2009年01月21日

温かいベッドでラジオを聴くのも悪くない

オバマ氏の「チェンジ!」ではないが、

今年も年が変わって、はや21日目になりました。

近年は、時間の過ぎ行くさまを、「ドッグイヤー」などと

よく言われていたように記憶しています。

それにしても、月日の経つのを早く感じるのは、私だけであろうか。

あなたは、今の時間の流れについて、どのように感じていますか。

今日、日本時間の午前2時くらいに、アメリカ大統領の就任式があった。

この歴史的瞬間を、テレビで見ようと、気持ちのなかでは思っていた

が、眠くて果たせなかった。

でも、枕元のラジオに手をのばし、スイッチを入れ、

ほんの僅かではあったが、オバマ氏の演説を、

NHKの同時通訳で流れていたのを、聴いたのです。

そのせいか、今、このブログを書いているのですが、

睡魔が襲ってきています。

私は、毎朝5時半に「生島ヒロシのおはよう一直線」

というラジオ番組を目覚まし代わりというか、

朝起きるための、ウオーミングアップとして聴いている。

というより、単に流しているだけであるが。

寒い季節は、温かいベッド(布団)にもぐって、ラジオを聴くのも、

まんざら悪くないですよ!


posted by toshi at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ新大統領の演説に興味深々である

人民の人民による人民のための政治は、
(英: government of the people, by the people, for the people)

エイブラハム・リンカーンが

1863年11月19日、南北戦争の激戦地となったゲティスバーグで

戦没者を祀った国立墓地の開所式での、

272語、3分足らずの短い挨拶の中のことばであった。

このゲティスバーグ演説は、

民主主義の本質を語ったものとして世界的に知られいる。

さて、新大統領のバラク・オバマ氏はどのような演説を

行うのか興味深々である。

オバマ氏は、ジョン・F・ケネディが大統領に就任した年に

生まれたという、何と不思議なめぐり合わせを持った

人物なのでしょう。



posted by toshi at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。