2009年05月21日

成功はしたたかさと行動力で決まる

シリコンバレーといえばIT企業の一大拠点であるが、

ここで働く技術者は機を見るに敏であるといわれています。

今では、半導体の世界的権威にのぼりつめた一人の日本人

男性います。

この方は、30歳のころ、IBMとインテルの技術革新により、

それまで専門にしていた磁性体メモリーの研究から転向を

余儀なくされました。

当時、磁性体から半導体に時代が移って、そのとばっちりで

専門分野を変えなければならなくなったのです。

当然、半導体を前より取り組んでいた仲間は、国際会議に出て

ばりばり発表していたが、自分はまったくダメで勤務査定も

悪くなってきたのです。

せっかく油がのりきっていた時に、同期からも離されてしまい

おれはダメだと思ったそうです。

でもこの男性は気をとりなおして、がむしゃらに半導体について

人に聞きまくったのです。

むろん恥も外聞も捨てて、同期や年下の人や上の人に

聞きまくったのです。

そうした行動で、驚くほど短期間で新しい分野のノウハウを

つかむことができたのです。

同時に、自分が前に研究していた磁性体を半導体の分野で

生かせば画期的なものができるとひらめいたのです。

その後、努力のかいあって半導体の分野で特許王となったのです。

このように成功を得るためには、努力もさることながら

気持ちの切り替えとしたたかさと行動力がいかに大事である

かを認識すべきであると強く感じました。




ラベル:成功 行動力
posted by toshi at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。