に

働いていると解明されています。

なかでも論語は、文体にリズムがあるので

読んでいて気持ちがよく歌のように覚えやすいのです。

このようなことから、この論語を授業に取り入れている

学校もあるようです。

子どもに論語を10分間ほど素読させることによって、

集中力が高まるといわれます。

たとえ、意味や読みの内容がわからなくても、くり返し

読むうちに、子どもは美しい言葉や韻(いん=言葉のひびき)を

耳から記憶していきます。

ここで気をつけなければいけないのは、

知識として教えるのではなく、あくまでも声に出して読む

楽しさを実感させることが大切ですよ。

これを継続しているうちに、知っている言葉から子どもなりに

意味を類推(るいすい)するようになります。

この類推力を養うことが最高にいいのです。

そのうえで意味を聞かれたら教えましょう。

今日から、夏休みです。

子どもは、大きな可能性を秘めています。

それを愛情をこめてうまく育ててやるのが父親と母親の義務

であり役目でもあるのです。

 
posted by toshi at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

何事も先送りをしないことが大切である

自己管理において大切なのは、先送りをしないことであります。

たとえば、自分があまり乗り気でないものや

苦手なものを、ついつい先送りしてしまうことはありませんか。

そういう時にはすかさず、「今すぐやれ、今すぐやれ」と

口に出してみることです。

言葉を口に出すことによって、実行しなければならない

焦点が定められ、先送りをしょうとしたものを、

最優先事項で取り組む姿勢に戻れるからです。

大事なことをを優先して、わき目もふらずに取り組めるように

自らを鍛え上げていくことが、あなたのやる気のエネルギーを

高めることになります。

逆に、どこかの国の首相のように先送りばかりしていると、

結局、墓穴を掘ることになります。

そうならないためにも、、先送り癖のある方は、しっかりと

自己管理を行い改善しなければ失敗を招くことになりますよ。

posted by toshi at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

倹約の習慣は億万長者の第一歩

ゼロから億万長者になって成功した人の共通点は、

倹約の習慣を身につけている人が多いという。

億万長者の成功者は、1円でも100円でも絶対に粗末には

扱わないものです。

また、資金の運用においても最新の注意を払います。

また、ものを購入するにしても、

中古品でこと足りるのであれば、わざわざ新品を買わない

のです。

たとえば、どんなに性能のいい車が発売されたからといって、

すぐさま買わないで、2年ほど様子をみるという。

新車の大半は、購入してまもない期間で車の価値が20%

くらいも下がるといわれます。

2年もたてば30〜50%も価値が下がります。

この時点ではまだ性能がよく、信頼できる整備士にしっかり

見てもらったうえで、問題なければ購入します。

そして、その車を5〜10年も大切にして乗れば、

相当な倹約になるのです。

このように、倹約の習慣を身につけることが億万長者の

第一歩であることは間違いありません。
posted by toshi at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

他人と異なる挑戦が新しいものを生む

米国の象徴であったGMは実質的に経営破綻し国営化されました。

これらによって、米国経済は大きなダメージをうけ存在感を

示さなくなっています。

しかし、そういった状況下でありながらも、

アマゾン・ドット・コムやグーグルなどは、新しいビジネス

モデルで世界に事業を広げているようです。

もともと米国の風土というものは、他人と異なったことに

挑戦し、新しい事業を生み育ててきたのです。

それがいつの間にか、金融工学を駆使して他人より稼ぐことが

脚光を浴びてしまい、その結果、一連の金融危機を招いて

しまったのです。

このため、米国の経営者の間では経営を正常化しようという

動きが出ています。

今、ハーバード大学で、最も留学生が多いアジアの国は

中国であるという。

2番目は韓国、3番目に日本となっています。

ここで特筆すべきは、日本人は数が少ないうえに、自分の意見

をあまり語らないので、存在感が薄まるばかりであるという。

かたや中国人留学生は、積極的に自分の意見をしっかり主張する

らしい。

そして、米国で学んだ中国の人材が帰国して、米国式の挑戦する

文化を自国で開花させようとしているのです。

また、インドも同様であるという。

一方、日本はどうなんでしょう。

製造業中心、輸出偏重の経済構造が頭をもたげています。

今後、アマゾン・ドット・コムやグーグルなどのように、

他人と異なる新しい事業を生み出すことができるのかどうか

が最大の課題であると考えます。
posted by toshi at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

