2009年05月31日

天才レオナルド・ダ・ヴィンチも食えない時があった

davnci3.JPG
月刊「PEN」4/15より

ルーブル美術館のこの光景ををみてください。

天才レオナルド・ダ・ヴィンチがこの世を去ってから、およそ

500年が経とうとしているのに、ラ・ジョコンダ(モナ・リザ)

の絵の前には大勢の観光客がデジカメを手に押すな押すなの

大盛況である。

なぜ、謎めいた微笑のラ・ジョコンダ(モナ・リザ)に

人々は惹きつけられるのでしょうか。

ラ・ジョコンダ(モナ・リザ)を描いた天才レオナルドも

しょせん人の子であり、30歳まで鳴かず飛ばずの貧乏生活

が続いたのです。

当時の画家は、給料が安く自分の工房を借りることができず、

腕が上がるまでは師匠につかなければなりません。

その師匠からの下請け仕事で給金をもらっていたのです。

その間、レオナルドには土地と引き換えに作品を請け負う

という仕事も舞い込んできたが、今でいうハイリスク・

ハイリターンの条件つきビジネスであったのです。

しかし、そう簡単に土地が売れるわけもなく、顔料代など

がかさみ食えない時代が続いたのです。


 


posted by toshi at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

金持ちになる合理的な方法があります

確実にダイエットを成功させるには、一日の食物摂取量を

消費カロリー以下に抑えることです。

そうすれば、生理学的に動物は必ず痩せるのです。

できないのは、人間にとって食べることが快楽であるからです。

では、どうしてトップモデルは痩せられるのでしょうか。

それは太るとその日から仕事が来なくなるからです。

特別に彼女たちの意志が強いからではありません。

有名になりたいというモチベーションを明確にもっていれば、

人は快楽に打ち克つことができるのです。

ただし、禁欲の先により大きな快楽が待っていなければなりません。

同様に、金持ちになる合理的な方法も存在します。

たとえば、三畳一間のボロアパートに住み、贅沢はいっさいせず、

休みなしで働けば、どなたでも5年くらいでまとまった資産を

つくる可能性は大であります。

このような人は、ベンチャー企業の創始者にまれにいるようですが、

そこまでして、金持ちになりたいという強烈な意志をもつ人は、

今の世の中に、そう多くはいないと思います。

しかし、やってみる価値はあると考えますがどうでしょう。

参考 「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方」(幻冬舎)

posted by toshi at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

「1−3−5の法則」を知っていますか

お金が出て行くというのは、どういうことかわからないが、

同じ時期に同じようなパターンが起こるといわれています。

このパターンについて経営コンサルタントの岡本吏郎さんは

理屈でなく経験から「1−3−5の法則」と呼んでいます。

もしや、あなたも実感があるかもしれませんが、

100万円まで貯めるのは大変ですが、100万円を超えると

300万円は思ったより早く貯まります。

そして次の500万円も比較的に早く貯まるけれど、

500万円から1000万円にもっていくまでが

忍耐力を要すると言われます。

この1000万円が貯まると、次のステップである

3000万円が意外に楽で、次に5000万円という具合に

お金の動きに「1−3−5の法則」があるというのです。

また、その目標を達成する時期にお金が出ていくといわれ、

お金にも厄年が巡ってくるというから不思議ですね。

しかし、お金が「1−3−5」という踊り場で出入りするのは、

次のステップに勢いをつけるものだと考えることが大事である

と岡本吏郎さんは説いています。



posted by toshi at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

お金を貯める方法なんて簡単?

