2009年01月31日

地球温暖化はもう止められない?

気象学の世界的権威であるスーザン・ソロモン博士が、
地球温暖化を防ぐためには、温室効果ガスの削減が必要とする
これまでの考え方をきっぱりと切り捨てたいう。

 スーザン・ソロモン博士を中心とする研究グループは、
論文の中で、メタンガスや亜酸化窒素などの温室効果ガス
の場合は排出抑制を行うことで地球全体の温暖化の抑制を
行うことが可能だが、温室効果ガスの大部分を占める
二酸化炭素(CO2)の場合、地球の惑星環境に対しては、
既に回復可能な限度を超えてしまっているというから驚きである。

研究グループによると地球の惑星環境では、
海洋が惑星の過剰な熱を吸収する役割を果たしているが、
地球温暖化のため北極の氷はもはや回復不可能なレベルにまで
融解のプロセスが進行していると述べている。

例え現時点で、CO2排出量をゼロに抑えることができたとしても、
既に回復限度を超えてしまった北極の氷の融解のプロセスを
食い止めることはできないという。
北極の氷が完全に融解すれば、海洋がより一層の熱を吸収する
ことにより、更に地球温暖化が進行するだろうと述べている。

その上で、現在進行中の地球温暖化のプロセスは遅々として、
確実に、あと少なくとも数100年から1000年は継続するだろう
としている。

研究グループのリーダーとなるソロモン博士は、
これまでは地球温暖化抑制には、温暖化ガスの
排出量削減が不可欠だと主張していた。

だからといって、温室効果ガスの削減をしなくてもよいという
考えは危険である。

詳しくは↓
http://www.technobahn.com/news/200901290021


posted by toshi at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

自慢ばかりする男性は女性に敬遠される

女性は、男は強いもの、頼れるものという

イメージを捨て去ることができないようです。

自分の身に起きた不愉快な事や、

悩みや迷いを、好きな人に打ち明けたい

気持ちをいつも持っているのに、

会うたびに聞かされるのが

彼自身の自慢話ではたまりません。

たとえば、若くて多才な男性なのに、

なかなか結婚まで行きつくような

親密な関係が築けないタイプがいます。

社交家で女性にはもてるが、

一度喋り始めると言葉は途切れることなく

興味のない仕事や会社の派閥のことを

延々と話を続けるのだ。

このように、自分中心の世界を崩したくない男性は、

なぜか女性から敬遠されるようです。

やはり、女性から好かれるには、

徹底して、聞き役にまわることが鉄則です。
posted by toshi at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

家族や弱者を大切にしている

男も女も恋に落ちたら、時として激情に溺れ

相手を冷静に見つめる目を失くしてしまうようです。

そんな恋の盲目の中においても、

相手の真価を見極めることができます。

それは、「家族や弱者を大切にしている」という

キーワードである。

人間は大体自分とは距離感のある人に対しては

とりつくろったり、いい面をみせようと誇張します。

恋人や会社の上司、同僚、ともすれば友人だって

距離の遠い部類に入るかもしれません。

ところが、いったん家に帰ったら顔つきや態度が

ガラリと変わる人がゴマンといるのです。

外で張り切った分、家族に対しては、

気を遣わず、思いをかけず、ぞんざいな態度をとります。

家族は家族ですから、今さら親や兄弟に好かれよう、

よく思われようなどと考える心がないのです。

ところが、こんな態度が大人になっても継続して

いるようでは考えものです。

ある女性が、つきあっている男性の実家に遊びに行った

ところ、母親に「おい、なんでそんなもん持ってくるんだ、

お茶じゃない、ビールはないの!?」と命令口調であったという。

ガールフレンドの前で母親を「おい」とは普通ではないですね。

このように、身内に対して思いやりや配慮ができない男は

結婚でもしょうものなら、身内になった妻に対しても

傍若無人にふるまうことでしょう。

こういうタイプの男性は、深入りする前に、

よく観察するべきです。

また、このようなタイプの男性は、高齢者、子ども

病人など社会的に弱者とされる人たちに関心がなく、

手をさしのべることも、言葉をかけることもしない

のです。

そればかりか、彼らを平気でなじったり、怒鳴りつけたり

するのだそうです。

あなたがつき合っている好きな人は、家族や高齢者、

子供を大切にしますか。

また、弱者に心を寄せ、いたわる姿が想像できますか。

もし、想像できない場合は考え直したほうが

無難と思われます。

くれぐれも、男運が悪かった、女運が悪かったなどの

後悔をしないように観察眼を磨きましょう!
posted by toshi at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