夏休みに囲碁や将棋で地頭を育てよう

地頭(じあたま)のいい子を育てるには、いろいろな方法が

あるようです。

例えば、囲碁や将棋などを楽しみながら、

次の一手をどうして打ったのかを説明させることによって、

考えを言語化し、論理的に説明する訓練になります。

あなたは、囲碁や将棋で遊んだことがありますか。

まったく囲碁や将棋を指したことがない人は、

囲碁であれば「五目並べ」、将棋であれば「はさみ将棋」が

おもしろく、お勧めいたします。

また、子どもさんと碁盤や将棋盤に面と向き合うことで

コミニュケーションが十分にとれ、一石二鳥であります。

私も小学生の3〜4年生の頃から、祖父や父、近所の友達と

よく将棋を指した思い出があります。

夏休みは、午前中に野球や市民プールでしっかり遊び、

午後3時ごろからアイスキャンディーを食べながら、

板張りの縁側で将棋や囲碁で遊んでいたことを

今でも記憶に残っています。

囲碁は中国から伝わったことを知っていましたが、

将棋は日本古来のものかと思っていたら、インドにその端を

発するという。

それを遣唐使や僧侶によって日本に持ち帰り伝えられたそうです。

将棋は、一見難しそうな雰囲気をもっているのですが、

基礎(ルール)さえしっかりと身につけると、決して難しい

ものではありません。

将棋の面白さはそのスピードにあると思います。

局面を読みながら、相手との駆け引きをするのが楽しいですね。

また、心地よい緊張感があり、頭脳の老化防止に大いに役立つ

のではないでしょうか。
  
 