「お金を貯める方法なんて簡単です。

お金を貯める10カ条も7カ条も必要ありません。

多く稼いで使わない、たったこれだけです」

と言い切るのは、ユニークな視点でビジネス書の分野

においてベストセラーを連発する岡本吏朗さんです。

岡本吏朗さんは税理士で中小企業のコンサルタント、

そして経営者でもあります。

さまざまな経験に裏打ちされた現実主義の「お金の専門家」

としての考え方は、シャープな切り口でビジネスマンから

一般読者まで幅広い層から支持されています。

岡本吏朗さんが2005年に出版された「お金の現実」

(ダイヤモンド社)は大変おもしろいマネーエッセイです。

現代の日本では、お金を貯めようと思えば貯められます。

ただし、みんなと同じように外食したり、

商品性もよくわからない保険に入ったりしなければ

お金は残りますと断言しています。

悪いパターンとしては次のような例があります。

たとえば、中小企業の社長さんは、少し儲かるとクルマの

贅沢を始めるという。

表面的な儲けで満足して、クルマなどで贅沢して事業に

失敗するケースが多いのです。

若い人が背伸びをしてベンツやBMWに乗るのも

根は同じと岡本さんは指摘する。

企業なら内部留保、家庭なら貯金が充分できて、

余裕をもって身の丈にあったクルマを保有することが

大切ですよ。

保険も基本は掛け捨てで、保険金を期待するぐらいなら

必要分を自分で貯めておくことも一つの考え方であると

述べています。


posted by toshi at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

今の女性はやりくり上手な節約男性に惹かれる

不景気の影響なのか今の20〜30代の女性は、

案外しっかりしているようです。

「デートは必ず高級レストラン」と

「デートはいつもファミレス」、

20〜30代の女性が嫌うのはどちらでしょう

とアンケートを取ったところ、「デートは必ず高級レストラン」を

嫌い!と答えた女性が多かったという。

男性の行動に対しても、

「特売のチラシをみる」「ポイントカードを持ち歩く」

「貯金が趣味」などの節約志向の男性が人気が高いようです。

逆に「貯金ゼロ」「全身高級ブランド」「すぐにタクシーに乗る」

など、浪費グセのある男性はものすごく評判が悪いようです。

100年に一度といわれる不況のなか、

現実的な女性は、多少稼ぎが少なくてもやりくり上手な

節約男性に惹かれる傾向があります。

最近は、男女とも自作弁当を持参する人が多いようです。

東急ハンズでは、昨年秋以降、弁当箱の売れ行きが前年の

6割増しで、なかでもスーツ姿の男性客が増えていると

いわれ、節約志向がかなり浸透しているようです。

ただし、景気を上昇させるにはお金をある程度使わないと

ますます景気が冷え込むといわれ、何とも難しい

状況下でありますね。

posted by toshi at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

逆境の中でもやる気を出す秘訣は目標をもつことである

日本最大級のコミュニティ・サイト「OKWave」の

兼元兼任(かねもと・かねと)社長は、一度ホームレスまで

身を落としながら、そこからはい上がってきたすごい人物

である。

兼元社長は、逆境の中でもやる気を失わないで

いられたのは、何といっても目標をもつことであるという。

今のような先の見えない厳しい状況下であっても

とりあえず目標を決めることが大切である。

目標を決めろといっても、一生の目標を決めろという

ことではなく、仮決めであるから途中で軌道修正しても

いいし、変更してもかまわないそうです。

兼元社長自身、目標の中身は若いころのものよりずいぶん

変化してきている。

大事なのは、目標があるという状態に自分を置くこと

が重要である。

ああでもないこうでもないと悩んでいるだけでは、目標は

いつまで経っても決まらないし、目標が決まらなければ

モチベーションも上がらないということを、

私もあなたもしっかり知っておかなければなりませんね。

posted by toshi at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

月曜日の朝は憂鬱ですか

サラリーマンであれば、月曜日の朝はどんな前向きな人だって

なんとなく憂鬱になるのではないでしょうか。

ある会社では、その憂鬱な気分を吹き飛ばそうという

イベントを全社員で実施しています。

朝出社したら、くじ引きで数人を選び、選ばれた各人が

「先週自分に起こったいいこと」を30秒にまとめて発表

し合うというものです。

たとえば、「歩いていたら100円硬貨が落ちていた」と

いった他愛のない内容でも、それを嬉しそうに話すのを

聞くだけで、不思議にどんどんいい気持ちになって

くるという。

そうするとやる気もみなぎってきて、いい感じで1週間の

スタートが切れるらしいのです。

その結果、その会社では月曜の朝からオフィスに笑い声が

あふれているというからご立派ですね。

そもそもいい話というのは、その場で考えてもすぐには

出てきません。

それで、日頃から「何かいいことはないか」と探すように

なります。

それまで、何でもなかったことまでありがたく感じられる

ようになり、幸せな気分の時間が増えると社長をはじめ

社員も喜んでいるというからほほえましいですね。

posted by toshi at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

貯金は誰がやっても同じ結果になる

あなたは本多静六(1866〜1952年)という人物を

知っていますか。

私は、たまたま雑誌ですごい人物であることを知りました。

有名な日比谷公園(東京)や大沼公園(北海道)、大濠公園(福岡)

などを設計した林学博士であります。

本多静六は25歳から蓄財を開始し、40歳の時には今の

お金で換算すると100億円ちかい財産を持っていたそうです。

では、なぜこのような巨額な財産を築いたのでしょう?