豪華客船で恋の駆け引きが始まる

豪華客船というと、映画で有名な「タイタニック」か

「クィーンエリザベスU世」を連想しますよね。

私を含め、ほとんどの人は豪華客船に乗ったことがありません。

イメージとしては、ハッピーリタイアをした

老夫婦がのんびりと、世界一周の旅を楽しんでいる

という感じがします。

ところが、現実はまったく違うらしい。

乗客のほとんどが、シングル(独身)であるという。

外国の場合、50歳でハッピーリタイアする人が多く、

アンチエイジングにお金をかけ、一歩間違うと30代後半で

通るような、きれいな50代の女性と、

お金持ちの男性が乗っているのである。

夫婦で乗っているのは、東洋人が多く、

西洋人は、死別や離婚の人もいるが

ほとんどがシングルで、この豪華客船で恋の駆け引きが

始まるのです。

しかも、女性10に対して男性1で、圧倒的に男性が少なく、

女性がいかに、1人の男性をアタックするかという戦いに

なるそうです。

このように、豪華客船は老夫婦という枯れた世界では

ありません。

手を変え、品を変え、いかに口説き落とし、口説き落とされるか

という、男と女のドラマが船のなかで展開しているのです。

何せ映画の「タイタニック」よりも、激しい世界なのです。

富裕層はアグレッシブで、実態は決して枯れてなく、

現実で生々しく、ある意味において若々しいのです。

また、自分が若く美しくなるためには、

いくらでもお金を使う人たちなのです。
posted by toshi at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

お金が貯まる人の財布の共通点

大富豪の財布に共通する特徴は、

硬い材質の長財布が圧倒的に多いという。

そして、必ずお札を金額順に並べている。

カード類は、使用頻度順に並んでいる。

お札とレシートを分けており、

しかもレシートが溜まっていない。

現金は、管理できる範囲の金額(数万円)しか

入れていないのです。

反対に、お金が貯まらない人の財布は、

まず、型くずれが激しい。

これは、扱いが粗雑だけでなく、

もともとの材質が柔らかいことが原因である。

そういう財布を選んでしまった時点で、

すでに、持ち主にはお金を慈しむ気持ちが希薄だという。

さらに、お札とレシートを混在させている。

しかも、大量のレシートが財布をこんもりと

膨張させている。

財布からレシートを定期的に取り出さない

ということは、持ち主が支出を記録していない

ことを意味する。

こういう財布を持っている人は、

家計簿を絶対につけたりはしないらしい。

同時に、レシートにお札が紛れている状態では、

現在、財布にいくらお金が入っているかを把握

することも不可能であり、万事、アバウトなのである。

こういう財布の持ち主は、お金を愛しておらず、

お金の管理もまったくできないという。

これでお金が貯まったら、奇跡である。

あなたの財布は、どういう状態ですか。

お金は、愛情を注いでくれるところに集まる。

そして財布とは、

お金への愛情を測るバロメータなのである。
posted by toshi at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