 
posted by toshi at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

子どもの知的好奇心をつぶさない

最近、地頭力(じあたまりょく)いう言葉を耳にします。

地頭力は、簡単に説明すると6つの力から成っていると

「地頭力を鍛える」著者、細谷功さんが述べています。

その六つの力とは、

1.単純化して考える

2.直観力

3.知的好奇心

4.全体から考える

5.結論から考える力

6.筋道を立てて考える力とあります。

人間には、生まれつき体力のある人とない人がいるように、

地頭力にも、生まれながらの素質があるようです。

しかし、体力はからだを鍛えれば、ある程度だれでも

つけることができますよね。

それと同じように、地頭力も訓練によって後天的に

伸ばす余地が十分にあります。

そのように考えれば「地頭(じあたま)」は、生まれつきの頭脳では

ないかもしれません。

細谷さんのいう頭のいい人とは、

@ 記憶力のいい物知りタイプ

A コミュニケ−ション能力の高い機転の利くタイプ

B 問題解決能力が高く考える力の強いタイプ

に分類しています。

このうち、地頭がいいとされるのは

Bの、考える力が強いタイプであるという。

この3つの能力はどれも重要であるが、

環境変化がはげしい、これからのグローバルな時代に

最も重要な能力は、考える力をしっかり身につけておくことです。

また、地頭力の一番の基礎となるのものは、知的好奇心である。

しかし、考える力が子どもの時につぶされてしまっていたり、

正解の有無にこだわりすぎたりする子どもは、

大人になってから鍛えても地頭力は伸びにくいと言われています。
 
ですから、小さな子どもさんをお持ちの方は、

知的好奇心をつぶさないことと、

知識の有無だけで、決して良し悪しを判断しないように

心がけてください。

今の世の中、一番求められているのは「地頭力の高い人材」

であることは明白です。

もうすぐ夏休みが始まりますが、それはどんな人材であり

そうなるためには、何が必要なのだろうかを

子どもさんをよく観察しながら考えて、行動計画を立てることが

大切ではないでしょうか。


posted by toshi at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

可能性がないと思った人に大きな未来は開けない

「運命は口ぐせで決まる」の著者、佐藤富雄さんは、

人間の精神や表現行動に大きな影響力をもつイメージは、

必ず言語を通じて表されるという。

あるとき、佐藤富雄さんは自分のやりたいことをいつも口に出している

ことに気づいたのです。

学生のころから議論をしたり夢を人に語るのが好きで、

常に前向きな言葉を積極的に使っていたという。

たとえば、「私にはできる・なんとかなるさ・きっとやってみせる」

というような言葉を口ぐせとして使っていたのです。

仕事においても、「この契約は必ずうまくいく」と口に出していれば

本当にうまくいくというのです。

実際、佐藤さんは「結婚するなら女優がいい」といつも口に出していたら、

そのとおりに女優と結婚できたそうですよ。

健康ですら、「私は病気にならない・いつまでも若い」といっていれば

そのとおりになります。

たとえば、あなたの思うようにならなかったり、

人生に枠がはめられていたりと考えるならば、

それは言葉によってつくられます。

今は仕事が忙しいのでできない。

子供に時間をとられて、とてもできる状態ではない。

サラリーマンの身だから思い切ったことができない。

そんなに給料をもらっていないのでできません。

いつも運が悪いんです・・・。

というようなネガティブな言葉を使っている

人が世の中に本当に多いのです。

私自身もそうですが、みなさんも心当たりはありませんか?

これでは、自分の思うような人生どころか、

とても楽しい人生なんて送ることはできません。

いつか暇ができたら、いつかお金ができたらといっているうちに、

人生が終わってしまいます!

世の中には、いろいろな考えの人がいますが、

何でも可能にできると思っている人だけが願望を可能にできるのです。

自分に可能性がないと思った人に、決して大きな未来は開けないと

思われます。

では、あなたも明日から早速、

「私にはできる・なんとかなるさ・きっとやってみせる」という

前向きな言葉を口に出してみましょう!

参考 運命は口ぐせで決まる(知的生き方文庫)
posted by toshi at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

今日の七夕は満月!

mangetu.jpg

今日は満月であるとともに、七夕であります。

1年に一度だけ、彦星(牽牛星)と織姫(織女星)の

ふたつの星が旧暦の7月7日に、天の川を越えて

逢瀬を楽しんだといわれる日であります。

七夕といえば1ヶ月後の8月7日に行われる

仙台の七夕祭りが有名ですね。

私は仙台を何度か訪れたことはありますが、七夕祭りは

あまり興味がないので行ったことはありません。

七夕といえば、子どもの頃、短冊に何か願いごとを書いて

笹にぶらさげたことは覚えていますが、

とくに強烈な印象は残っていません。

ただ、月が満月だったり、月と金星と木星が一緒に並んで

見えたりしたときには「きれいだなー!」って感動はします。

なかでも天の川は実際に見ると本当に美しいですね。

今日は、七夕(たなばた)=星というテーマですので、

ナット・キング・コールの「スターダスト」を聴きながら

今、流行のハイボールのグラスを傾けている

と言いたいところですが、実は麦茶を飲んでいます。

あなたも星にちなんだ音楽を聴きながら、

ハイボールでもいかがですか、心が癒されますよ!