そのやり方とは、給料の1/4を貯金、残りの3/4で生活をする

というもの。

それも給料の手取りではなく額面額であるからかなり

厳しいやり方であります。

しかし、このやり方も年数が経てば給料も上がり、貯金の

利息も入って楽になってきます。

楽になったからといって、本多静六は1/4貯金を止めず

に続けました。

そして、給料以外の収入も全額、貯金に回したといわれて

います。

仮に額面24万円で手取りが17万円の場合、

貯金1/4は6万円となり、生活費は11万円になります。

このように実行する人は少ないかもしれません。

本多静六は「貯金は誰がやっても同じ結果になる」と

結論づけてはいるが、私ををはじめ凡人にとっては

厳しいハードルであると感じます。

しかし、実行してみる価値はありますよ!
posted by toshi at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

家計の収入を増やす確実な方法

サラリーマンなら誰しも一度は、給与明細を眺めながら、

「もう少し給与が多ければ」と思うことがあるでしょう。

生活費はもとより資産形成においても、収入の大小が与える

影響はものすごく大きいのです。

もし、みなさんが結婚しているのなら、家計の収入を増やす

もっとも確実な方法は、共働きにすることです。

要は、家庭の中の労働人口を増やせば絶対に収入は増えます。

例えば、夫の収入で毎年100万円を10年間積み立てる

とすれば、元金だけで1000万円となります。

ところが妻が仕事を始めて、毎年50万円を10年間

積み立てれば500万円で、夫と妻の合計が元金だけで

1500万円の資産となります。

このように資産形成(お金持ち)への近道は、

収入を増やして純利益を確実に積み上げていくことです。

世界一住居費の高い日本で一人暮らしをしたり、

世界一人件費が高いといわれる日本の社会で

専業主婦を養ったりすることは、究極の贅沢といっても

過言ではありません。

もちろん贅沢をするのは個人の自由ですが、

それが資産形成と相容れないことは、

あなたの頭の中にしっかり記憶しておかなければ

なりません。

参考 「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方」(幻冬舎)
posted by toshi at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

成功はしたたかさと行動力で決まる

シリコンバレーといえばIT企業の一大拠点であるが、

ここで働く技術者は機を見るに敏であるといわれています。

今では、半導体の世界的権威にのぼりつめた一人の日本人

男性います。

この方は、30歳のころ、IBMとインテルの技術革新により、

それまで専門にしていた磁性体メモリーの研究から転向を

余儀なくされました。

当時、磁性体から半導体に時代が移って、そのとばっちりで

専門分野を変えなければならなくなったのです。

当然、半導体を前より取り組んでいた仲間は、国際会議に出て

ばりばり発表していたが、自分はまったくダメで勤務査定も

悪くなってきたのです。

せっかく油がのりきっていた時に、同期からも離されてしまい

おれはダメだと思ったそうです。

でもこの男性は気をとりなおして、がむしゃらに半導体について

人に聞きまくったのです。

むろん恥も外聞も捨てて、同期や年下の人や上の人に

聞きまくったのです。

そうした行動で、驚くほど短期間で新しい分野のノウハウを

つかむことができたのです。

同時に、自分が前に研究していた磁性体を半導体の分野で

生かせば画期的なものができるとひらめいたのです。

その後、努力のかいあって半導体の分野で特許王となったのです。

このように成功を得るためには、努力もさることながら

気持ちの切り替えとしたたかさと行動力がいかに大事である

かを認識すべきであると強く感じました。


ラベル:成功 行動力
posted by toshi at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