ネットビジネスは先見性があれば大儲けできる

ネットビジネスは、ちょっとした先見性があれば、

大儲けできてしまう世界である。

そこでおもしろい話があります。

健康食品の一種に「アガリクス」というものがあります。

当然、アガリクスは正式名称であるが、

検索する半分くらいの人が「アガリスク」と、かん違いして

いるという。

そこで、先見性のある人が間違っているアガリスクで

ドメインを取得しておきます。

「アガリスク.com」を、ある大手の製薬会社に、

現状を説明し、ドメインを買ってもらうとか、

つくったサイトを買ってもらうというビジネスが成立する。

このように、アガリクスをインターネットで検索した人が

間違ってアガリスクと打ち込んでしまうために、

ほとんど主要なサイトに行けません。

しかし、製薬会社がアガリスクで

ドメインを取っていなかったというより、

取る必要性がなかったために、

偶然、ビジネスになったのです。

この種のドメインを持っていれば、いずれ役に立ちます。

また、「アントレブレナー」という起業家を意味

するドメインのケースで、

取れるわけがないと思っていても、

たまたま空いていたりする。

ドメインの取得や管理は、せいぜい数千円の世界である。

特殊なアドレスを、あらかじめ取得して、

そこにいろいろな付加価値をつけて提案する。

過去、それだけで1億円で売れたケースもあるという。

これがドメインビジネスというものです。
posted by toshi at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ギャンブルに弱いことは喜ぶべきだ!

ついてるというと、

すぐに連想しがちなのが

パチンコや競馬などのギャンブルや

宝くじである。

しかし、ついてる人は、

意外とギャンブルに弱いという。

ギャンブルに没頭してしまって、本業に身が入らず、

このため、大成する人は、ほとんどいないか、

稀の稀である、というのが現実というもの。

よく、ギャンブルで家を建てたり、ビルを建てたり

できる人は、あまり聞いたことがありませんね。

もし、自分がギャンブルに弱い、

と感じているのであれば、

逆に、「自分はついている人間だと思って喜んで下さい」

と、斉藤一人さんが激励していますよ。
posted by toshi at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

成功する人は常に熱心である

成功している人は、

あらゆることに熱心であるという。

たとえば、コンサルタントという職業があります。

表面的には、セミナーを開催し高いお金を取って、

本当に良いビジネスだねえと、

うらやむ人が多いと思われます。

しかし、一方で彼らも年間1000万円近くかけて、

他のセミナーに参加するなどの自己投資を

していると聞きます。

国内はおろか、外国のセミナーにも、

わざわざ高い航空運賃を出して参加しているのです。

このように、成功している人というのは、

常に自分のビジネスとしての倫理観や信憑性、

信頼性は正しいのか、

あるいはこの方向性で間違いないのかと、

自己否定をくり返し行い、

常に自己革新を行っているのだ。
posted by toshi at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