YouTube ナット・キング・コールの「スターダスト」
http://www.youtube.com/watch?v=0dVER9PcU-g

posted by toshi at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

子供はお金の知識を持たないまま大人になる

学校で教えられたことが、社会に出てまったく役に立たない

ことがたくさんあります。

しかし、学校ではぜんぜん教えないけれど、生きていくうえで

絶対に必要なことが少なからずあります。

なかでも、大切なことは金銭感覚であります。

学校の先生が、生徒にお金について話をすることは、

ほとんどありません。

学校教育にお金の話は、ふさわしくない

という理由なのかどうかわかりません。

でも、お金についての教育をすること自体は

悪いことではありません。

大人になってからお金で苦労しないためには、

お金についての正しい知識を学んでおく必要があります。

本来なら、親が子供に教えなければならないが、

どこの家庭もできるだけお金のことは

子供から遠ざけておこうとします。

このように、子供はお金の知識を持たないまま、

大人になってしまうのです。

誰も教えてくれないのなら、自分で勉強するしかありません。

これからのグローバルな社会で生きていくうえで、

本当に役立つのは、お金に関する知識や知恵である

ことは云うまでもありません。


posted by toshi at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

日本一社員想いの経営者

6/29(月)のカンブリア宮殿を見ていて、

メガネの販売チェーン「21」を展開している

平本清さんは本当にユニークな経営者であると感じました。

いつもハツラツとしている平本清さんも決して順風万歩で

あったわけではなく、リストラもされ解雇もされています。

こうした厳しい経験を積まれ(本人は厳しいとは思っていないかも

しれませんが)、なおかつ決断力と行動力をもって、

メガネ販売チェーン「21」を立ち上げたことに

尊敬の念を抱きます。

びっくりしたのは、社員の年間最高ボーナス額が800万円

というからおどきですね。

しかも、社長の年収が社員の最高額と同じであるというから

信じられません。

このようにメガネ販売チェーン「21」の平本清さんは、

日本一「社員想い」の経営者であります。

すぐに思いめぐらせたのは、メガネ販売チェーン「21」に

入社できるにはどうすればといいのかと多くの人が

考えると思います。

しかし、多額の賞与が支給される、

「独立支援コース」は男性で25歳位迄となっています。

理由は10年程度勤務して1000万円以上の開業資金を

貯める必要があるからです。

このため、妻子扶養が生ずる可能性が高い男性や

結婚・出産の可能性が大きい女性は残念ながら応募資格が

ないようです。

また、審査は大変厳しく年に1〜2名くらいの採用になっています。

採用にあたっては、貢献度の高い現社員の親戚・縁者の審査の

基準が低いようです。

それは、「社員の幸福を大切にしている」という理由が一番で、

「21」へ就職するのが目的でなく、就職して幸福になる

可能性を引き出すという企業の哲学があるようです。

詳しい内容はこちらです→ http://www.two-one.co.jp/a21/

posted by toshi at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

くよくよしても人生は楽になりません

人間は大なり小なり、人生の浮き沈みや人間関係の悩みなど

様々な問題を抱え、一生懸命に生きているのだと実感しています。

また、人間は育った環境や人種、宗教、裕福な人、貧しい人、

性差がどうであれ、誰もが問題を抱えているのです。

最近、亡くなられたマイケル・ジャクソンも、

薬づけになるほどいろいろな悩みや問題をたくさん

抱えていたと想像できます。

このように結局は誰の人生も、

それほど楽ではないし簡単にはいかないものです。

そして、誰もが極楽トンボの人生などないと認識しておれば、

客観的な視点で困難な問題に対処することができます。

いら立ちや、投げやりになる代わりに、

「ああ、またやっかいな問題を解決しなくちゃ」

という心境になれば楽ですよ。

毎日、次々と起きる問題や人生の様々な出来事を

楽しむ境地にはなれないまでも、それらを受け入れる姿勢は

学べると思います。

直面する問題に目をつり上げるかわりに、

自分自身で最善の解決策を考え、

もっと広い目でものごとを見つめることが大切です。

どうしても避けて通れない問題にくよくよしても

人生は楽になりませんが、視点を変えてみれば

もっと健全な見方ができ、生きるのが楽しくなるのでは

ないでしょうか。

posted by toshi at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

どうすればお金持ちになれますか

アジアで「水の女王」と呼ばれるオリビア・ラムさんは

8歳の時、教師に「どうすればお金持ちになれますか」と

質問したそうです。

その質問に対して教師は、

「教育です。しっかり勉強しなさい。知識こそがあなたの力に

なります」と答えたそうです。

マレーシアの小さな町で年老いた養母によって電気も水道もない

貧しい環境で育てられた娘は、この教師の教えを守って

ひたすら勉学に励み、その努力の結果、水処理ビジネスで

大成功を収めたのです。

シンガポール最大の水処理会社ハイフラックスの創立者にして

最高経営責任者(CEO)のオリビア・ラム氏(48)の物語である。

オリビア・ラムさんは、幼少期で一番苦労したのが電気で

あったという。

夜、勉強するためにオイルランプを使っていたが、

2時間おきにポンプで30分も空気を送り込まなければいけない

ランプだったらしく、ものすごく苦痛であったらしい。

こんな貧しい暮らしは間違っていると心に刻み、何とかして

成功しよう。

他の人にもチャンスが与えられるよう大きく成功しようと

強く思いを巡らせ、教師に成功への道を尋ねたのです。
posted by toshi at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。