2009年05月27日

お金を貯める方法なんて簡単?

「お金を貯める方法なんて簡単です。

お金を貯める10カ条も7カ条も必要ありません。

多く稼いで使わない、たったこれだけです」

と言い切るのは、ユニークな視点でビジネス書の分野

においてベストセラーを連発する岡本吏朗さんです。

岡本吏朗さんは税理士で中小企業のコンサルタント、

そして経営者でもあります。

さまざまな経験に裏打ちされた現実主義の「お金の専門家」

としての考え方は、シャープな切り口でビジネスマンから

一般読者まで幅広い層から支持されています。

岡本吏朗さんが2005年に出版された「お金の現実」

(ダイヤモンド社)は大変おもしろいマネーエッセイです。

現代の日本では、お金を貯めようと思えば貯められます。

ただし、みんなと同じように外食したり、

商品性もよくわからない保険に入ったりしなければ

お金は残りますと断言しています。

悪いパターンとしては次のような例があります。

たとえば、中小企業の社長さんは、少し儲かるとクルマの

贅沢を始めるという。

表面的な儲けで満足して、クルマなどで贅沢して事業に

失敗するケースが多いのです。

若い人が背伸びをしてベンツやBMWに乗るのも

根は同じと岡本さんは指摘する。

企業なら内部留保、家庭なら貯金が充分できて、

余裕をもって身の丈にあったクルマを保有することが

大切ですよ。

保険も基本は掛け捨てで、保険金を期待するぐらいなら

必要分を自分で貯めておくことも一つの考え方であると

述べています。




posted by toshi at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。