コミュニケーション能力が重要である

仕事を進めていくうえでは、人と人との

コミュニケーションの結び方が、とても重要である。

企業の本質にしてみても、ベースにあるものは、

コミュニケーションである。

内部の経営資源を、コミュニケーションによって

活性化させ、商品・サービスをつくり出し、

できた商品やサービスを、コミュニケーション活動によって

外部に販売していく。

こうした、プロセスをふんで、市場の声をコミュニケーション

によって、企業内部に取り入れて、再び資源を活性化させる。

そういう一連の流れが、ビジネスの本質であり、企業の目的で

あるのです。

一人の人間からは、コミュニケーションの糸が無数に出ています。

両親、兄弟姉妹、親戚、配偶者、子ども、友人、仕事の仲間、

上司、取引先、そのほか直接は知らない人であっても、

コミュニケーションという見えない糸によって、

互いに結ばれ、その存在を支えあっています。

糸は、放っておくと細くなります。

糸をぐっと引っ張ると、太くなります。

これがコミュニケーションである。

そして、太くて強いコミュニケーションの糸を

たくさん持っている人ほど、仕事も人生も充実している

と、いえるのではないでしょうか。

今、世界でもっとも、注目されているバラク・オバマ氏は

黒人というハンディを、

コミュニケーションという大きな力で乗り越え、

アメリカ合衆国の第44代大統領まで昇りつめたのです。

posted by toshi at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

温かいベッドでラジオを聴くのも悪くない

オバマ氏の「チェンジ!」ではないが、

今年も年が変わって、はや21日目になりました。

近年は、時間の過ぎ行くさまを、「ドッグイヤー」などと

よく言われていたように記憶しています。

それにしても、月日の経つのを早く感じるのは、私だけであろうか。

あなたは、今の時間の流れについて、どのように感じていますか。

今日、日本時間の午前2時くらいに、アメリカ大統領の就任式があった。

この歴史的瞬間を、テレビで見ようと、気持ちのなかでは思っていた

が、眠くて果たせなかった。

でも、枕元のラジオに手をのばし、スイッチを入れ、

ほんの僅かではあったが、オバマ氏の演説を、

NHKの同時通訳で流れていたのを、聴いたのです。

そのせいか、今、このブログを書いているのですが、

睡魔が襲ってきています。

私は、毎朝5時半に「生島ヒロシのおはよう一直線」

というラジオ番組を目覚まし代わりというか、

朝起きるための、ウオーミングアップとして聴いている。

というより、単に流しているだけであるが。

寒い季節は、温かいベッド(布団)にもぐって、ラジオを聴くのも、

まんざら悪くないですよ!
posted by toshi at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマ新大統領の演説に興味深々である

人民の人民による人民のための政治は、
(英: government of the people, by the people, for the people)

エイブラハム・リンカーンが

1863年11月19日、南北戦争の激戦地となったゲティスバーグで

戦没者を祀った国立墓地の開所式での、

272語、3分足らずの短い挨拶の中のことばであった。

このゲティスバーグ演説は、

民主主義の本質を語ったものとして世界的に知られいる。

さて、新大統領のバラク・オバマ氏はどのような演説を

行うのか興味深々である。

オバマ氏は、ジョン・F・ケネディが大統領に就任した年に

生まれたという、何と不思議なめぐり合わせを持った

人物なのでしょう。



posted by toshi at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

米国史上初の黒人大統領バラク・オバマ

明後日、米国史上初の黒人大統領となる

バラク・オバマ氏の関連商品が、就任式が行われる

ワシントンの街中であふれているという。

Tシャツなどを扱うグッズメーカーは、

「大統領の顔写真がTシャツのデザインになるなんて、

これまでになく、まるで、チェ・ゲバラや

エバ・ペロンのようだ」と述べている。

また、バラク・オバマ次期米大統領の演説をまとめた、

CD付き英語学習本「オバマ演説集」が

発行40万部のベストセラーになっているというから

大変なフィーバーぶりです。

オバマ氏が米国有権者の心をつかんだ

「Yes, We can=そう、我々は出来るんだ」などの

名フレーズは、日本の読者にも「元気になる」と好評で、

プレゼントとして買う人が多いという。

発行元の朝日出版社は、20日(現地時間)の就任演説を

収録した第2弾を30日に発行する予定で、

オバマ・フィーバーはしばらく続きそうだ。

オバマ氏の人気の理由として、

専門家はこう述べています。

平易な表現を繰り返すスピーチの技術。

黒人をルーツに持ち、海外生活や親の離婚などを

経験したオバマ氏本人の物語性。

声質やスタイルの良さ、冷静さ・・・を挙げる。

日本の政治家では、小泉元首相が演説上手であったと思う。

あなたも、ひょっとして記憶に残っているかと思いますが、

2001年の夏場所、貴ノ花が足を負傷しながら優勝したときに、

小泉さんが表彰式で述べた言葉は、

「感動した。おめでとう!」である。



posted by toshi at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

ニコチン依存症は禁煙外来で治療しましょう!

電子タバコというものを初めて知りました。

私は、今はタバコを吸わないので、まったく
気がつきませんでした。

電子タバコは、香港の企業が世界で初めて開発したものです。

電子タバコとは、専用カートリッジ内の液体を電気的に霧状化し、

その微粒子を吸引することでタバコの代替となり得るようです。

2007年ごろから一般に流通している模様です。

通常のタバコとは異なり、火を用いず燃焼に伴うタールや一酸化炭素も発生しないようです。

また副流煙も当然出ないので、他人に迷惑をかけず自身の健康も害することもないという。

電子タバコはタバコの代替製品として、2008年頃から日本国内においてもテレビをはじめとするメディアで取り上げられ脚光を浴びているという。

また、いろいろなメーカーのものが市場に投入されている状況である。

形は葉巻型、パイプ型、煙草型などがあり、構造的にはほぼ同じで充電式バッテリーと噴霧器としての本体、希釈液を含んだカートリッジから構成されているのです。

尚、ニコチン入りの電子タバコを国内で販売する事は、薬事法に抵触すると見られ、国内の業者が販売している製品のほとんどが、ニコチン無しの物である。

販売業者によってはその禁煙効果を大きく謳っているものもあります。が、基本的にニコチン無しの電子タバコについては香料の含まれる気体を吸うのみであり、ニコチン摂取量低減の医療的な効果はほとんど期待できないという。