グローバルになってきた人材競争

あなたが会社でしている仕事に対して、

ある人が「私ならその仕事はあなたの半分の給料で、

品質も同じかちょっと上のレベルのものを提供できますよ」

と突然現れたら、どうしますか。

大部分の人は、そんなことは絶対あり得ないと思うかも

しれません。

でも、こういう自体が起きる可能性は否定できません。

理由は、グローバルになってきた人材競争です。

近年、中国経済の資本主義の結果、安くて優秀な競争相手が

たくさん生みだされているのです。

中国では、工場の工員が週末出社して技術をみがくそうです。

もし、週末働く機会がないと、自分のスキルを上げたいのに

その機会がうばわれるのは嫌だといって辞めてしまう

ほど仕事に対して熱心であるらしい。

これを裏付けるように、日本の某メーカーの人事担当者に

中国人技術者と日本人技術者のどっちを使いたいかと

アンケートをとったところ、ほとんどの人が中国人だと

答えたそうです。

理由は賃金が半分程度で、技術力もすぐれているからだ

という。

実際、大手企業の中には、日本人の大学新卒採用を徐々に

減らして、中国人の採用を検討しているところが増えつつある

といわれています。

これからの日本人は、決められたことをきちんとやる

「まじめさ」ではなく、新しいことを生み出していく

「したたかさ」が求められるようです。

日本人がいつまでもまじめさの戦いをする限り、

もっと勉強している中国人やインド人や韓国人に

かなわなくなると警告されています。


posted by toshi at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

充実した人生は24時間の枠を最大限に生かす

ノートPCの調子が悪く、永らくブログから遠ざかっていました。

PCをメーカーに送って調べてもらったところ、ハードディスクを

交換しなければならない状態であった。

その修理金額は、なんと4万5千円くらいかかるというから

キャンセルし、新品を購入した。

数年前に比べ、パソコンもかなり安くなっていますね。

特に、インターネットに新規で加入される方は、

ものによっては新品ノートPCを1万円以下で購入できる

のですから大変お得ですね。

ただし、台湾製ではあるがインターネットをするだけであれば

十分である。

また、TV通販の「ジャパネットたかた」などは、

富士通のノートPCにプリンターとデジカメを付けて

12万円位であった。

数量限定であったのですぐに電話で確認したところ、

これもインターネットに新規で加入される方のみであり

残念であった。

たとえば、ヤフーからNTTのひかりに変更する場合はよい

のですが、NTTのひかりからヤフーは速度の関係で

ちょっと考えさせられます。

今回、パソコンの不具合あいでインターネットから遠ざかって

いましたが、たまにはいいですね。

昔読んだ渡辺昇一訳のアーノルド・ベネットの「自分の時間」

という本をたまたま本棚から手にとってパラパラとめくって見た。

すると次のような文章が目に入った。

朝目覚める。

するとあなたの財布にはまっさらな24時間が

ぎっしりと詰まっている。

誰も時間をあなたから取り上げることはできない。

時間をあなたより多く与えられている者も、少なく与えられて

者もいない。

そのうえ、先の分まで前借りして浪費することもできない。

私はこれを称して奇跡と言ったのである。

まったくそうではなかろうか。(アーノルド・ベネット)

これは何を言っているのかといえば、

人生を充実して生きるには1日24時間の枠を最大限に

生かすことが大切であるといっているのです。

あなたは時間を有効に使っていますか。


posted by toshi at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

金儲け本には二つの考え方があるようです

ノートパソコンの調子が悪く、ブログの更新は久しぶりであります。

さて、ゴールデンウイークもあっという間に過ぎ去ったという

感じですね。

あなたは、ゴールデンウイークを有意義に、もしくは十分に満喫

することができましたでしょうか。

TVニュースなどによると、高速道路は相当に混んでいましたね。

私は、ETCを取り付けていないので遠出はしませんでした。

というより、はじめから遠方に行く予定はなかったからです。

近くの山に登ったり、船を見るために港に行ったり、

図書館で本を読んだり、本屋さんで本を探したりして、

のんびりと過ごしました。

世の中、不景気のせいなのか本屋さんには、

ありとあらゆる金儲け本があふれています。

しかし、大きく分けると二つの考え方に絞られるようです。

たとえば、ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」(筑摩書房)

に代表されるように、株や不動産で、どんどん収益を増やしましょう

という本は、売り上げを増やすという考え方である。

一方「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」(幻冬舎)のように、

無駄なコストをカットし、節約、節税で支出を減らしましょう

という本は費用を減らすという考え方であるようです。

最近、いろいろな金儲け本が出版されたり、

雑誌などで金持ちになるための特集が多く組まれていますが、

内容は実にシンプルなものと理解できます。

繰り返し申し上げますが、

利益を出すためには二つの方法しかなく、

ひとつは売り上げ(収入)を増やすこと、

もうひとつは費用(支出)を減らすことに尽きるようです。

これは会計的な考えの基礎知識であるので、

みなさんがこれから起業されたり、

日常生活をしていくために、

ぜひ、おさえておくべきものであると考えます。

参考 「さおだけ屋はなぜ潰れないか?」(光文社新書)
posted by toshi at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。