いずれにしても、深刻なニコチン依存症を改善するには「禁煙外来」の専門医へ相談することが一番望ましいと思われます。
posted by toshi at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

うさん臭いものに成功のヒントが隠れている

世の中には、「怪しい」「うさん臭い」「変だ」・・・など、

さまざまなものがあふれかえっている。

実は、この怪しい、うさん臭い、変だ、と思われるものに

成功のヒントがたくさん隠されているのです。

普通の人、つまり儲からない人というのは、この怪しいものは

避けて「安心・安全なもの」「有名ブランドの名の知れたもの」

「明快で分かりやすいもの」に、お金を使ってしまう。

確かにそれも一つの方法だが、こういう考えの人は

儲からないし、成功もできないらしい。

その点、成功する人、成功できる人というのは、

いつもこういう怪しいものを察知する高感度のアンテナを

立てているのである。

通販などで縁起物のグッズがある。

「お金が貯まる財布」「幸運の水晶」などの商品が

あるとします。

こういう商品に対して、何の興味も示さない人というのも、

成功する確率は低いという。

といっても縁起を担げといっているのではない。

こういった商品というのは、広告費、送料、商品

そのものの値段などを考えると、単純に計算しても

赤字になるはずである。

では、この業者はどこで儲けているかの裏のカラクリを

探らなければならないのだ。

結局、儲からない人というのは、

「お金が貯まる財布」の通販広告を見ても、

「こんなのバカじゃないの」

「これでお金が貯まるはずがないじゃん」

と、みんなで冗談を言い合ってそれで終わって

しまうのである。

儲かる人は、裏の真実やカラクリといった

「マーケティング戦略」を見抜き、

場合によっては実際に買ってみることも辞さないのだ。
posted by toshi at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

多忙な人ほど賢くなっていく

何の繋がりもない物を漠然と組み合わせて、ものを考えていると、

貴重なアイデアが浮かんでくるようだ。

何かを売ろうとしたときに、それについてだけ考えず、

まったく別のものを絡めて考えると

「売れる方法」がみえてくるという。

過去、偉大な発明の多くは、こうした環境から生まれる確率が

高く、すべて無関係の非連続情報を結びつけているのだ。

一方、情報収集という点でも、並列処理が効果的であるという。

例えば、本を読む場合、一冊一冊読んでいくのではなく、

同時に3冊とか4冊の本を読んでいく方法がよいとされる。

近年、並列処理ができる量子コンピューターの開発も急ピッチで

進んでおり、現在のような直列処理のコンピューターよりも

数段速い処理が可能になるといわれている。

とにかく、マルチな作業ができる環境をつくること。

たとえば、ブログをアップしている間も、

ヘッドフォンで英話の教材を聴いたり、

ラジオでニュースを聞いたりするのだ。

今、注目の勝間和代さんもパソコンで原稿を入力しながら

ヘッドフォンで英会話の教材などを聴いているという。

一つの仕事を終えても、頭を閉じてしまわないこと。

常に頭を解放しておくことで、

次々にアイデアが浮かんでくるようだ。

多忙な人ほど並列処理を余儀なくされるからこそ、

どんどん賢くなっていくという。

さあ、一点集中思考でいくべきか、

それとも並列処理思考でいくべきかを、

あなた自身でじっくり考えて実行してみて下さい。
posted by toshi at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

問題解決は考えることだけに集中しても効果なし

忙しいときなど、いくつもの仕事を同時に抱える

ことがありませんか。

そんなときに几帳面な人や神経質な人は、なにがなんでも

一つずつ終わらせなければ気が済まないようです。

しかし、過去を振り返ってみて何か問題を抱えたときに、

その一点だけを考えて解決したことはあるでしょうか。

仕事ばかりではなく、恋愛問題や家族のことなどに関しても

そのことばかり考えてしまい、よけいに苦しくなる経験を

どなたでもお持ちであるはずです。

よく問題解決のプロセスにおいて、直線的にまっすぐ向かえば

最短距離で問題解決できるというのは間違っているという。

かえって、寄り道したり、あきらめかけたりして

他のことを考えているうちに、突然解決策が浮かんでくる

ことが案外多いのです。

これまで日本の教育は、一つのことに集中することを良し

とされてきた感があります。

しかし、集中力がないなんて深く悩む必要はありません。

一つの作業に集中しているときは、頭の中が閉鎖状態であり

閉鎖されている思考回路では、良いアイデアは浮かびません。

複数の作業を同時に進行させているときは、

頭が開放されている状態である。

その状態でまったく違う作業をしていると、

その段階でアイデアが浮かんでくる可能性があります。

考えることだけに集中するよりも、

気分を変えて歩きながら考えるほうが頭がスッキリする

のと同じだと言えます。
posted by toshi at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

自然の音が気持ちを癒します

3連休も、あっという間に過ぎてしまったという感がします。

天気も全国的にあまりよくなくて

私の住んでいる街も小雪がちらつき、寒い3日間でありました。

今日は成人の日でありましたが、成人をお迎えになられた方に

おきましては、本当におめでとうございます。

今日からというか、すでに20歳になっている方もおられるが

タバコもお酒も自由に嗜むことができますね。

私も、20歳でタバコを始めましたが、3年間くらいで

止めてしまいました。
   
理由は、健康によくないからです。

お酒は、百薬の長といわれ、適度に飲むのであれば

健康を害さないと言われ嗜んでおります。

しかし、タバコはあまりお勧めできません。

できれば、初めから吸わないほうがよいと思われます。

健康はもちろん、経済的にも大きな損失だからです。

何か説教じみたことを述べているようですね。

今、「夢をかなえるためのそうじ力」を読んでいるのですが、

読者がこの本の著者に質問をしています。

「音楽の磁場づくりを薦めていますが、どのようなCDが

よろしいですか」とあります。

それに対し、「プラスの磁場をつくるには、クラッシク音楽や

自然の音を集めたCDがよろしい」と応えています。

波の音や、川のせせらぎ、鳥のさえずり・・・などの自然の

音は、気持ちがふさぎがちの時や、マイナスのエネルギーに

侵されている時に気持ちを癒し、磁場をフラットな状態に

してくれるらしい。

クラシック音楽では、ベートーベンの作品がモチベーションを

高め、モーツアルトはオールマイティであるという。

モーツアルトで定評のあるピアニストの内田光子さんは

このように述べています。

モーツアルトの本質は「愛」であると。

ですからモーツアルトは、部屋の磁場を高めてくれるのです。

もうすぐ、テレビ東京で「水百景」という番組が始まります。

お気に入りの村上龍司会の「カンブリア宮殿」の前に放送される

ので毎回見ています。

この「水百景」という番組も日本のすばらしい自然と

ゆったりとした音楽が流されています。

ひょっとすれば私の部屋も磁場が高められるのではないか

と密かに期待しているのです。
posted by toshi at 21:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

自転車の達人になろう

自転車の達人という御仁がおられます。

達人といっても、後ろ向きに乗れるとか、

自転車に逆立ちで乗れるとかいったことではありません。

せっかく買った自転車をいい状態で

長く使える達人という意味です。

自転車を長く使えるコツは、タイヤの空気を

いつもたっぷり入れておくことが大切であるという。

空気が少ないと、なぜよくないかというと、

タイヤの地面に接した部分が、横に広がってしまい、

タイヤやチューブの側面が弱ってしまいます。

このような状態で走行していると、舗道の段差に

タイヤがガツンと当たったりするとチューブに

穴が開いてパンクしてしまうのです。

次は、チェーンとブレーキワイヤーの調節である。

変速ギアのついた自転車であればチェーンの調節は

しなくてもよいが、そうでない自転車は、

使っているうちにチェーンがだんだん伸びてくるようです。

そうするとチェーンのカバーにガチャガチャと

当たったり、チェーンが外れてしまったりします。

毎日、通勤、通学、買い物に使う人ならば、半年に一度は

自転車屋さんでチェーンの調節をしてもらいましょう。

最後は、ブレーキの調節です。

買ったばかりの自転車はワイヤーが伸びやすく、

1ヶ月くらいで一度締め直してください。

自転車は変な音がしたり、乗ったときの感じが重かったり、

ハンドルの重心がおかしいと思ったときは、

すぐに自転車さんに行きましょう。

この段階で修理をすれば、修理代もいたって安く済む

のではないかと思われます。

自転車は、本当に使い勝手がよく、経済的であり、

エコであり、地球上で最も便利な乗り物であります。

普段からメンテナンスに気をつけておけば長持ちしますよ。
posted by toshi at 20:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

物欲って言い出したらキリがない

人間の物欲って言い出したらキリがないようですね。

一生の思いで小さな庭付きの一戸建てマイホームを建てても、

今度はもっと大きな家が欲しくなるという。

これは、私自身も実感としてあります。

家や物を買うために、一生懸命働き、

夫婦や恋人との共通の時間も持てないようでは

すきま風が吹くことにもなりかねません。

例えば、バブル期に6000万円で購入したマンションを

10年後売りに出したら何と3000万円であったという。

月に換算すると、毎月25万円をどぶに捨てていたことになります。

超大金持ちであれば、何てことはないのでしょが、

一般サラリーマンであれば悲劇です。

これからマイホームを建てようと計画されているのであれば、

「夢を見ているうちが花だった」なんてことになりませぬよう、

物欲には気をつけましょう。

とくに、ローン地獄やカード地獄に陥らないよう、

家は賃貸、服はユニクロで

がまんすることを悟らなければいけないかも。

posted by toshi at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

「やりたくないこと」の中に成功の秘密がある

あなたは、「本当は何がやりたい」のですか?

この問いに明確に答えられる人は何人いるのだろう。

単に「お金儲けがしたい」という答えを出す人に、

成功はないという。

仮にあなたが「若者向けのブティックを持ちたい」とか

「資格をとって会計事務所を開きたい」と答えたとします。

しかし、それは「あなたが本当にやりたいこと」?

と疑問符がつきます。

実は、「本当にやりたいこと」を見つけるには

「本当にやりたいこと」を探してもみつかりません。

ではどうするかというと、

「やりたいこと」を見つける一番いい方法は、

逆に「やりたくないこと」を考えて、

「やりたくないこと」を徹底検証して残ったものが、

あなたの「本当のやりたいこと」なのです。

検証方法としては、

「やりたくないこと」具体的に書き出してみます。

もし、「若者向けのブティックを持ちたい」と答えたあなたが、

「生意気な若者におせじを言いたくない」と思ったら、

若者向けのブティックはやめたほうがいいのです。

実際に成功する人間は、冷徹までに徹底検証を行うのです。

自分は満員電車に乗って通勤したくない。

電話でセールスなんて絶対したくない。

制服なんて着たくない。

時間が不規則など耐えられないなど、正直に書き出してみる。

その結果として残ったところに、

あなたが成功する道があるのです。

ただ、「仕事がしたくない」などと書き出さないこと。

自分が働いて報酬を得たいのだけれど、

方法としてとりたくないことを正直に具体的に、

より詳細に書き出さないと、明確な絞込みはできません。

「やりたいこと」ばかりを優先して考えると、

楽しい側面ばかり頭がいって自分にとって実はとても嫌なこと、

というのが見えなくなってしまうのです。

つまり、潜在的に自分の中にある

「やりたくないこと」に気づけない。

その結果、転職したり独立したりしてみても、

「こんなはずじゃなかった」と後悔するのです。
posted by toshi at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。